05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

2016年熊本3/21-3- 

<この記事は、2016年3月21日のものです。>

それでは、頬当御門から入城。
2016日3月21日数寄屋丸1
石垣が、2色に分かれています。
ガイドさんによれば、下の黒い部分は雨に当たって、変色していますが
上の白い部分は櫓の陰になるため、元の石の色なんだそうです。
2016日3月21日数寄屋丸2
隅石と呼ばれる石垣の角は、長方形の石の長辺と短辺を
交互に組み合わせて強度を増す、算木積みという工法。
2016日3月21日数寄屋丸3
正面には天守閣が見えていますが、当然まっすぐには行けません。
2016日3月21日数寄屋丸4
なだれ込んだ敵の力を削ぐため、道はクランクになっています。
そこへ、熊本城おもてなし武将隊がやってきて
「この辺りで、忍者を見かけなかったでござるか?」
2016日3月21日数寄屋丸5
上から見ると、高い石垣と曲がりくねった道に圧倒されます。
2016日3月21日数寄屋丸6
城内で唯一の、表面をならして隙間なく組んだ、特異な石組。
地図石と呼ばれていますが、その意図は不明だそうです。
2016日3月21日数寄屋丸7
お城ガイドは、ざっと30分。
おすすめの順路も教わって、まずは地図石から近いところにある
数寄屋丸から見学します。
2016日3月21日数寄屋丸8
市政100周年を記念して復元された、接客用の建物だそうです。
こちらが入り口。
2016日3月21日数寄屋丸9
急な階段を登って
2016日3月21日数寄屋丸10
2階へ。
2016日3月21日数寄屋丸11
熊本城で出土した、瓦などが展示されています。
2016日3月21日数寄屋丸12
加藤清正公をイメージして造られた甲冑は、なんと紙製。
2016日3月21日数寄屋丸13
大広間。
ここで、茶会や歌会、能などを催し、客人をもてなしたと言います。
2016日3月21日数寄屋丸14
それだけ聞くと、優雅な建物のように思いますが・・・
2016日3月21日数寄屋丸15
南面に当たるこの廊下には、戦に備えた防御施設が、たくさんあります。
こちらは、銃眼
あの急な石垣を登っている最中に、ここから撃たれたら、たまったものではないですね。
しかも熊本城では、銃眼の形が、縦長の長方形に統一されているそうで
美観も損なわないようにしているわけです。
2016日3月21日数寄屋丸16
突上戸
明かりを取り入れる窓ですが、敵が攻め込んできた時は
ここから、矢を射ったりするそう。
2016日3月21日数寄屋丸17
石落とし。
壁と床とに隙間があり、文字どおり、ここから石を落とします。
2016日3月21日数寄屋丸18
石落としの真下は、急勾配の石垣。
銃で狙われたり、石を落とされたり、この石垣を登って攻め入るのは
かなり難しいですね。
2016日3月21日数寄屋丸19
細川刑部邸にもありましたが、ここにも立派な扉絵がありました。
2016日3月21日数寄屋丸20

2016日3月21日数寄屋丸21
立派な、上座の間のすぐ横には
2016日3月21日数寄屋丸22
そそり立つ石垣。
剛柔を併せ持つ熊本城に、早くも魅了されてしまった、Oつがいです。
2016日3月21日数寄屋丸23
続いて、城内で一番古い建物を見学します。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 頬当御門  武者返し  熊本城  地図石  数寄屋丸  銃眼  突上戸  石落し  加藤清正  細川刑部 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« 2016年熊本3/21-4-  |  2016年熊本3/21-2- »

コメント

コメントの投稿

Secret