02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

2016年大瀬崎4/30-4- 

ナイトダイビングの前に、夕食です。
メインはいつものように、陶板焼き
2016年4月30日大瀬崎夕食1
他には、お刺身や
2016年4月30日大瀬崎夕食2
天ぷら。
2016年4月30日大瀬崎夕食3
Oつまの大好物、たらの芽の天ぷらも入っていました。
2016年4月30日大瀬崎夕食5
もずく
2016年4月30日大瀬崎夕食4
箸休めのお新香。
2016年4月30日大瀬崎夕食6
魚の煮付けも、いつも通り。
2016年4月30日大瀬崎夕食7
お吸い物。
2016年4月30日大瀬崎夕食8
陶板焼きが、出来上がりました。
2016年4月30日大瀬崎夕食9
特製のポン酢タレでいただきます。
2016年4月30日大瀬崎夕食10
定番メニューながら、ちょっとした季節物が添えられているんですよね。
さあ、ナイトダイビングへ行ってきます。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: ナイトダイビング  陶板焼き  たらの芽  もずく  大瀬崎 

[edit]

trackback: -- | comment: 1

2016年大瀬崎4/30-3- 

本日の3本目は、湾内へ。
砂地へ降りると、リュウグウハゼサビハゼが、仲良く3ショット。
2016年4月30日大瀬崎1リュウグウハゼ&サビハゼ
アキノハマカクレエビの人気もだいぶ落ち着いたようで、この日は待ち時間なく撮影できました。
ガラスでできているような、華奢で美しいエビです。
2016年4月30日大瀬崎2アキノハマカクレエビ
ミルには、ナガレモエビがついていました。
2016年4月30日大瀬崎3ナガレモエビ
こちらは、小さな小さな、ホリミノウミウシとその卵塊。
2016年4月30日大瀬崎4ホリミノウミウシの仲間
スナイソギンチャクや海藻に囲まれていた、ミズヒキガニ
カモフラージュのつもりで、海藻の切れ端を、高々と掲げています。
2016年4月30日大瀬崎5ミズヒキガニ
この日は、ニシキハゼも数個体見られました。
2016年4月30日大瀬崎6ニシキハゼ
定番の、クリアクリーナーシュリンプ
慣れると、ヒトが手を差し出しても、キレイにしてくれます。
2016年4月30日大瀬崎7クリアクリーナーシュリンプ
さて、浅場に戻り、目指すはウサギトラギス
ところが、とんでもないものを見つけてしまいました。
ヒレボシミノカサゴの幼魚です。
現地のガイドさんも「大瀬崎で見た記憶がない」とのことなので
もしかしたら、大瀬崎初記録かも?
2016年4月30日大瀬崎8ヒレボシミノカサゴ(幼魚)
本来の目的だったウサギトラギスは、もはやどうでもよくなってしまった上
見つけたのは、背びれのほとんど立たないメス・・・
2016年4月30日大瀬崎9ウサギトラギス
大興奮の3本目が、終了。
夕食の後は、ナイトダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: リュウグウハゼ  サビハゼ  アキノハマカクレエビ  ナガレモエビ  ホリミノウミウシ  ミズヒキガニ  ニシキハゼ  クリアクリーナーシュリンプ  ヒレボシミノカサゴ  ウサギトラギス 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年大瀬崎4/30-2- 

2本目も、1本目と同じ、外海の門下へ。
まずは、まだ低い水温に寒そうな様子の、クマノミ
2016年4月30日大瀬崎クマノミ
綺麗なトラフケボリダカラガイ
外套膜が、ちょっと開いてしまっています。
2016年4月30日大瀬崎トラフケボリダカラガイ
ニシキウミウシの幼体(上)と、シロウミウシ(下)。
同じお年頃のようですが、何を話しているのかな?
2016年4月30日大瀬崎ニシキウミウシ(幼体)&シロウミウシ
ミツイラメリウミウシ
極小な上に黄色と、うまく撮れない条件が揃っています。
2016年4月30日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
長い間この場所に陣取っている、オオモンカエルアンコウ
2016年4月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎ハクセンアカホシカクレエビ
アカホシカクレエビは、クマノミの幼魚と、共同生活中です。
2016年4月30日大瀬崎アカホシカクレエビ&クマノミ
1本目とは別個体の、ガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
3本目は、湾内でのんびり潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クマノミ  トラフケボリダカラガイ  ニシキウミウシ  シロウミウシ  ミツイラメリウミウシ  オオモンカエルアンコウ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカホシカクレエビ  ガーベラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年大瀬崎4/30-1- 

ちょうど1ヶ月ぶりに、西伊豆の大瀬崎へ潜りに行ってきました。
1本目は外海の、門下へ。
まずは、ハナタツの様子をチェック。
周囲の環境に合わせたのか、黄色かった体色が少し濃くなり
オレンジ色に変わっています。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(オレンジ)
赤い個体も変わらず、元気でした。
カメラを嫌がって、背中を向けてしまうところも、一緒。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(赤)
確認を終え、場所を移動。
ムチカラマツをよく見てみると、ビシャモンエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎ビシャモンエビ
砂地を移動中の、ミアミラウミウシ
本当に、目立つ体色です。
2016年4月30日大瀬崎ミアミラウミウシ
オウギウミヒドラのてっぺんにいるのは、真っ白いガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
Oつがいの目前をスーッと泳いでいく、マトウダイ
2016年4月30日大瀬崎マトウダイ
遠くには、イヤゴハタも見えます。
2016年4月30日大瀬崎イヤゴハタ
ふてぶてしい、オニカサゴ
これだけ寄っても、微動だにしません。
2016年4月30日大瀬崎オニカサゴ
どっちが前だか全然わからない、ドトラケモサ
ウミウシの仲間です。
ブツブツなのが本体で、その両サイドにある白いものは、卵塊。
2016年4月30日大瀬崎ドトラケモサ&卵
2本目も、門下で潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  ハナタツ  ビシャモンエビ  ミアミラウミウシ  ガーベラミノウミウシ  マトウダイ  イヤゴハタ  オニカサゴ  ドトラケモサ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年大瀬崎3/27-2- 

早朝ダイビングを終え、お宿で朝食。
ご飯に味噌汁、アジの開きと、定番の和朝食です。
2016年3月27日大瀬崎朝食
お腹を満たして、ダイビングショップを出発。
帰りがけ、干物を仕込みに、増米さんへ。
2016年3月27日大瀬崎増米1
時々、珍しい海産物を売っていることのある、増米さん。
今日はどうかな?
2016年3月27日大瀬崎増米2
定番の商品だけのようです。
では、きびなご
2016年3月27日大瀬崎増米3
地物の、たち(太刀魚)を購入しましょう。
2016年3月27日大瀬崎増米4
増米さんといえば、お腹が一杯になるほどの「試食」。
今回も、たっぷりいただいてしまいました。
2016年3月27日大瀬崎増米5
おまけに、イカの燻製
2016年3月27日大瀬崎増米6
みかんまで頂戴しました。ありがとうございます!
2016年3月27日大瀬崎お土産
これにて、1泊2日の大瀬崎ダイビング、無事終了。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: ダイビング    干物  増米  きびなご  地物たち  イカの燻製  みかん 

[edit]

trackback: -- | comment: 4