07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

2016年富戸9/18-2- 

2本目は、砂地の生物を見に行きます。
まずは、ネジリンボウのペア。
神経質で、全然近寄れません。
2016年9月18日富戸1ネジリンボウ
こちらは、ヒレナガネジリンボウのペア。
ネジリンボウに比べると、背鰭が長いのが特徴。
2016年9月18日富戸2ヒレナガネジリンボウ
ここからは、伊豆の普通種。
まずは、クロイトハゼ
2016年9月18日富戸3クロイトハゼ
可愛い、イトタマガシラ
2016年9月18日富戸4イトタマガシラ
ハナヤギのまわりで遊ぶ、アミメハギ。
2016年9月18日富戸5アミメハギ
トラウツボ。
ですが、撮りたかったのはトラウツボではなく
2016年9月18日富戸6トラウツボ
頭の上に乗っている、クリアクリーナーシュリンプでした。
2016年9月18日富戸7クリアクリーナーシュリンプ
ハナヤギの中に隠れているのは、アオサハギ(幼魚)。
2016年9月18日富戸8アオサハギ(幼魚)
アカスジカクレエビ
どこにいるのか、わかりますか?
2016年9月18日富戸9アカスジカクレエビ
1本目に見たニシキフウライウオですが、抱卵しているところを撮りたくて
もう一度、挑戦。
真ん中(しかもオス)の白く膨らんでいる部分に、ぎっしり卵が詰まっています。
2016年9月18日富戸10ニシキフウライウオ
ニシキフウライウオに別れを告げて移動中、ゴンズイ玉とすれ違いました。
2016年9月18日富戸11ゴンズイ
定番のガラスハゼ
ヤギの上部にぼんやり写っているのは、卵です。
2016年9月18日富戸12ガラスハゼ
見つけるとつい撮ってしまう、綺麗なトラフケボリ。
2016年9月18日富戸13トラフケボリ
移動中の、サキシマミノウミウシ
2016年9月18日富戸14サキシマミノウミウシ
1本目でも見られた、イサキの幼魚の群れ。
この辺りを回遊しているようです。
2016年9月18日富戸15イサキの群れ
ニジハギ
前日の海洋公園でも出会いましたが、富戸にもいたとは。
海洋公園の個体より、ややフレンドリーでした。
2016年9月18日富戸16ニジハギ
楽しいことは、あっという間。
1泊2日の伊豆ダイビング、これに終了。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ネジリンボウ  ヒレナガネジリンボウ  クロイトハゼ  イトタマガシラ  クリアクリーナーシュリンプ  アカスジカクレエビ  ニシキフウライウオ  ガラスハゼ  サキシマミノウミウシ  ニジハギ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年富戸9/18-1- 

伊豆1泊2日のダイビング、最終日。
この日は、富戸で潜ります。
1本目のポイントは、ヨコバマの右側。
イソギンチャク畑を眺めながら移動していると、イソギンチャクエビを見つけました。
2016年9月18日富戸1イソギンチャクエビ
あれあれ、サラサエビがイソギンチャクの上に乗っています。
どうしちゃったんでしょう?
もう少し隠れないと、食べられちゃいますよ。
2016年9月18日富戸2サラサエビ
前日、IOPでたっぷり堪能したアカハチハゼですが、富戸にもいるというので
一応チェックしておきましょう。
2016年9月18日富戸3アカハチハゼ
少し沖側に移動してくると、イサキの幼魚の群れが現れました。
2016年9月18日富戸4イサキ(幼魚)の群れ
ツノダシのペア。
南国っぽいですね〜。
2016年9月18日富戸5ツノダシのペア
中層には、カンパチの若魚が泳いでいます。
2016年9月18日富戸6カンパチの若魚
お目当てのひとつだった、ニシキフウライウオのペア。
2016年9月18日富戸7ニシキフウライウオのペア
その近くには、カゲロウカクレエビがいました。
目を離すと、どこにいるかすぐ分からなくなってしまう、擬態上手です。
2016年9月18日富戸8カゲロウカクレエビ
2匹の、イソギンチャクモエビ。こちらはペアではありません。
小さい方の個体が、大きい方の個体のテリトリーに侵入しているようで
激しく攻撃されていました。
2016年9月18日富戸9イソギンチャクモエビのペア
写真映えのする場所にいた、シラコダイの幼魚に
ソラスズメダイを絡めてみました。
2016年9月18日富戸10シラコダイの幼魚
長い間ここに住み着いている、アカシマシラヒゲエビ
2016年9月18日富戸11アカシマシラヒゲエビ
アカシマシラヒゲエビを撮っているのに、シラコダイが何度も邪魔しにきました。
クリーニングしてもらいたかったのかな?
2016年9月18日富戸12アカシマシラヒゲエビ&シラコダイ
エキジット口の浅場に居ついていた、ミカヅキツバメウオの若魚。
2016年9月18日富戸13ミカヅキツバメウオ
いよいよ次が、今回の最終ダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: イソギンチャクエビ  サラサエビ    アカハチハゼ  ツノダシ  カンパチ  ニシキフウライウオ  カゲロウカクレエビ  イソギンチャクモエビ  アカシマシラヒゲエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 8

2016年IOP9/17-2- 

2本目は、カケ上がりのあたりを、じっくり回ってみます。
まずは、お目当てだった、ハナゴイの幼魚。
こちらも伊豆っぽく、ソラスズメダイを絡めてみました。
2016年9月17日IOP1ハナゴイ(幼魚)&ソラスズメダイ
岩の隙間には、チョウチョウウオの幼魚がいました。
1本目のシラコダイといい、小さい子はみんな可愛いです。
2016年9月17日IOP2チョウチョウウオ(幼魚)
この辺りには、幼魚がたくさんいます。
コロダイの幼魚。
2016年9月17日IOP3コロダイ(幼魚)
そして、ヒレグロコショウダイの幼魚。
絶えずぴろぴろ動くので、撮影は大変です。
2016年9月17日IOP4ヒレグロコショウダイ(幼魚)
とにかく臆病で、岩の亀裂から全然出てきてくれない、ハクセンスズメダイ
2016年9月17日IOP5ハクセンスズメダイ
中層に目をやると、老成したイサキについて泳ぐ、シマアジがいました。
2016年9月17日IOP6シマアジ&イサキ
南方種のニジハギは、これまた伊豆代表のソラスズメダイと。
2016年9月17日IOP7ニジハギ&ソラスズメダイ
オクリダシに戻り、もう1度アカハチハゼに挑戦します。
この日は最大で、5匹いっぺんに泳いでいるところを目撃しました。
2016年9月17日IOP8アカハチハゼ
ヒメフエダイ
皆さんスルーしていましたが、結構珍しいと思うんだけどなぁ。
2016年9月17日IOP9ヒメフエダイ
こちらは、それほど珍しくはないはずですが
オクリダシでは初めて見た、ネズミウミウシ
2016年9月17日IOP10ネズミウミウシ
1本目では気が付かなかった、カンムリベラの幼魚もいました。
2016年9月17日IOP11カンムリベラ(幼魚)
これにて、1泊2日の伊豆ダイビングの、初日が終了。
夕食は、ガイドさんオススメのラーメン屋さんでいただく予定です。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ:   ハナゴイ  ヒレグロコショウダイ  ハクセンスズメダイ  ニジハギ  アカハチハゼ  ヒメフエダイ  ネズミウミウシ  カンムリベラ  ソラスズメダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年IOP9/17-1- 

1泊2日で、東伊豆へ潜りに行ってきました。
初日に潜ったのは、IOPです。
1本目は「あそこ」と呼ばれているエリアへ。
エントリーし、まずはハナダイ目指して一直線。
最初に見つけたのは、スジハナダイの幼魚。
2016年9月17日IOP1スジハナダイ
この時期限定、サクラダイ(♂)の群れ。
普段は、これほど一箇所には、まとまらないのです。
2016年9月17日IOP2サクラダイ
ハナダイの仲間が群れる中、イットウダイも存在を主張していました。
2016年9月17日IOP3イットウダイ
浅場へ移動中、小さなシラコダイの幼魚を発見。
2016年9月17日IOP4シラコダイ幼魚
こちらは、ずっとOつがいの後をついてきていた、コブダイ(♂)の成魚。
2016年9月17日IOP5コブダイ
「あそこ」で、一番に見たかったのは、このカミソリウオ
擬態上手で有名ですが、今まで出会ったのは全て、海藻のような体色。
ところがこのペアは、ピンクの模様まで入って、まわりの岩そっくりです。
どこにいるか、わかりますか?
2016年9月17日IOP6カミソリウオ
後に陸上で、写真の山を確認していたところ
途中から、カミソリウオの尾びれの後ろのあたりに、珍客が写っていました。
ミヤケテグリです。撮っている時は、全然気づきませんでした。
こんな深度に、いったいどこから来たんだろう?
2016年9月17日IOP7カミソリウオ
浅場に戻ると、全身丸出しでサービス精神旺盛の、ニラミギンポに遭遇。
2016年9月17日IOP8ニラミギンポ
中層では、イサキの幼魚の群れが移動中。
2016年9月17日IOP9イサキ幼魚の群れ
オクリダシに移動。
南方種の、アカハチハゼ(中央)とモンツキハギ(黄色い魚)のまわりに
ソラスズメダイを絡めて、伊豆っぽく撮ってみました。
2016年9月17日IOP10アカハチハゼ&モンツキハギ&ソラスズメダイ
2本目は、浅場を中心に潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: スジハナダイ  サクラダイ  イットウダイ  シラコダイ  コブダイ  カミソリウオ  ミヤケテグリ  ニラミギンポ  アカハチハゼ  モンツキハギ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年八幡野8/6-2- 

1本目の反省を踏まえ、エキジット後、八幡野のガイドさんに再度確認。
やはり探索場所が、ちょっとずれていた模様です。
ということで、リベンジのダイビング2本目、スタート。

教わった場所へ、一直線。今度は・・・
いました〜!
小笠原・八丈固有種の、ユウゼンです。
2016年8月6日八幡野2ユウゼン1
伊豆半島で出会えるのは、非常に珍しいことなので
他の魚には目もくれず、ただただユウゼンを撮りまくります。
2016年8月6日八幡野2ユウゼン2
最初は慌てていたユウゼンも、しまいには慣れてしまい
Oつがいに囲まれながら、普通に餌をついばんでいました。
かくして2本目のダイビングは、ユウゼン一本勝負となりました〜(笑)

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 八幡野  ユウゼン  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 2