fc2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2021年富戸12/29-2- 

1本目が終わり、いよいよ2021年最後のダイビング
富戸ヨコバマです。
現地のガイドさん曰く
「ただいま、絶賛カエルアンコウ祭り開催中」だそう。
では、カエルアンコウ祭り、行ってみましょう!

まずは、黒いクマドリカエルアンコウ
ダイバー間での通称は「黒クマ」。ということは・・・(5枚目の写真へ続く)
2021年12月29日富戸1黒いクマドリカエルアンコウ
2個体目は、ドットのイロカエルアンコウ
なかなかオシャレな子です。
2021年12月29日富戸2ドットのイロカエルアンコウ
3個体目は、オオモンカエルアンコウの幼魚。
このサイズだと、成魚とは似ても似つかず、とてもかわいいです。
2021年12月29日富戸3オオモンカエルアンコウ
まだまだ行きます。
4個体目、黒いイロカエルアンコウ
2021年12月29日富戸4黒いイロカエルアンコウ
5個体目は、白いクマドリカエルアンコウの幼魚。
そうです。これが「白クマ」です。
2021年12月29日富戸5クマドリカエルアンコウ
最後の6個体目は、オレンジのイロカエルアンコウ
このサイズともなれば、立派な面構えをしています。
2021年12月29日富戸6オレンジのイロカエルアンコウ
本当はあと3個体位いるらしいのですが、それを見ていると
他の生物まで回りきれなくなってしまうので
カエルアンコウ祭りは、ここで強制終了。
他の生物トップバッターは、キリンミノの幼魚。
美しい胸鰭が特徴です。
2021年12月29日富戸7キリンミノの幼魚
ニシキウミウシに乗って放浪の旅をしている、ウミウシカクレエビ
お揃いのカラーリングが素敵です。
2021年12月29日富戸8ニシキウミウシとウミウシカクレエビ
ハナタツもいました。
いつも通り光を嫌って、そっぽを向いてしまいます。
2021年12月29日富戸9ハナタツ
名残惜しいですが、陸上へ戻りましょう。
2021年12月29日富戸10エキジット
透明度も良く、生き物も盛り沢山で楽しかったです。
2021年のダイビングは、これにて終了。
スポンサーサイト



テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 富戸  ヨコバマ  クマドリカエルアンコウ  イロカエルアンコウ  オオモンカエルアンコウ  キリンミノ  ニシキウミウシ  ウミウシカクレエビ  ハナタツ  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2021年富戸12/29-1- 

東伊豆の富戸で、2021年最後のダイビングをしてきました。
この時期のターゲットは、小さな生物がメインになりますが
1本目のヨコバマは、特に極小もの中心となりました。

最初に見つけたのは、小さなフジエラミノウミウシ
2021年12月29日富戸1フジエラミノウミウシ
次に見つけたのは、もっと小さなセスジミノウミウシ
どちらもミリ単位の体長です。
2021年12月29日富戸2セスジミノウミウシの幼体
あまりの擬態の素晴らしさに、撮影しながら何度も見失ってしまう、カゲロウカクレエビ
わかりますか?
2021年12月29日富戸3カゲロウカクレエビ
ここから、南方種が続きます。
水温が低下してきているので、いつまで見られるかわからない、ハナゴンベの幼魚。
顔まわりのお化粧が、おしゃれ。
2021年12月29日富戸4ハナゴンベ
いつもこのようなオーバーハングの上で、逆さまに暮らしているオキナワベニハゼ
こちらも、いつまで生き延びられるか。
2021年12月29日富戸5オキナワベニハゼ
ウメイロモドキの群れ。
彼らを見ると、パラオのブルーコーナーを思い出します。
またパラオに行ける日が来るんだろうか?
2021年12月29日富戸6ウメイロモドキ
再び、伊豆生物に戻ります。
オキゴンベの幼魚が寄り添っているのは、ウツボ。
背景の黄色い壁は、ウツボの胴体です。
2021年12月29日富戸7オキゴンベの幼魚
こう見えて、移動スピードが意外と速いウミテング
砂地の上をテクテク歩きます。
2021年12月29日富戸8ウミテング
マクロモードに切り替え見つけた、クロヘリアメフラシ
キリッとした眼のせいか、小さくても堂々たる佇まいです。
2021年12月29日富戸9クロヘリアメフラシ
じっくり見ると美しい体色の、チゴミドリガイ。
2021年12月29日富戸10チゴミドリガイ
富戸ヨコバマ名物。イソギンチャク畑の、クマノミ&ミツボシクロスズメダイ。
2021年12月29日富戸11クマノミ&ミツボシクロスズメ
見るたびに和菓子を連想してしまう、ヒロウミウシ
2021年12月29日富戸12ヒロウミウシ
実は、チョコレートプラネットのファンなのか?
体に「T」の字がある、カザリイソギンチャクエビ2021年12月29日富戸13カザリイソギンチャクエビ
最後に光のカーテンを抜けて、陸の世界へ戻ります。
2021年12月29日富戸14
2本目は、2021年最後のダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: フジエラミノウミウシ  セスジミノウミウシ  カゲロウカクレエビ  オキナワベニハゼ  ハナゴンベ  ウメイロモドキ  ウミテング  ヒロウミウシ  クロヘリアメフラシ  カザリイソギンチャクエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2021年八幡野9/26-2- 

八幡野の2本目は、砂地をまわってみました。

まずは南国チックなツノダシを眺めつつ
2021年9月26日八幡野1ツノダシ
1本目に発見できなかった、アカカマスの群れに1匹だけ混じっていると噂の
バラクーダを探してみますが、やはり発見できず。
「この群れの中にバラクーダはいない」が、Oつがいの結論になりました。
2021年9月26日八幡野2アカカマスの群れ2
さて、砂地に目を向けると、若いホシテンスが。
普通なら、ピュッと砂に潜ってしまうのですが
なかなか強気な個体で、かなり近寄っても全然逃げません。
2021年9月26日八幡野3若いホシテンス
こちらは、若いアカホシカクレエビ
2021年9月26日八幡野4若いアカホシカクレエビ
この時の八幡野には、金運UPしそうとダイバーに人気の
黄金色のオニオコゼが人気でした。
初見のOつがい、「これかな?お世辞にも黄金色とは言えないけれど・・・」
2021年9月26日八幡野5オニオコゼ
昔は伊豆でヒレナガネジリンボウが現れると、ダイバーの行列ができたのですが
今では、ほぼ普通酒になっています。
2021年9月26日八幡野6ヒレナガネジリンボウ
砂地をふらふら泳いでいるこの綺麗な魚は、テンスモドキ
2021年9月26日八幡野7テンスモドキ
本日の目玉!1000本以上潜っているOつがいが初遭遇の、ウチワザメ
2021年9月26日八幡野8ウチワザメ
やはり、先ほどのオニオコゼは間違いでした。
こちらが人気の、黄金のオニオコゼ
頭の砂を払ってあげたい・・・
2021年9月26日八幡野9黄金のオニオコゼ
こちらはユラユラ泳ぐ系の、セジロノドグロベラの幼魚。
のんびり見えて、かなりすばしこいです。
2021年9月26日八幡野10セジロノドグロベラ
最後に、まわりの風景に溶け込んでいるつもりのヒラメ
思いっきりバレてます。
2021年9月26日八幡野11ヒラメ
エキジットし、ガイドさんに
「バラクーダはいないと思う」と伝えると
「私もそう思います」との事だったので、お客さんの見間違いとの結論に至りました。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ツノダシ  アカカマス  ホシテンス  アカホシカクレエビ  オニオコゼ  ヒレナガネジリンボウ  テンスモドキ  ウチワザメ  セジロノドグロベラ  ヒラメ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2021年八幡野9/26-1- 

3日前に潜った伊豆海洋公園のお隣、八幡野で潜ってきました。
1本目は「あじ根」方面へ。
エントリーする前にガイドさんから
アカカマスの群れの中に、バラクーダがいたというお客さん情報があったんです。
探してみてもらえませんか?」と、頼まれたので
まずは、アカカマスの群れをじっくり見てみます。
2021年9月26日1八幡野・アカカマスの群れ
何度も探しましたが、結局バラクーダの姿は確認できず、移動。
穴から顔を出している、ちょっと体色の薄い、ニセクロスジギンポを発見。
可愛い顔をしていますが、ホンソメワケベラのふりをして魚に近づき
その体表をむしって食べる、ちょっと悪い子です。
2021年9月26日2八幡野・ニセクロスジギンポ
砂溜まりでは、綺麗な体色のスジベラと、それに寄り添うように泳ぐカミナリベラ
さらにその周りで遊ぶ、ブダイの幼魚がいます。
2021年9月26日八幡野3スジベラ・カミナリベラ・ブダイの幼魚
ガイドさんがお客さんに何か教えているので、覗いてみると
フィコカリスシムランスでした。
中央の丸い、ゴミみたいなヤツです(笑)
2021年9月26日八幡野4フィコカリスシムランス
アライソコケギンポ
よく見ると、目がこちらを向いています。
愛嬌のある表情に、おしゃれな皮弁。そして意外と強気な性格。
ダイバーにとっては普遍のアイドルです。
2021年9月26日八幡野5アライソコケギンポ
美しい胸鰭の裏側を見せてほしいのですが、Oつがいのお願いを無視して
堂々と動かない、サツマカサゴ
2021年9月26日八幡野6サツマカサゴ
結局遊びすぎて、あじ根まで行けず、手前で引き返して1本目のダイビング終了。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 伊豆海洋公園  八幡野  アカカマス  ニセクロスジギンポ  フィコカリスシムランス  スジベラ  カミナリベラ  ブダイ  アライソコケギンポ  サツマカサゴ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2021年伊豆海洋公園9/23-2- 

2本目のダイビングは、ブリマチ方面へ。
エントリーすると、大きなネズミフグが。
ガイドさん曰く、今年は数が多いそうです。
2021年9月23日1伊豆海洋公園・ネズミフグ
少し移動すると、休憩中のアオウミガメに遭遇。
2021年9月23日2伊豆海洋公園・アオウミガメ
突然現れたOつがいに驚き、目の前を通過して
2021年9月23日3伊豆海洋公園・アオウミガメ
逃亡。
驚かせてごめんね。
2021年9月23日4伊豆海洋公園・アオウミガメ
伊豆の魚の中ではかなりの大型種の、アオブダイ
体は大きいですが神経質で、なかなか近寄らせてくれません。
2021年9月23日5伊豆海洋公園・アオブダイ
中層には、キビナゴの群れ。
2021年9月23日6伊豆海洋公園・キビナゴの群れ
そのキビナゴを狙って現れたのは、ワラサに
2021年9月23日7伊豆海洋公園・キビナゴVSワラサ
カンパチ。
2021年9月23日8伊豆海洋公園・キビナゴVSカンパチ
さらに、ツムブリまで登場。
2021年9月23日9伊豆海洋公園・ツムブリ
しばし捕食ショーを見学し、水底に目を向けると
岩の上にちょこんと乗っている、ミナミゴンベがいました。
2021年9月23日10伊豆海洋公園・ミナミゴンベ
岩の亀裂に直立していた、スジハナダイ
2021年9月23日11伊豆海洋公園・スジハナダイ
釣り針が刺さったままの、かわいそうなウツボ。
外してあげたいのですが、手が出せません。
2021年9月23日12伊豆海洋公園・釣り針とウツボ
Oつがいの様子を伺う、オキゴンベの幼魚。
2021年9月23日13伊豆海洋公園・オキゴンベの幼魚
大きなパイナップルウミウシ
どうやったら、こんな模様になるんでしょうか?
2021年9月23日14伊豆海洋公園・パイナップルウミウシ
ミドリイシの上にいたのは、アカスジウミタケハゼ
2021年9月23日15伊豆海洋公園・アカスジウミタケハゼ
何故か、この海綿にだけうじゃうじゃ住んでいる、タレクチウミタケハゼ
2021年9月23日16伊豆海洋公園・タレクチウミタケハゼ
ブルーのラインが綺麗な、ニラミギンポ
2021年9月23日17伊豆海洋公園・ニラミギンポ
写真中央、黄色い点のある魚は、伊豆では珍しいノコギリダイ
2021年9月23日18伊豆海洋公園・ノコギリダイ
触角が根本から折れて痛々しい、イセエビ。
2021年9月23日19伊豆海洋公園・ヒゲの折れたイセエビ
最初に見たのとは別個体の、アオウミガメ
食事シーンを、どこかのダイビングショップのガイドさんが撮影中。
2021年9月23日20伊豆海洋公園・アオウミガメ
さようなら〜。
2021年9月23日21伊豆海洋公園・アオウミガメ
今回も、充実したダイビングでした。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ネズミフグ  アオウミガメ  アオブダイ  ミナミゴンベ  スジハナダイ  ノコギリダイ  パイナップルウミウシ  アカスジウミタケハゼ  タレクチウミタケハゼ  ニラミギンポ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2