fc2ブログ

バックナンバー

2023年三河安城・豊橋3/25-2-

2023.10.25(Wed) | EDIT

再び、三河安城駅に戻ってきました。
2023年3月25日1三河安城駅前
運よく、タクシーが1台停車中。
2023年3月25日2三河安城駅前
あれ?ドアが開きません。車内を覗いてみると、無人です。
仕方がないので、しばらく待っていると、どこからともなく
「お待たせしてすみません」と、優しそうな女性の運転手さんが登場。
2023年3月25日3三河安城駅前
タクシーは無事に発車。
朝から大忙しで、少し前に名古屋から戻ってきたという、運転手さん。
「新幹線なら、三河安城から名古屋まで7分なのにねぇ」
続いて
「お客さん、やっぱり大河ドラマを見て、三河安城に来られたんですか?」
主役の松本潤さんが、しばらくこの地に滞在していたこともあり
急に観光客が増えたようです。
おかげで、安城市が市内を無料で回るシャトルバスを運行していることを、教えてもらいました。
因みにOつがい、大河ドラマを全く見ていないので、ドラマの話を振られても
答えられず・・・

そうこうするうちに、目的地「安城市歴史博物館」に到着。
2023年3月25日4安城市歴史博物館
それでは早速、館内へ。
常設展は2階です。
2023年3月25日5安城市歴史博物館
階段の途中には、安祥松平家の3代当主、松平清康公の像が、来館者を出迎えてくれています。
2023年3月25日6安城市歴史博物館
2階常設展入口前には、近代の三河安城に関連する物が展示されています。
ガラ紡績機(復元)
臥雲辰致(がうんたつち、1842~1900)が
明治6年(1873)に完成させた、ガラ紡績機
従来の生産性の低い手つむぎによる紡糸に代わる、効率的な紡績機だったようです。
2023年3月25日7安城市歴史博物館
2023年3月25日8安城市歴史博物館
本證寺(ほんしょうじ)本堂大棟鬼瓦。
この後見学に行く場所なので、少し勉強していかなければ。
2023年3月25日10安城市歴史博物館2023年3月25日9安城市歴史博物館
大正13年(1924)に制作され、安城市で使用された、消防ポンプ車。
2023年3月25日11安城市歴史博物館
それでは、常設展を見学しましょう。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR