07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

2016年大瀬崎4/30-1- 

ちょうど1ヶ月ぶりに、西伊豆の大瀬崎へ潜りに行ってきました。
1本目は外海の、門下へ。
まずは、ハナタツの様子をチェック。
周囲の環境に合わせたのか、黄色かった体色が少し濃くなり
オレンジ色に変わっています。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(オレンジ)
赤い個体も変わらず、元気でした。
カメラを嫌がって、背中を向けてしまうところも、一緒。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(赤)
確認を終え、場所を移動。
ムチカラマツをよく見てみると、ビシャモンエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎ビシャモンエビ
砂地を移動中の、ミアミラウミウシ
本当に、目立つ体色です。
2016年4月30日大瀬崎ミアミラウミウシ
オウギウミヒドラのてっぺんにいるのは、真っ白いガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
Oつがいの目前をスーッと泳いでいく、マトウダイ
2016年4月30日大瀬崎マトウダイ
遠くには、イヤゴハタも見えます。
2016年4月30日大瀬崎イヤゴハタ
ふてぶてしい、オニカサゴ
これだけ寄っても、微動だにしません。
2016年4月30日大瀬崎オニカサゴ
どっちが前だか全然わからない、ドトラケモサ
ウミウシの仲間です。
ブツブツなのが本体で、その両サイドにある白いものは、卵塊。
2016年4月30日大瀬崎ドトラケモサ&卵
2本目も、門下で潜ります。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  ハナタツ  ビシャモンエビ  ミアミラウミウシ  ガーベラミノウミウシ  マトウダイ  イヤゴハタ  オニカサゴ  ドトラケモサ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 2016年大瀬崎4/30-2-  |  2016年角鹿4/29 »

コメント

まだまだ珍種が、、、

こんばんは。
ウミウシの世界は摩訶不思議な形状に溢れていますね。。。
小さな体で良かった!
これらのウミウシが牛のような体になったら、、、いろんな意味で凄いことになりそうです!!

yokoblueplanet #- | URL | 2017/03/15 14:17 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんばんは。
牛のようなウミウシがいたら、スティーブンキングの世界ですね。
人間を丸呑みするようなのは、数種だと思いますが
やはり、小さい方がいいですね(笑)
O夫

大きくなったら、動きもより緩慢になるでしょうから
ものすごく邪魔かもしれませんねe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2017/03/15 21:14 * edit *

コメントの投稿

Secret