FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

2020年富戸12/6-2- 

2本目も、ヨコバマで潜ります。
潜行し水面を見上げると、一面キビナゴの群れ。
2020年12月6日1キビナゴの群れ
ウメイロモドキの幼魚が、あちこちにいます。
久しぶりに潜ったOつがいには、ちょっと寒く感じますが
南方系の魚が元気に泳ぎ回っているので、水温はまだまだ高いようです。
2020年12月6日2ウメイロモドキ
擬態中のオオモンカエルアンコウ。上手いですよねぇ。
2020年12月6日3オオモンカエルアンコウ
こちらは胸鰭が特徴的な、キリンミノ
2020年12月6日4キリンミノ
クマドリカエルアンコウは、いつも撮りづらい場所にいます。
2020年12月6日5クマドリカエルアンコウ
こちらも南方種の、クダゴンベ
昔は伊豆にクダゴンベが現れたら、大騒ぎだったものですが
だんだんと「ちょっと珍しい魚」くらいに格下げされてきています。
2020年12月6日6クダゴンベ
砂だまりには、アカハチハゼがいました。こちらも南方種。
2020年12月6日7アカハチハゼ
中層を元気に泳ぎ回る、マダラタルミの幼魚。
2020年12月6日8マダラタルミの幼魚
擬態の達人、イソコンペイトウガニ
写真中央にいて、こちらを見ていますが、わかりますか?
2020年12月6日9イソコンペイトウガニ
岩の亀裂の中を泳ぎ回る、タテジマキンチャクダイの幼魚。
2020年12月6日10タテジマキンチャクダイの幼魚
可愛い、ツユベラの幼魚。
2020年12月6日11ツユベラの幼魚
これにて、2020年のダイビングは終了。
2021年は、もっとダイビングができるようになるといいなぁ。
スポンサーサイト



テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ウメイロモドキ  オオモンカエルアンコウ  キリンミノ  クマドリカエルアンコウ  クダゴンベ  アカハチハゼ  マダラタルミ  イソコンペイトウガニ  タテジマキンチャクダイ  ツユベラ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2