08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

獅子浜7/20-2- 

2本目の獅子浜ダイビングも、ルートは1本目と、ほとんど同じです。
まずは、ハクセンアカホシカクレエビ
同じスナイソギンチャクの中を、綺麗に飛んでいました。
ハクセンアカホシカクレエビ
アカシマシラヒゲエビ
1本目でも見ていたのですが、写真はピンボケばかりだったので、撮り直しました。
どうやら、メス(右の個体)は抱卵中のようです。
アカシマシラヒゲエビ
泥地を移動中の、マダコ。
獅子浜は、本当にマダコが多いんですね。
マダコ
渋い色合いが素敵な、ゲンロクダイの幼魚。
久しぶりに見ました。
ゲンロクダイ
1本目でか○ぢさんが見つけた、トガリモエビも再び撮影。
なんでも獅子浜出現は、じつに4年振りだそうです。
トガリモエビ
マダコの多い獅子浜では、イボイソバナガニもよく見ます。
この個体は角が短いので、メスのようです。
イボイソバナガニ(♀)
殺風景な獅子浜の泥地で、青い体色がひときわ映える、クサハゼ
クサハゼ
胸鰭の青いラインが美しい、ハナミノカサゴの子供。
ハナミノカサゴ
ウマヅラハギの幼魚。
幼魚はどの子も、可愛いですね~。
成魚は海のほかに、居酒屋でもよく見かけますね。
ウマズラハギ(幼魚)
ダルマガレイ。
隠れているつもりなのに、完全にばれています(笑)
写真では分かりづらいですが、うっすら婚姻色が出ています。
ダルマガレイ
ダイバーが近づくと、スーッと砂の中に潜ってしまうことの多い、ハナアナゴですが
この個体は強気で、ずっと頭を丸出しにしていました。
ハナアナゴ
アナハゼは普通種ながら、表情が豊か。
見つけると、つい撮ってしまいます。
アナハゼ
Oつがいにとって、鉄板の獅子浜アイドル、ニシキハゼ
顔の不細工さと、体色の美しさのミスマッチが、たまりません。
ニシキハゼ
近づくと、ガンガゼの棘の防御壁の中に、逃げ込んでいくサラサエビ。
この個体はなぜか、この場所から1歩も下がらず、びくともしませんでした。
サラサエビ
胸鰭を優雅に広げた、ミノカサゴ。
まさに、海のジュディオング。
ミノカサゴ
岩の隙間に逃げ込み、Oつがいの様子を窺う、ソラスズメダイ
ソラスズメダイ
以前、IOPのガイドさんから
シュンカンハゼは、ぼ~っとした個体を狙え」と教わった、Oつがい。
「本当に、そんな都合のいい個体がいるのかな?」などと思っていましたが
獅子浜にいました(笑)
シュンカンハゼ
4年振りにトガリモエビが現れたり、ぼ~っとしたシュンカンハゼが現れたり
さすが強運の、divermatsukun
この後のナイトダイビングも、じつに楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ゲンロクダイ  イボイソバナガニ  アナハゼ  ニシキハゼ  ソラスズメダイ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカシマシラヒゲエビ  トガリモエビ  クサハゼ  シュンカンハゼ 

[edit]