FC2ブログ
01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. // 03

2019年富戸12/29-2- 

いよいよ2019年、最後のダイビング。
ポイントは2本目もヨコバマですが、今回はテトラポット方面へ。

波任せにエントリー。気づいたら、メジナの中に紛れ込んでしまいました。
2019年12月29日1富戸・メジナの群れ1
そのまま水深を下げ、メジナの群れを抜けます。
2019年12月29日2富戸・メジナの群れ2
砂地には、お正月に訪れるダイバー用に、門松と茅の輪が準備されていました。
2019年12月29日3富戸・茅の輪くぐり1
少し早いですが、縁起を担いで、茅の輪くぐり。
2019年12月29日4富戸・茅の輪くぐり2
さあ、フィッシュウォッチングを始めましょう。
まずは、黒いイロカエルアンコウ
2019年12月29日5富戸・イロカエルアンコウ
マツカサウオの幼魚。
写真中央の、小さな黄色い魚です。
2019年12月29日6富戸・マツカサウオ(幼魚)
こちらは、ハナミノカサゴの幼魚。
2019年12月29日7富戸・ハナミノカサゴ(幼魚)
タカべの群れが現れました。
2019年12月29日8富戸・タカべの群れ
タカべの群れを狙って、ワカシも登場し
2019年12月29日9富戸・ワカシ
タカべの群れに、突っ込んでいきます。
2019年12月29日10富戸・ワカシVSタカべ
テトラポットに到着。
季節来遊魚のヨスジフエダイが、小さな群れを作っていました。
2019年12月29日11富戸・ヨスジフエダイの群れ
クロホシイシモチの群れの中には、こちらも季節来遊魚である
クマザサハナムロの幼魚(青い筋のある魚)が混じっています。
2019年12月29日12富戸・クロホシイシモチ&クマザサハナムロ
同様に、マアジ幼魚の群れの中には、ウメイロモドキ(青と黄色の魚)が。
2019年12月29日13富戸・マアジ・ウメイロモドキ
ひっそりと現れた、アカカマス。
2019年12月29日14富戸・アカカマス
1本目とは別個体の、ニシキフウライウオ
2019年12月29日15富戸・ニシキフウライウオ
中央に見えている小さい魚は、クリーナーとして有名な、ホンソメワケベラ。
よほど名手なのか、タカべヨスジフエダイが、順番待ちをしています。
2019年12月29日16富戸・タカべ・ヨスジフエダイ・ホンソメワケベラ
そろそろ、エキジット口へ移動しましょう。
元気な、ミツボシクロスズメダイ幼魚。
2019年12月29日17富戸・ミツボシクロスズメダイ
目の前をすーっと横切っていく、アオヤガラ。
2019年12月29日18富戸・アオヤガラ
サンゴイソギンチャクの中に潜む、カザリイソギンチャクエビ。
2019年12月29日19富戸・カザリイソギンチャクエビ
たいそう立派に育った、イロカエルアンコウ
ここまで大きくなってしまうと、もはや可愛いとは言えませんね。
2019年12月29日20富戸・イロカエルアンコウ
エキジット寸前の浅場にいたのは、ヒメフエダイの幼魚。
2019年12月29日21富戸・ヒメフエダイ(幼魚)
あぁ、楽しかった〜。
これにて、2019年のダイビング終了。
スポンサーサイト



テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: イロカエルアンコウ  マツカサウオ  ハナミノカサゴ  タカべ  ワカシ  ヨスジフエダイ  クマザサハナムロ  ウメイロモドキ  ニシキフウライウオ  ヒメフエダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0