04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

2016年大瀬崎3/26-2- 

2本目は外海のポイント、門下へ。

まずは、大きな岩に付いていた、ハナタツを見に行きました。
こちらは、大きな個体の赤バージョン。
2016日3月26日大瀬崎1ハナタツ
すぐ近くに、少し小さい黄色バージョンのハナタツ
逆さまになって、ひっそり隠れていました。
2016日3月26日大瀬崎2ハナタツ
巣穴から顔を出して、Oつがいの撮影モデルになってくれた、コケギンポ
粉雪が舞う中、空を見上げています。
2016日3月26日大瀬崎3コケギンポ
まるでお菓子のような、ジボガウミウシ
2016日3月26日大瀬崎4ジボガウミウシ
本当に生き物なのかな?と思わせる雰囲気の、イソウミウシの仲間。
ジュズエダカリナにまとわりついている、左側の白い物体が、それです。
2016日3月26日大瀬崎5イソウミウシの仲間
イソウミウシの仲間のすぐそばにあった、渦巻き状の卵塊。
おそらく、産みつけた直後だろうと思うのですが・・・
2016日3月26日大瀬崎6イソウミウシの卵塊?
3色のウミシダが、横1列に並んでいます。
2016日3月26日大瀬崎7ウミシダ
キサンゴは綺麗なので、つい撮ってしまいます。
ついでにキサンゴカクレエビでもいないかなぁ?と、覗いてみましたが
そう都合よくは、いきませんでした。
2016日3月26日大瀬崎8キサンゴ
移動中の、キャラメルウミウシ
どこへ向かっているのでしょうね?
2016日3月26日大瀬崎9キャラメルウミウシ
小さな、アオサハギの幼魚。
巨大なOつがいが怖くて、一生懸命泳いで逃げていきます。
2016日3月26日大瀬崎10アオサハギ
イシダイの幼魚。
この子も神経質で、なかなか近づけません。
2016日3月26日大瀬崎11イシダイ
浅場に戻ってくると、大きなヒラメが休憩中でしたが
Oつがいの接近に、胸ビレを立てて、逃亡モードに入りました。
2016日3月26日大瀬崎12ヒラメ
最後に、撮影しづらい場所に住んでいる、キモガニを撮って終了。
2016日3月26日大瀬崎13キモガニ
3本目は、先端へ向かいます。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ハナタツ  コケギンポ  ジボガウミウシ  イソウミウシ  キャラメルウミウシ  アオサハギ  イシダイ  ヒラメ  キモガニ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 2016年大瀬崎3/26-3-  |  2016年大瀬崎3/26-1- »

コメント

タツノオトシゴ系も。。。

こんにちは。
タツノオトシゴ系の姿も特異ですね。。。
いろいろと想像します!

yokoblueplanet #- | URL | 2017/02/17 11:26 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
この形で、魚ですもんねぇ。
本当に、生物の形って、不思議ですよね!
O夫

シャイなうえライトの光を嫌うので、撮りづらいのですが
体色と表情の豊かさゆえ、いつも人気者ですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2017/02/19 19:03 * edit *

コメントの投稿

Secret