08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

大瀬崎7/1-2- 

2本目のダイビングは、朝食後に、湾内の超~浅いところを
潜りました。
この辺りには、キンギョハナダイがたくさんいます。
こちらはオス。
キンギョハナダイ
スミゾメミノウミウシを、見つけました。
まわりにある、ピンク色のひらひらしたものは
スミゾメミノウミウシの、卵塊です。
スミゾメミノウミウシ
今年は、やたらとキンチャクダイの幼魚を見かけます。
これが全部育ったら、秋の海は、キンチャクダイだらけ?!
キンチャクダイ
岩の隙間にいた、スズメダイ
「やけに動き回るな~」と、思っていたら
卵を一生懸命、守っていました。
スズメダイの頭の、ちょうど真上
岩が、赤くなっている部分です。
スズメダイ
タカノハダイの幼魚(中学生サイズ)。
お馴染み、伊豆の普通種ですが
沖縄では、とても珍しいそうです。
タカノハダイ
エキジット間際に、ヤドカリがやたらと集まっていました。
何をしているんでしょう?
ヤドカリの群れ
2本目終了。
実は、次のダイビングが、この日の本番です。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ダイビング  キンギョハナダイ  スミゾメミノウミウシ  キンチャクダイ  スズメダイ  タカノハダイ 

[edit]