06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

2016年大瀬崎4/30-2- 

2本目も、1本目と同じ、外海の門下へ。
まずは、まだ低い水温に寒そうな様子の、クマノミ
2016年4月30日大瀬崎クマノミ
綺麗なトラフケボリダカラガイ
外套膜が、ちょっと開いてしまっています。
2016年4月30日大瀬崎トラフケボリダカラガイ
ニシキウミウシの幼体(上)と、シロウミウシ(下)。
同じお年頃のようですが、何を話しているのかな?
2016年4月30日大瀬崎ニシキウミウシ(幼体)&シロウミウシ
ミツイラメリウミウシ
極小な上に黄色と、うまく撮れない条件が揃っています。
2016年4月30日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
長い間この場所に陣取っている、オオモンカエルアンコウ
2016年4月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎ハクセンアカホシカクレエビ
アカホシカクレエビは、クマノミの幼魚と、共同生活中です。
2016年4月30日大瀬崎アカホシカクレエビ&クマノミ
1本目とは別個体の、ガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
3本目は、湾内でのんびり潜ります。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クマノミ  トラフケボリダカラガイ  ニシキウミウシ  シロウミウシ  ミツイラメリウミウシ  オオモンカエルアンコウ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカホシカクレエビ  ガーベラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 2016年大瀬崎4/30-3-  |  2016年大瀬崎4/30-1- »

コメント

ハクセンアカホシカクレエビが紛れ込んでいる。。。

こんばんは。
その紛れ込んでいるまるで人工的に見える「生き物」は誰でしょう?
模様が透かし編みのようであったり、北欧のパターンのようであったり、面白いですね。
編み物のパターンに起こしてしまおうかな?!
きっと素敵なセーターが出来上がる!!

yokoblueplanet #- | URL | 2017/03/18 14:58 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
yokoblueplanetさんご質問の生き物は、スナイソギンチャクです。
いろんなカラーバージョンがあって、綺麗ですよv-291
O夫

アマチュアでも、凝り性の水中カメラマンは
綺麗なスナイソギンチャクについている子だけを
狙うようになるんですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2017/03/20 19:16 * edit *

コメントの投稿

Secret