01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

2017年赤沢2/26-2- 

赤沢2本目。
相変わらずガイドさんは、もう一人のお客さんにつきっきり。
今回はビーチで、エキジット時間を気にしなくていいので
セルフダイビングのつもりで、エントリー。

ねちねちと、生物探しをしながら進むと、イシヨウジを発見。
2017年2月26日赤沢1イシヨウジ
じっと獲物を待つ、大きなオニカサゴもいました。
2017年2月26日赤沢2オニカサゴ
いろいろなサイズのヤドカリが、一ヶ所に集まっています。
時々見かける光景ですが、何だろう?お見合いかな?
2017年2月26日赤沢3ヤドカリ
綺麗な、スイートジェリーミドリガイ
2017年2月26日赤沢4スイートジェリーミドリガイ
伊豆ウミウシ基本4種のうちの1種、シロウミウシ
2017年2月26日赤沢5シロウミウシ
砂利の上にポツンと落ちていた、ミツイラメリウミウシ
2017年2月26日赤沢6ミツイラメリウミウシ
ロープに付いた海藻を咥えようと、一生懸命のアミメハギ
夜は流されないように、こんなスタイルで眠ります。
2017年2月26日赤沢7アミメハギ
立派なサイズの、メイタガレイ
2017年2月26日赤沢8メイタガレイ
こうして、赤沢1ボート1ビーチ終了。
初めてのガイドさんで、相性がイマイチだと、どうしてもこうなっちゃいますね〜。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: イシヨウジ  オニカサゴ  スイートジェリーミドリガイ  シロウミウシ  ミツイラメリウミウシ  アミメハギ  メイタガレイ  赤沢 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2017年赤沢2/26-1- 

久しぶりに、東伊豆赤沢で潜ってきました。
1本目は、ボートポイントのイボヤギ岩。
最初にエントリーし、船下で他のゲストさんのエントリーを待ちます。
2017年2月26日赤沢1
この日ご一緒したゲストさんは、あまりダイビング経験のない方で
ガイドさんは、その方につきっきり。
Oつがいは放置状態、といって離れるわけにもいかないので
近くにいる生物を撮影。

さすがボートポイント。
ダイナミックな地形に、ネンブツダイが群れています。
2017年2月26日赤沢2ネンブツダイの群れ
こちらの群れは、キンギョハナダイ
2017年2月26日赤沢3キンギョハナダイの群れ
岩の上には、大きなヒラメがいました。
2017年2月26日赤沢4ヒラメ
せっかくの地形ポイントでも、ついついマクロ目線のOつがい。
オルトマンワラエビを見つけました。
2017年2月26日赤沢5オルトマンワラエビ
安全停止中に近寄ってきた、キタマクラ
2017年2月26日赤沢6キタマクラ
ボートダイビングなので、潜水時間短めなのは仕方ないですが
内容が・・・
2本目は、ビーチダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 東伊豆  赤沢  ダイビング  ネンブツダイ  キンギョハナダイ  ヒラメ  オルトマンワラエビ  キタマクラ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2016年富戸12/18-2- 

2本目は、脇の浜へ。
エントリーしてすぐに、衝撃の光景が!
水底に横たわるマンボウです。
2016年12月18日富戸1マンボウ
恐る恐る、近づいてみると・・・
まだエラが動いていて、目をキョロリとこちらに向けました。
2016年12月18日富戸2マンボウ
心が痛みますが、どうすることもできず。
海の仲間達の栄養となってもらうしかありません。

マンボウに別れを告げ、小さな岩の下にいる、フリソデエビを訪問。
ただいま、オレンジ色のヒトデをムシャムシャ食べている最中です。
2016年12月18日富戸3フリソデエビ
イソギンチャクに住んでいるのは、イソギンチャクカクレエビ
2016年12月18日富戸4イソギンチャクカクレエビ
この日は、カエルアンコウ祭り開催中。
まずは、岩に張り付いている、ベニカエルアンコウ
2016年12月18日富戸5ベニカエルアンコウ
続いて、撮りづらい場所に潜む、イロカエルアンコウ
2016年12月18日富戸6イロカエルアンコウ
最後を飾るのは、ダイバーに人気の、クマドリカエルアンコウ
2016年12月18日富戸7クマドリカエルアンコウ
アオウミウシの大・小でこぼこコンビ。
2016年12月18日富戸8アオウミウシ大小
写真映えのする場所で睨みをきかせる、オキゴンベ
2016年12月18日富戸9オキゴンベ
これにて2016年最後のダイビング、無事終了!

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: マンボウ  フリソデエビ  イソギンチャクカクレエビ  ベニカエルアンコウ  イロカエルアンコウ  クマドリカエルアンコウ  アオウミウシ  オキゴンベ  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2016年富戸12/18-1- 

前週の西伊豆・大瀬崎に続き、2週連続のダイビング
今回は、東伊豆の富戸です。
1本目は、再びフィコカリスシムランスを狙って、ヨコバマへ。

海藻の間をじっくり探しながら移動していると、擬態したコノハガニのメスがいました。
「君じゃないんだよなぁ」と思いながらも、見つけてしまったので
とりあえず撮影。
2016年12月18日富戸1コノハガニ
視線の先で、ユラユラ動くものがいるので、顔を上げると、ホシテンスの幼魚でした。
2016年12月18日富戸2ホシテンス(幼魚)
再び、目を凝らしながら移動中、(たぶん)モクズショイを発見。
体にいろんなものをくっつけすぎて、原型が分からないので、定かではありません。
2016年12月18日富戸3モクズショイ?
そしてついに発見、フィコカリスシムランス
体長3ミリほどでしょうか。緑色の体毛を身につけ、ホワホワと漂っています。
2016年12月18日富戸4フィコカリスシムランス
先週からの鍛錬で、目が慣れてきたせいか、茶色の個体も発見。
これなら、エビの仲間なことがわかるかな?
2016年12月18日富戸5フィコカリスシムランス
フィコカリスシムランスを自力で見つけられて、たいへん満足したので
Oつがいだけで独占せず、他の方に譲りました。
すぐ近くにいた、サキシマミノウミウシ
2016年12月18日富戸6サキシマミノウミウシ
エキジット間際の浅場には、ミツボシクロスズメダイの幼魚が
仲良く泳いでいました。
2016年12月18日富戸7ミツボシクロスズメダイ(幼魚)
2本目はポイントを変えて、脇の浜へ行ってみます。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ダイビング  富戸  フィコカリスシムランス  コノハガニ  ホシテンス  サキシマミノウミウシ  モクズショイ  ミツボシクロスズメダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年富戸9/18-2- 

2本目は、砂地の生物を見に行きます。
まずは、ネジリンボウのペア。
神経質で、全然近寄れません。
2016年9月18日富戸1ネジリンボウ
こちらは、ヒレナガネジリンボウのペア。
ネジリンボウに比べると、背鰭が長いのが特徴。
2016年9月18日富戸2ヒレナガネジリンボウ
ここからは、伊豆の普通種。
まずは、クロイトハゼ
2016年9月18日富戸3クロイトハゼ
可愛い、イトタマガシラ
2016年9月18日富戸4イトタマガシラ
ハナヤギのまわりで遊ぶ、アミメハギ。
2016年9月18日富戸5アミメハギ
トラウツボ。
ですが、撮りたかったのはトラウツボではなく
2016年9月18日富戸6トラウツボ
頭の上に乗っている、クリアクリーナーシュリンプでした。
2016年9月18日富戸7クリアクリーナーシュリンプ
ハナヤギの中に隠れているのは、アオサハギ(幼魚)。
2016年9月18日富戸8アオサハギ(幼魚)
アカスジカクレエビ
どこにいるのか、わかりますか?
2016年9月18日富戸9アカスジカクレエビ
1本目に見たニシキフウライウオですが、抱卵しているところを撮りたくて
もう一度、挑戦。
真ん中(しかもオス)の白く膨らんでいる部分に、ぎっしり卵が詰まっています。
2016年9月18日富戸10ニシキフウライウオ
ニシキフウライウオに別れを告げて移動中、ゴンズイ玉とすれ違いました。
2016年9月18日富戸11ゴンズイ
定番のガラスハゼ
ヤギの上部にぼんやり写っているのは、卵です。
2016年9月18日富戸12ガラスハゼ
見つけるとつい撮ってしまう、綺麗なトラフケボリ。
2016年9月18日富戸13トラフケボリ
移動中の、サキシマミノウミウシ
2016年9月18日富戸14サキシマミノウミウシ
1本目でも見られた、イサキの幼魚の群れ。
この辺りを回遊しているようです。
2016年9月18日富戸15イサキの群れ
ニジハギ
前日の海洋公園でも出会いましたが、富戸にもいたとは。
海洋公園の個体より、ややフレンドリーでした。
2016年9月18日富戸16ニジハギ
楽しいことは、あっという間。
1泊2日の伊豆ダイビング、これに終了。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ネジリンボウ  ヒレナガネジリンボウ  クロイトハゼ  イトタマガシラ  クリアクリーナーシュリンプ  アカスジカクレエビ  ニシキフウライウオ  ガラスハゼ  サキシマミノウミウシ  ニジハギ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2