05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

2017年八幡野8/27-2- 

八幡野2本目は、砂地へ向かいます。
最初に見つけたのは、ホシエイ
2017年8月27日 八幡野ホシエイ1
砂地と岩場の境目には、コガネキュウセンyg(背びれに黒点のあるほう)と
コガネスズメダイygの、かわいい幼稚園がありました。
全然違う魚種なのに、やっぱり同じ色で集まりたくなるんでしょうか。
2017年8月27日 八幡野コガネキュウセンygコガネスズメダイyg2
八幡野の砂地といえば、カスザメ
他のポイントよりも、遭遇率が高いような気がします。
2017年8月27日 八幡野カスザメ3
岩の隙間に隠れていた、とても臆病なツマジロモンガラyg。
2017年8月27日 八幡野ツマジロモンガラyg4
クロイトハゼは、大、中、小と各サイズ見ることができました。
2017年8月27日 八幡野クロイトハゼ5
そばには、体色の模様がきれいな、オトメハゼもいました。
2017年8月27日 八幡野オトメハゼ6
ゴミがたまっている窪地には、立派なサイズのヤマドリ
これですから、ゴミたまりを見過ごすのはもったいない。
2017年8月27日 八幡野ヤマドリ7
周囲に同化している、食いしん坊のアナハゼ
ひたすら、じっとして獲物が近づくのを待っています。
2017年8月27日 八幡野アナハゼ8
背びれをピンと立てた、オハグロベラ(♀)
わりと度胸ある魚のひとつです。
2017年8月27日 八幡野オハグロベラ(♀)9
浅場では、ツマグロハタンポが小さな群れを作っていました。
2017年8月27日 八幡野ツマグロハタンポ10
2017年、夏のダイビング終了。
次のダイビングは、年末までお預けです。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ホシエイ  カスザメ  八幡野  ツマジロモンガラ  クロイトハゼ  オトメハゼ  ヤマドリ  アナハゼ  オハグロベラ  ツマグロハタンポ 

[edit]

trackback: -- | comment: 6

2017年八幡野8/27-1- 

伊豆海洋公園での夏合宿の1週間後、同じ東伊豆の、八幡野にやってきました。
1本目は、アジ根へ。
まずは、いつもいるコクテンベンケイハゼをチェック。
ん?なんだか小さい・・・
代替わりしたみたいです。
それでも、いつ覗いても会えるところを見ると、彼らにとって
ここは居心地がいいんでしょうね。
2017年8月27日八幡野コクテンベンケイハゼ1
こちらは普通種のイチモンジハゼですが、つい撮ってしまいます。
シュッとした感じが、かっこいいんです。
2017年8月27日 八幡野イチモンジハゼ2
こちらもお約束、「コクテン」のつかないベンケイハゼ
2017年8月27日 八幡野ベンケイハゼ3
伊豆では珍しい、アカメハゼ
合計3個体いたのですが、それぞれ離れたところに止まっていて
きちんと撮れたのは、2個体のセットでした。
2017年8月27日 八幡野アカメハゼ4
シコクスズメダイの幼魚もいました。
大人になると体色は真っ黒になり、表情もいかつくなります。
2017年8月27日 八幡野シコクスズメダイ5
浅場に戻ってくると、アミメハギ(幼魚)が小さな群れを作っていました。
2017年8月27日 八幡野アミメハギ(幼魚)6
1本目終了。
2本目は、砂地を回ってみます。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 伊豆海洋公園  八幡野  東伊豆  コクテンベンケイハゼ  イチモンジハゼ  ベンケイハゼ  アカメハゼ  シコクスズメダイ  アミメハギ   

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2017年IOP8/20-2- 

伊豆・夏合宿のラストダイビングは、砂地から1番を回ってみます。
まずは、アライソコケギンポにご挨拶。
2017年8月20日IOP1アライソコケギンポ
しばらく撮影していると、気分が乗ってきたのか、ガオ〜ッとポーズを決めてくれました。
2017年8月20日IOP2アライソコケギンポ
砂地まで行くと、クロホシイシモチの幼魚でしょうか、小魚が群れています。
キラキラ輝いて綺麗です。
2017年8月20日IOP3群れ
群れの下で睨みを利かせている、ソラスズメダイ
好きな魚なんですが、目つきが・・・
2017年8月20日IOP4ソラスズメダイ
伊豆海洋公園の名物に住んでいた、アカスジウミタケハゼ
2017年8月20日IOP5アカスジウミタケハゼ
この名物が、何かと言いますと・・・
正体はポスト。
手紙を投函すれば、ちゃんと届きます。
ヒトデも、どこかに送ってほしいのかな?
2017年8月20日IOP6ポスト
さらに砂地を探索していると、ムスメベラ(♀)が泳いできました。
どことなく優雅な動きに、綺麗な体色。好きな魚の一つです。
2017年8月20日IOP7ムスメベラ(♀)
1番に移動してくると、ホンソメワケベラにクリーニングされ、
気持ち良さそうに縞模様を出している、メイチダイがいました。
2017年8月20日IOP8メイチダイ
岩の窪みに佇んでいたのは、イチモンジハゼ
2017年8月20日IOP9イチモンジハゼ
何度でも撮ってしまう、キンチャクダイ
2017年8月20日IOP10キンチャクダイ
浅場では、ツユベラ(幼魚)を発見。
何度見ても、成魚との姿の違いに、驚かされます。
2017年8月20日IOP11ツユベラ(幼魚)
神経質な、ミヤコキセンスズメダイ
証拠写真程度ですが、なんとか撮れました。
2017年8月20日IOP12ミヤコキセンスズメダイ
これにて、2017年伊豆夏合宿は終了。
Fさん、また来年お待ちしています。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: アライソコケギンポ  ソラスズメダイ  アカスジウミタケハゼ  ムスメベラ  メイチダイ  イチモンジハゼ  キンチャクダイ  ツユベラ  ミヤコキセンスズメダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2017年IOP8/20-1- 

伊豆夏合宿2日目も、伊豆海洋公園にて開催。
1本目は、ある生物の「大群」を見に行きます。
エントリーし、しばらく泳いで、5番へ。
深場へ潜行中、キツネダイを見かけましたが、ここでゆっくりできないので
証拠写真だけ撮影。
2017年8月20日IOP1キツネダイ
いました。オキノスジエビです。
普段は、とても深い場所に住んでいるのですが
産卵などで、浅場に上がってきた時にだけ、出会えます。
Oつがいも何度か見たことはありましたが、これほどの大群を見たのは、初めてです。
2017年8月20日IOP2オキノスジエビ
もう少し近づいてみましょう。
オキノスジエビの特徴である体の模様や、長い髭もはっきり確認できます。
2017年8月20日IOP3オキノスジエビ
抱卵している、青いお腹の個体もあちこちに。
2017年8月20日IOP4オキノスジエビ
これだけの大群が上がってくれば、当然、それを狙う捕食者も現れます。
やはり深い場所に住む、アヤメカサゴ
2017年8月20日IOP5アヤメカサゴ
オビアナハゼが、虎視眈々とオキノスジエビを狙っていました。
2017年8月20日IOP6オビアナハゼ
名残惜しいですが、そろそろ浅場へ移動する時間です。
いつもなら主役の、シロオビハナダイygも、さらっと証拠写真のみ。
2017年8月20日IOP7シロオビハナダイyg
個体数が少ない、レンテンヤッコの姿も見かけました。
2017年8月20日IOP8レンテンヤッコ
浅場に戻ったところで、クビアカハゼコシジロテッポウエビ
じっくり撮ります。
後で確認すると、コシジロテッポウエビは抱卵していることがわかりました。
2017年8月20日IOP9クビアカハゼコシジロテッポウエビ
こちらは普通種ながら、見つけるとつい撮ってしまう、キンチャクダイ
2017年8月20日IOP10キンチャクダイ
次は、伊豆合宿最後のダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 伊豆海洋公園  キツネダイ  アヤメカサゴ  オキノスジエビ  オビアナハゼ  シロオビハナダイ  レンテンヤッコ  クビアカハゼ  コシジロテッポウエビ  キンチャクダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2017年IOP8/19-3- 

初日のダイビングが終わり、Fさん、ダイビングショップのスタッフさんと
夕食です。
昨年と同じく、伊豆高原駅やまもプラザの中にある、紅龍さんへ。
2017年8月19日紅龍1
1日の疲れを癒してくれるのは、やっぱりこれ!
2017年8月19日紅龍2
本日の夕食は、濃厚煮干しらーめん
スープは、特製魚介醤油だれを使用。
2017年8月19日紅龍3
麺は、特注の平打ち極太麺。
野菜も、伊豆の地物を使っているそうです。
2017年8月19日紅龍4
紅龍さんは、他にもこだわりメニューがたくさんあり
伊豆高原に来たら、また訪れたいお店です。

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

タグ: 紅龍  伊豆高原駅  やまもプラザ  濃厚煮干しらーめん  ダイビング   

[edit]

trackback: -- | comment: 0