fc2ブログ

バックナンバー

大瀬崎3/3-1-

2013.05.29(Wed) | EDIT

ナイトダイビングの翌日は、早朝ダイビング。
少し前に現れたという、イトヒキコハクハナダイの幼魚を狙って
外海で潜りました。
エントリーすると、まずはボラの群れ。
ボラの群れ
そのあと、1匹のツノクラゲが漂ってきました。
ツノクラゲ
クロホシイシモチの群れを抜け、一気に深度を落とします。
クロホシイシモチの群れ
イトヒキコハクハナダイの、目撃ポイントに着きましたが・・・
おかしい、姿がありません。
代わりにいたのは、オキゴンベ
イトヒキコハクハナダイの巣穴らしき場所の、真上に陣取っています。
他の魚が来たので、どこかへ逃げてしまったのでしょうか?
オキゴンベ
仕方ないので、そこらじゅうにいる、サクラダイのメスや
サクラダイ(♀)
サクラダイのオスを撮りながら、イトヒキコハクハナダイの帰りを待ちます。
サクラダイ(♂)
しかし待てど暮らせど、待ち人(魚)は現れず、タイムオーバー。
浅場へ戻る途中、ソフトコーラルの窓から、別のオキゴンベが見えました。
窓
浅場では、Oつがいお気に入りの魚、イラがお出迎え。
成魚は、なかなか背鰭を、開いてくれないのですが
イラ
幼魚は、時に背鰭を開いてくれます。
どうして成魚になると、背鰭を開かなくなるんでしょうか?
イラ(幼魚)
キンチャクダイ
普通種ですが、やっぱり綺麗です。
キンチャクダイ
イソギンチャクとクマノミ。
ダイバーには、定番の組み合わせ。
クマノミ
オオモンハタとウツボの、珍しい2ショット。
Oつがいが近づくと、2匹一緒に、同じ方向へ逃げようとしていました。
かなり、親密な関係のようです(笑)
オオモンハタとウツボ
岩の上には、綺麗なサクラミノウミウシがいました。
サクラミノウミウシ
黄色のソフトコーラルの下には、黄色いコガネスズメダイ
コガネスズメダイ
更に浅場へ移動。
ここには、ヒメギンポのオスがいました。
ヒメギンポ(♂)
ムスメウシノシタ
キョロキョロした目が、とてもキュート。
ムスメウシノシタ
ヒメメリベ
どこが前で、どこが後ろなのか、わかりますか??
ヒメメリベ
キンギョハナダイは、いつものように、あちこちで小さな群れを作っていました。
あくびをするなど、リラックスした様子です。
キンギョハナダイ
移動中の、アメフラシ。
かなり大きな個体でした。
アメフラシ
早朝ダイビング、終了。
前回に続き、どうもOつがいは、イトヒキコハクハナダイに縁がないようです。
スポンサーサイト



プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR