09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

伊豆海洋公園8/3-1- 

普段は、沖縄の伊江島をホームに潜っている、ダイビング仲間のFさんが
久しぶりに伊豆で潜ることになり、同行させてもらいました。
どこで潜ろうか悩みましたが、ハナダイ好きのFさんを満足させるには
鉄板ネタのハナダイが住む場所しかないだろう!ということで、伊豆海洋公園に決定。

当日は、海洋公園的には「ベタ凪」、しかしFさん的には「うねりあり」な、コンディション。
1本目は遠征して、ブリマチ方面へ向かいます。

しばらく浅い場所を移動し、目的地に到着後、一気に潜行。
いました!まずは、キシマハナダイの幼魚。
成魚は、その美しさから、伊豆のハナダイの王様と呼ばれていますが
さすが王家の出。こんなに小さいうちから、気品が感じられます。
キシマハナダイ(幼魚)
キシマハナダイのすぐそばには、イトヒキハナダイの幼魚もいました。
イトヒキハナダイ1
少し落ち着いて辺りを見回すと、イトヒキハナダイの幼魚は、数個体いました。
堂々とOつがいの前を泳いでいた、上の写真の個体にくらべて
下の写真の子は非常に神経質で、巣穴の前から決して離れようとせず
O夫が近づくと、あっという間に、逃げ込んでしまいました。
イトヒキハナダイ2
他に、このエリアにいたのは、ナガハナダイサクラダイ
写真上が、ナガハナダイ。下が、サクラダイです。
ナガハナダイ&サクラダイ
少し深度を上げたところで、すーっと、Oつまの視界に入ってきたのは
まだ体色が青く、色が出ていないステージの、カワリハナダイの幼魚。
カワリハナダイ(幼魚)1
ビックリ!キシマハナダイイトヒキハナダイカワリハナダイのいる場所に
シラコダイが、平然と泳いでいます。
シラコダイの生息深度って、ずいぶん幅があるんですね。
ナガハナダイ&サクラダイ&シラコダイ
もう1個体、カワリハナダイの幼魚がいました。
こちらは、先ほどの個体に比べると、体に少し色が出始めています。
カワリハナダイ(幼魚)2
さあ、浅場へ移動開始。
移動中に、3人でガッツリ刺さってしまった、タヌキベラのペア。
キツネベラの仲間なのに、なぜか名前はタヌキベラです。
沖縄メインのFさんには、嬉しい魚かな?
なぜなら、学名がBodianus izuensisですからね。
タヌキベラ
深度を上げるにつれ、見慣れた魚が、現れ始めました。
キンギョハナダイが群れています。
キンギョハナダイの群れ
卵を守っている、セダカスズメダイ
後ろにいるカミナリベラは、卵を狙っているのでしょうか?
セダカスズメダイの周りを、グルグル泳ぎ回っていました。
セダカスズメダイ&カミナリベラ
岩の亀裂にいた、幼魚の群れ。
小さすぎて種類は分かりませんでしたが、どうも、ゴンズイの幼魚っぽかったです。
ゴンズイ幼魚玉
オクリダシでの、お仕置きタイム中、O夫はいつものように、ソラスズメダイの撮影。
胸鰭を使い、まるで舞い踊っているようです。
ソラスズメダイ
Oつまは、チシオコケギンポの♀と、1本勝負。
チシオコケギンポ(♀)
1本目のダイビング終了。
聞いてみるとFさん、なんと「初」海洋公園だったそう。
「初」海洋公園とハナダイ、ご堪能いただけたでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: キシマハナダイ  イトヒキハナダイ  ナガハナダイ  サクラダイ  カワリハナダイ  シラコダイ  タヌキベラ  セダカスズメダイ  ソラスズメダイ  チシオコケギンポ 

[edit]