03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

2016年大瀬崎3/26-1- 

熊本から帰ってきた翌週、西伊豆の大瀬崎へダイビングに行ってきました。
1本目は、湾内へ。
まずは、砂地エリアをじっくり探索します。

最初に見つけたのは、メガネウオ
英名を、stargazerと言います。
上をぼんやり眺めている、こんな姿から名付けられたそう。
2016日3月26日大瀬崎1メガネウオ
こちらはマゴチ
全長が1m近くになる大型種で、迫力がありますが
ダイバーが近づくと、ピューっと逃げてしまう
サイズの割には、神経質な魚です。
2016日3月26日大瀬崎2マゴチ
地味なエソの仲間は、ダイバーの間でもあまり人気がないのですが
Oつまは割と好きで、よく写真を撮っています。
これは、ヒトスジエソの幼魚と思われる個体。
いつかダイビング界に、エソブームが来たら(多分来ないけど)
Oつまは、アマチュアエソウォッチャーの、第一人者になれるかも?!
2016日3月26日大瀬崎3ヒトスジエソyg
伊豆大島のダイビングポイント「秋の浜」が名前の由来の
アキノハマカクレエビ
人気の被写体で、水中で順番待ちをして、撮影してきました。
2016日3月26日大瀬崎4アキノハマカクレエビ
伊豆ではかなり珍しい、ヒレナガカサゴの幼魚。
人差し指の先ぐらいの大きさです。
2016日3月26日大瀬崎5ヒレナガカサゴyg
この時点ではまだ、誰にも気づかれていないようで、貸切で撮り放題。
ジャンプした瞬間を、パチリ。
2016日3月26日大瀬崎6ヒレナガカサゴyg
立派なサイズのメイタガレイがいました。
2016日3月26日大瀬崎7メイタガレイ
胸ビレが綺麗な、トゲカナガシラ
泳いでいるときにしか、この胸ビレは見られません。
2016日3月26日大瀬崎8トゲカナガシラ
ウミウシの中では、かなり大型種の、マンリョウウミウシ
2016日3月26日大瀬崎9マンリョウウミウシ
穴の奥の奥にいた、クリアクリーナーシュリンプ
ウニの手前にいる、透明なエビです。見えるかな?
2016日3月26日大瀬崎10クリアクリーナーシュリンプ
砂の上を移動中の、2匹のヒメクロモウミウシ
2016日3月26日大瀬崎11クロモウミウシ
砂地エリアから、浅場のゴロタエリアに戻ってくると
怖い顔をしたオニオコゼが、睨みを利かせていました。
2016日3月26日大瀬崎12オニオコゼ
この浅場を回遊している、メアジの群れ。
2016日3月26日大瀬崎13マアジ
同じくこの辺りを根城に漂っている、メバルの集団。
大瀬崎湾内の名物風景です。
2016日3月26日大瀬崎14メバル
1本目終了。
2本目は外海へ向かいます。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: メガネウオ  マゴチ  ヒトスジエソ  アキノハマカクレエビ  ヒレナガカサゴ  メイタガレイ  トゲカナガシラ  マンリョウウミウシ  クリアクリーナーシュリンプ  ヒメクロモウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

« 2016年大瀬崎3/26-2-  |  2016年熊本3/21-12- »

コメント

メガネウオ

こんにちは。
このメガネウオ、一見、魚には見えません!
変な石があるな。。。と思いそうですね。

yokoblueplanet #- | URL | 2017/02/14 16:54 * edit *

yokoblueplanet様。

yokoblueplanetさん、こんにちは。
メガネウオ自体は、目が慣れてくると見える様になってきますよ!
Oつがいの悩みは、よく似た、キビレミシマという魚がいるのですが
水中で、メガネウオとキビレミシマの違いがわからないことですv-431
O夫

Oつまは、この魚とにらめっこすると必ず負けます。
この表情に、毎回「ぷっ」となってしまうのですe-446
Oつま

Oつがい #- | URL | 2017/02/14 19:59 * edit *

コメントの投稿

Secret