04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

八幡野3/2-2- 

さあ、2本目のダイビングです。
バルスイバラモエビは、きっぱりと諦めて砂地へ。
深場を捜索していると、O夫の前を、ピョンピョン動くものが・・・
よく見ると、ホタテエソでした。
伊豆では有名な、一科一属一種という変わり種です。
ホタテエソ
Oつまが、何か一生懸命撮影しているので、覗いてみると
イボイソバナガニの♀でした。
イボイソバナガニ
最近、マニアック路線に、片足を突っ込んでいるOつま。
いつの間にか、ツツボヤの仲間を、撮っていました。
ホヤも、はまると面白いみたいですね。
ツツボヤの仲間
赤いソフトコーラルの上には、白いカメキオトメウミウシ
カメキオトメウミウシ
こちらは、トゲトサカの下を移動中の、サガミウミウシ
サガミウミウシ
紫の絨毯の上には、仲よく2匹のイソハゼがいました。
イソハゼ
ウミシダとアヤニシキの間の、狭い通路を進む、ニシキウミウシ
ニシキウミウシ
ニシキウミウシの側には、ムカデミノウミウシもいました。
ムカデミノウミウシ
実はこの日、陸は大雨。
海況も前々日の名残で、かなり荒れ気味でした。
激しいうねりの中、体を岩の窪みに押し付けるようにして
休んでいた、キタマクラ。
キタマクラ
オウギウミヒドラについていた、ウグイスガイの仲間。
ウグイスガイの仲間
岩の下で、うねりをやり過ごす、ハコフグの幼魚。
ハコフグの幼魚
コンディションは、決して良くありませんでしたが
やっぱり、八幡野は面白い!
今では、バルスイバラモエビも無事、復活しているので
また、潜りに行ってみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ダイビング  ホタテエソ  イボイソバナガニ  ツツボヤ  カメキオトメウミウシ  サガミウミウシ  イソハゼ  ニシキウミウシ  ムカデミノウミウシ  ウグイスガイ 

[edit]