04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

2016年熊本3/21-4- 

<この記事は、2016年3月21日のものです。>

数寄屋丸のすぐ近くにあるのは、五郎の首掛石
父の仇を討つべく、人足に身をやつした、横手五郎という男が
築城当時、首に掛けて運んだと、言い伝えられているそうですが
重さは、なんと1800kg。
2016日3月21日宇土櫓1
では次に、直線的な破風が美しい、こちらの建物へ。
2016日3月21日宇土櫓2
宇土櫓です。
3層5階、地下1階からなり、第3の天守閣とも呼ばれていて
西南戦争の戦火を逃れた、日本最大級の櫓。
江戸時代のままの形で現存している櫓は、日本中でもここだけだそう。
熊本城内で、最も古い建物でもあります。
2016日3月21日宇土櫓3
しかも、内部を見学できます。こちらが入り口。
2016日3月21日宇土櫓4
続櫓と呼ばれる、長い建物を抜けて、宇土櫓に入ります。
ところどころ、改装はされているそうですが
基本的には、400年前のままの姿とのこと。
2016日3月21日宇土櫓5
太い梁には、手斧痕がはっきりと残っていますね。
2016日3月21日宇土櫓6
壁は二重構造になっており、鉄砲を通さないよう、中に瓦や石を
詰めたと伝えられているそうです。
2016日3月21日宇土櫓7
400年前の階段は、1段踏むごとにギシギシ音を立て、歴史を感じさせます。
2016日3月21日宇土櫓8
多くの人が歩いた床は、磨かれたようにピカピカ。
2016日3月21日宇土櫓9
小さな部屋がいくつもあり、それをぐるりと囲むように
武者走りと呼ばれる、廊下が作られています。
2016日3月21日宇土櫓10
さらに上の階へ。
2016日3月21日宇土櫓11
結構な高さになってきました。
2016日3月21日宇土櫓12
いよいよ最上階へ。
2016日3月21日宇土櫓13
最上階は、高欄に囲まれた、小さな部屋が1つ。
2016日3月21日宇土櫓14
先ほど通ってきた、続櫓が真下に見えています。
2016日3月21日宇土櫓15
宇土櫓から見た、大天守と小天守。
こうして見ると、なるほど第3の天守閣と言われるだけあり
宇土櫓も負けていませんね。
2016日3月21日宇土櫓16
それではいよいよ本丸へ!
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 数寄屋丸  首掛石  宇土櫓  熊本城  天守閣  続櫓  武者走り 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« 2016年熊本3/21-5-  |  2016年熊本3/21-3- »

コメント

コメントの投稿

Secret