05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

2015年兵庫県の旅10/11-4- 

古事記伝説に出てくる御井の清水の次は、日本書紀の国産み伝説の地
神代七代の最後に登場する、イザナギノミコトを祀った、伊弉諾神宮へやってきました。
2015年10月11日伊弉諾神宮1
鳥居をくぐり参道へ。
さすが淡路国の一宮というだけあり、立派な佇まいです。
2015年10月11日伊弉諾神宮2
参道の途中にあった、君が代の歌詞の中にも登場する、さざれ石
2015年10月11日伊弉諾神宮3
参道の一番奥には、お土産物を扱う「せきれいの里」があります。
「夫婦のふるさと淡路島」の意味を、この時点では
まだ理解していませんでした。
2015年10月11日伊弉諾神宮4
ここにも、淡路島名物の玉ねぎが。
2015年10月11日伊弉諾神宮5
参道が終わると、池の前に出ます。
2015年10月11日伊弉諾神宮7
池の上にかかる、神橋を渡ると
2015年10月11日伊弉諾神宮6
目の前が正門。
2015年10月11日伊弉諾神宮8
真正面に見えるのは、拝殿。
2015年10月11日伊弉諾神宮9
そして拝殿の裏に、本殿があります。
この下に、伊弉諾尊の陵墓と伝えられる、自然石が積み重なった
「神稜」があるそうです。
2015年10月11日伊弉諾神宮10
平安時代には、すでに一宮として記録されているという、古い社叢は
県の自然環境保全地域として、今も大切にされているそうです。
2015年10月11日伊弉諾神宮11
本殿の周囲には、小さなお社がたくさん。
竃神社と、根神社は、酒造や醸造の神様とのこと。
よくよくお参りしておかなくては(笑)
2015年10月11日伊弉諾神宮12
本殿の裏を抜け、東側にあるのは、稲作と武運長久の神様という
住吉神社と、鹿島神社。
2015年10月11日伊弉諾神宮13
一方こちらは、神輿庫。
毎年4月22日に行われる神事では、神幸が行われるそうです。
2015年10月11日伊弉諾神宮14
左右神社。
伊弉諾尊の両目から生まれたという、貴紳を祀り
眼病治癒のご利益があるとのこと。
2015年10月11日伊弉諾神宮15
樹齢約900年という、夫婦大楠。
兵庫県指定天然記念物に指定されています。
2015年10月11日伊弉諾神宮16
境内最古の建造物という、東門。
2015年10月11日伊弉諾神宮17
境内西側に移動中、奉納されたお酒を見つけました。
当然ながら、灘のお酒ばかりです。
2015年10月11日伊弉諾神宮18
こちらは西門。
2015年10月11日伊弉諾神宮19
力石。
相撲の盛んだった淡路島では、各地に見られるそうです。
2015年10月11日伊弉諾神宮20
かわいい、桃の形をした絵馬。
桃は、伊弉諾尊が、黄泉の国から脱出した時のアイテムだそうで
YたかさんとOつがいも、記念に奉納することにしました。
2015年10月11日伊弉諾神宮21
お土産に、お神酒を購入しました。
2015年10月11日伊弉諾神宮22
陽の道しるべのモニュメントがありました。
ここ伊弉諾神宮は、太陽信仰に基づく、古刹や遺跡が多く存在すると言われる
北緯34度32分の線上にあるそうです。
2015年10月11日伊弉諾神宮23
次はいよいよ、国産み伝説発祥の地へ。
「夫婦のふるさと」の謎が、解き明かされます(大げさ)。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 御井の清水  伊弉諾神宮  さざれ石  淡路島  兵庫県  イザナギノミコト  伊弉諾尊 

[edit]

trackback: -- | comment: 6