FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

大瀬崎7/21-3- 

美味しく朝食をいただいた後は、2本目のダイビングへ。
大瀬崎合宿の最後を飾るべく、先端で、ハナダイ祭りを楽しむことにしました。

潜行し、ハナダイエリアに向かう途中、ミナミハナダイの群れが横切ります。
とても美しく、一度じっくり撮りたい魚なのですが、今回はスルー。
7月21日大瀬崎ミナミハナダイの群れ
当ブログでは、すっかりおなじみのサクラダイ
右のオスが、左のメスに、何か囁いているよう。
7月21日大瀬崎サクラダイのペア
一方このエリアは、ナガハナダイだらけ。
残念ながら、婚姻色を出していないうえ、二匹とも後ろ向き・・・
見ようによっては、ヒソヒソ話をするナガハナダイ
サクラダイが「何話してるの?」と、近寄ってきたようにも見えますが(笑)
今度、撮り直してきます。
7月21日大瀬崎ナガハナダイ
ナガハナダイの群れの中に、ポツリポツリと混泳している、アカオビハナダイ
綺麗に、婚姻色が出ています。
これで鰭が全開なら、言うことないんだけどな~。
7月21日大瀬崎アカオビハナダイ
このように、いろんなハナダイが大挙して泳ぎ回る中、ふと見ると
「おや?1匹違う魚がいる」
何と、アカイサキの幼魚です!
とりあえず証拠写真だけ撮り、すぐに振り向いてOつまを呼び
再び前を見ると、いない・・・
7月21日大瀬崎アカイサキの幼魚
しばらく探したのですが、見つかりません。
巣穴にでも、入ってしまったのでしょうか?
証拠写真を撮っておいてよかった。
見られなかったOつまは、がっくりしていましたが・・・

アカイサキを探すのに時間をロスしてしまい、ここでタイムアウト。
浅場へ移動します。
Oつがいの後を、しばらくの間マダイがついてきました。
7月21日大瀬崎マダイ
キンギョハナダイエリアにきました。
この群れは、何度見ても本当に凄いですね。
7月21日大瀬崎キンギョハナダイの群れ
頭上にキンギョハナダイが乱舞していても、じっと動かない、アカハタ
何を考えているのでしょう?
7月21日大瀬崎アカハタ
浅場では、イトヒキベラの幼魚が、ビュンビュン泳ぎ回っています。
7月21日大瀬崎イトヒキベラの幼魚
こちらは、イトヒキベラの成魚。
婚姻色で、体色がメタリックになっています。
7月21日イトヒキベラ(婚姻色)
イトヒキベラの撮影に夢中になっていると、「自分も撮れ」とばかりに
チョウチョウウオが、すぐ近くまで泳いできました。
7月21日大瀬崎チョウチョウウオ
水面下で、大きな群れを作っている、ソラスズメダイ。
これも、先端の名物です。
7月21日大瀬崎水面下のソラスズメダイ
メバルの幼魚は、ハンターに見つからないよう、海藻に隠れていました。
7月21日大瀬崎メバルの幼魚
この日は、クロダイがのんびりモード。
ソラスズメダイと一緒に、仲よく泳いでいます。
7月21日大瀬崎クロダイ
アカイサキという大ヒットもあり、充実した最終ダイビングでした。
スポンサーサイト



テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ミナミハナダイ  サクラダイ  ナガハナダイ  アカオビハナダイ  アカイサキ  マダイ  キンギョハナダイ  アカハタ  イトヒキベラ  クロダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 6