FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

2019年富戸12/29-2- 

いよいよ2019年、最後のダイビング。
ポイントは2本目もヨコバマですが、今回はテトラポット方面へ。

波任せにエントリー。気づいたら、メジナの中に紛れ込んでしまいました。
2019年12月29日1富戸・メジナの群れ1
そのまま水深を下げ、メジナの群れを抜けます。
2019年12月29日2富戸・メジナの群れ2
砂地には、お正月に訪れるダイバー用に、門松と茅の輪が準備されていました。
2019年12月29日3富戸・茅の輪くぐり1
少し早いですが、縁起を担いで、茅の輪くぐり。
2019年12月29日4富戸・茅の輪くぐり2
さあ、フィッシュウォッチングを始めましょう。
まずは、黒いイロカエルアンコウ
2019年12月29日5富戸・イロカエルアンコウ
マツカサウオの幼魚。
写真中央の、小さな黄色い魚です。
2019年12月29日6富戸・マツカサウオ(幼魚)
こちらは、ハナミノカサゴの幼魚。
2019年12月29日7富戸・ハナミノカサゴ(幼魚)
タカべの群れが現れました。
2019年12月29日8富戸・タカべの群れ
タカべの群れを狙って、ワカシも登場し
2019年12月29日9富戸・ワカシ
タカべの群れに、突っ込んでいきます。
2019年12月29日10富戸・ワカシVSタカべ
テトラポットに到着。
季節来遊魚のヨスジフエダイが、小さな群れを作っていました。
2019年12月29日11富戸・ヨスジフエダイの群れ
クロホシイシモチの群れの中には、こちらも季節来遊魚である
クマザサハナムロの幼魚(青い筋のある魚)が混じっています。
2019年12月29日12富戸・クロホシイシモチ&クマザサハナムロ
同様に、マアジ幼魚の群れの中には、ウメイロモドキ(青と黄色の魚)が。
2019年12月29日13富戸・マアジ・ウメイロモドキ
ひっそりと現れた、アカカマス。
2019年12月29日14富戸・アカカマス
1本目とは別個体の、ニシキフウライウオ
2019年12月29日15富戸・ニシキフウライウオ
中央に見えている小さい魚は、クリーナーとして有名な、ホンソメワケベラ。
よほど名手なのか、タカべヨスジフエダイが、順番待ちをしています。
2019年12月29日16富戸・タカべ・ヨスジフエダイ・ホンソメワケベラ
そろそろ、エキジット口へ移動しましょう。
元気な、ミツボシクロスズメダイ幼魚。
2019年12月29日17富戸・ミツボシクロスズメダイ
目の前をすーっと横切っていく、アオヤガラ。
2019年12月29日18富戸・アオヤガラ
サンゴイソギンチャクの中に潜む、カザリイソギンチャクエビ。
2019年12月29日19富戸・カザリイソギンチャクエビ
たいそう立派に育った、イロカエルアンコウ
ここまで大きくなってしまうと、もはや可愛いとは言えませんね。
2019年12月29日20富戸・イロカエルアンコウ
エキジット寸前の浅場にいたのは、ヒメフエダイの幼魚。
2019年12月29日21富戸・ヒメフエダイ(幼魚)
あぁ、楽しかった〜。
これにて、2019年のダイビング終了。
スポンサーサイト



テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: イロカエルアンコウ  マツカサウオ  ハナミノカサゴ  タカべ  ワカシ  ヨスジフエダイ  クマザサハナムロ  ウメイロモドキ  ニシキフウライウオ  ヒメフエダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2019年富戸12/29-1- 

2019年最後のダイビングは、東伊豆の富戸へ。
ポイントは、ヨコバマです。
エントリーすると頭上には、たくさんのメジナの群れが。
2019年12月29日1富戸・メジナの群れ
まずは、オレンジ色のイロカエルアンコウのおちびさん。
恥ずかしがり屋で、後ろを向いてしまっていました。
2019年12月29日2富戸・イロカエルアンコウ
イロカエルアンコウのそばの、サンゴイソギンチャクの中には
大きなアカホシカクレエビがいました。
2019年12月29日3富戸・アカホシカクレエビ
Oつまが「目の前を何かが動いていたから、とりあえず撮ってみた」
あとから確認すると、なんと極小のヒメイカ(推定2−3ミリ)。
こんなに小さい、しかも移動している個体をよく撮れたなぁ。
2019年12月29日4富戸・ヒメイカ
だいぶ沖側まで移動した場所に、ニシキフウライウオのペアがいました。
2019年12月29日5富戸・ニシキフウライウオのペア
ニシキフウライウオのそばの岩穴には、フリソデエビのペアがいます。
ただ、あまりにも奥過ぎて、これが精一杯。
2019年12月29日6富戸・フリソデエビのペア
帰りがけに見つけた、イガグリウミウシ
2019年12月29日7富戸・イガグリウミウシ
普通種ですが美しい、レンテンヤッコ
このあと隠れてしまって、この1枚しか撮れず。
2019年12月29日8富戸・レンテンヤッコ
最後に、黄色いカエルアンコウ。
最初の個体に比べると、サービス精神があり
撮りやすい場所で、ポーズまで取ってくれています。
2019年12月29日9富戸・イロカエルアンコウ
2本目は、いよいよ2019年最後のダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 富戸  ダイビング  メジナ  イロカエルアンコウ  アカホシカクレエビ  ヒメイカ  ニシキフウライウオ  フリソデエビ  イガグリウミウシ  レンテンヤッコ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2018年富戸12/2-2- 

2018年最後となるダイビングも、ヨコバマです。

まずは、1本目とは別個体の、イソギンチャクエビ
2018年12月2日1富戸・イソギンチャクエビ
割とわかりやすい場所にいたのは、イロカエルアンコウの幼魚。
2018年12月2日2富戸・イロカエルアンコウ
す〜っと現れた、アオヤガラの幼魚。
明らかにこちらを見ています。けっこうな目力です。
2018年12月2日3富戸・アオヤガラyg
伊豆に現れるフリソデエビの住処は、撮りづらい場所ばかり。
今回も、穴の奥の奥で、餌のヒトデにしがみついていました。
2018年12月2日4富戸・フリソデエビ
可愛い、黒いクマドリカエルアンコウがいたらしいのですが、この日は行方不明。
代わりに、成長してグロくなってしまった、白いクマドリカエルアンコウを撮影。
2018年12月2日5富戸・クマドリカエルアンコウ
油断するとすぐ見失ってしまう、擬態上手のカゲロウカクレエビ
写真のど真ん中にいるのですが、見えるでしょうか・・・
2018年12月2日6富戸・カゲロウカクレエビ
動かないので撮りやすい上に美しく、ダイバーに優しい、トラフケボリダカラガイ
2018年12月2日7富戸・トラフケボリダカラガイ
数匹のオグロクロユリハゼが、中層を元気に泳ぎ回っています。
2018年12月2日8富戸・オグロクロユリハゼ
小さなミナミハコフグの幼魚を見守る、オトヒメエビと、スジオテンジクダイ。
元気に育てよ。
2018年12月2日9富戸・ミナミハコフグyg
こちらは気の強い、クマノミ。
それ以上近づくなと、Oつがいに睨みを効かせます。
2018年12月2日10富戸・クマノミ
アカオニナマコについていた、ナマコマルガザミ
普段ならガッチリとしがみついているのですが、このナマコマルガザミ
油断していたのか、振り落とされそうになっています。
2018年12月2日11富戸・ナマコマルガザミ
最後に、ウミテング登場。
水中を泳ぐことは滅多にないのですが、地面を意外と素早く移動するので、
撮りづらい魚です。
2018年12月2日12富戸・ウミテング
これにて、2018年のダイビングは終了。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: イソギンチャクエビ  イロカエルアンコウ  アオヤガラ  フリソデエビ  クマドリカエルアンコウ  カゲロウカクレエビ  トラフケボリダカラガイ  オグロクロユリハゼ  ナマコマルガザミ  ウミテング 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2018年富戸12/2-1- 

東伊豆の富戸で、2018年最後のダイビングをしてきました。
1本目は、ヨコバマへ。

まずは、他のダイバーが来る前に、タカクラタツに会いに行きます。
図体が大きめで地味なタカクラタツですが、のんびり屋のかわいい魚です。
2018年12月2日1富戸・タカクラタツ
後からやってきたダイバーに場所を譲り、移動した先では
ホンソメワケベラの幼魚が、喧嘩していました。
2018年12月2日2富戸・ホンソメワケベラのケンカ
どこか目指す場所があるのか?
ニシキウミウシ幼体が、黙々と移動中。
2018年12月2日3富戸・ニシキウミウシyg
表と裏で棲み分けているのか?
2体のガラスハゼ。
2018年12月2日4富戸・ガラスハゼのペア
最近よく見かける、ユウダチタカノハ
以前より、個体数が増えているのかな?
2018年12月2日5富戸・ユウダチタカノハ
目の前を横切っていく、小さいけれど勇敢なシラコダイ。
2018年12月2日6富戸・シラコダイ
砂地には、いつも仲良し、クロイトハゼのペアがいました。
2018年12月2日7富戸・クロイトハゼのペア
周囲に同化しているつもり?なのに、姿バレバレのヒラメ
2018年12月2日8富戸・ヒラメ
仲良くデート中の、ミギマキのペア。
左の個体は、お腹が大きいですね。
2018年12月2日9富戸・ミギマキのペア
いっぽう、オトヒメエビは2匹でハサミを振り上げ、Oつがいを威嚇。
2018年12月2日10富戸・オトヒメエビのペア
そしてこちらが本日のお目当て、美しいクダゴンベ
赤い絨毯の上に、乗っていてくれました。
2018年12月2日11富戸・クダゴンベ
恥ずかしがり屋の、キリンミノyg。
なかなかこちらを向いてくれません。
2018年12月2日12富戸・キリンミノyg
Oつがいの目の前でポーズをとる、キスジキュウセンyg。
2018年12月2日13富戸・キスジキュウセン
突如目の前に現れた、ミヤケテグリyg。
ちょこんとした佇まいが、たまらなく可愛いです。
2018年12月2日14富戸・ミヤケテグリyg
こちらは、マツカサウオyg。
穴の奥にいて、苦戦しましたが、なんとか証拠写真は撮れました。
2018年12月2日15富戸・マツカサウオyg
同じく穴の奥にいて撮りづらい、ベンケイハゼ
2018年12月2日16富戸・ベンケイハゼ
イソギンチャク畑に行けば、そこらじゅうにイソギンチャクエビがいます。
ただ、ペアとなると、ぐっと数が少なくなります。
2018年12月2日17富戸・イソギンチャクエビのペア
青いラインが綺麗な、シマウミスズメ。
普通種なので、スルーしがちですが、もったいないですね。
2018年12月2日18富戸・シマウミスズメ
ハナミドリガイもニシキウミウシ同様、どこかを目指して、せっせと移動中。
2018年12月2日19富戸・ハナミドリガイ
次は、2018年最後のダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: タカクラタツ  ユウダチタカノハ  クロイトハゼ  ヒラメ  クダゴンベ  キリンミノ  キスジキュウセン  ミヤケテグリ  マツカサウオ  ベンケイハゼ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2018年八幡野9/17-2- 

八幡野のお祭りにぶつかってしまったOつがい、なんとしても14時までに
現地を出発しなければなりません。
大急ぎで、2本目のダイビングをスタート。

まずは割と仲の良い、アカホシカクレエビのペア。
2018年9月17日八幡野1アカホシカクレエビ
真っ赤なイソバナには、透明なイソバナエビがついていました。
2匹います。わかりますか?
2018年9月17日八幡野2イソバナエビ
伊豆海洋公園でも会いました、黒パンツことキツネベラyg。
2018年9月17日八幡野3キツネベラyg
頭上には、ネンブツダイの幼魚が群れています。
2018年9月17日八幡野4ネンブツダイygの群れ
オトヒメベラのメスがいたので、少し後をつけてみると
2018年9月17日八幡野5オトヒメベラ(雌)
やる気満々の、オスが現れました。
この体色、たまりません。
2018年9月17日八幡野6オトヒメベラ(雄)
海藻をめくると、この時期のアイドル、スナビクニンが登場。
2018年9月17日八幡野7スナビクニン
こうして、2本目のダイビング終了。
八幡野に缶詰という事態は、何とか免れました〜。

それでは皆さま、よいお年を。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 八幡野  アカホシカクレエビ  ダイビング  イソバナエビ  キツネベラ  伊豆海洋公園  ネンブツダイ  オトヒメベラ  スナビクニン 

[edit]

trackback: -- | comment: 2