09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2016年大瀬崎5/1-2- 

いつものように、長時間にわたる早朝ダイビングになってしまい、
大急ぎでお店に戻って、朝食。
2016年5月1日大瀬崎2朝食
お店の前では、富士山をバックに、鯉のぼりが元気に泳いでいます。
2016年5月1日大瀬崎2鯉のぼり
大瀬崎を出発し、今回は小角水産へ寄り道しました。
2016年5月1日大瀬崎2鯉小角水産1
まずは、戸田の塩を購入。
手作りでとても美味しいんです。
2016年5月1日大瀬崎2鯉小角水産2
季節物の、生しらすも買っておきましょう。
2016年5月1日大瀬崎2鯉小角水産3
小角水産さんに来たら、さばの醤油干は外せません。
2016年5月1日大瀬崎2鯉小角水産4
おつまみ用の、焼とんびも購入。
2016年5月1日大瀬崎2鯉小角水産5
家で美味しいビールが待っているので、そろそろ帰ります。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: ダイビング  大瀬崎  小角水産  干物  戸田  生しらす  さば醤油干  焼とんび 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年大瀬崎5/1-1- 

それでは、朝食の前に早朝ダイビング
どうしても見たい生物がいて、湾内を少し、遠征します。

これが会いたかった、エビ。
エボシカクレエビ属の1種」と呼ばれている(つまり、和名がまだない)
珍しいエビです。
真っ白な住処に、透明感のある白いエビ。
う〜ん、美しい。
2016年5月1日大瀬崎1エボシカクレエビ属の1種
遠征したので、当然、戻ってくるのにも時間がかかり
他の生物を見に行く時間が、あまりありません。
そんな中から、前日、ウサギトラギスを探している時に見つけた
ヒレボシミノカサゴを選んで、見に行きました。
前日と、ほぼ同じ場所にいてくれたので、じっくり堪能。
ところが実は、このあと、行方不明になったそうです。
見られたのは、前日の午後と、この日の午前中だけだったわけで
本当に、運が良かった。
2016年5月1日大瀬崎1ヒレボシミノカサゴの幼魚
前日と同じく、もはや脇役の、ウサギトラギス
エボシカクレエビで、かなり時間を取られていたので、粘れず
背びれを立てるシーンまでは、撮影できませんでした。
2016年5月1日大瀬崎1ウサギトラギス
このあたりの浅場では、マアジの小さな群れが、泳ぎ回っています。
2016年5月1日大瀬崎1マアジ
オオウミウマの幼魚にも、なんとか会いに行けました。
2016年5月1日大瀬崎1オオウミウマの幼魚
さあもう上がらなくては、とフィンを脱ごうとしている時に
ベニツケギンポを発見。
2016年5月1日大瀬崎1ベニツケギンポ
見られた生物の、種類こそ少なかったですが、充実したダイビングでした。
さて急いで宿に戻り、朝食です。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: エボシカクレエビ  ヒレボシミノカサゴ  ウサギトラギス  マアジ  オオウミウマ  ベニツケギンポ  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年大瀬崎4/30-5- 

それでは早速、ナイトダイビングスタート。
まずは砂地にて、ミズダコを発見。
2016年4月30日大瀬崎1ミズダコ
小さな、ホリミノウミウシの仲間。
コンデジで撮るには、かなり厳しいサイズです。
2016年4月30日大瀬崎2ホリミノウミウシの仲間
砂の上では、尾を高々と上げ、しゃちほこ状態で
ロウソクエビが歩いていきます。
2016年4月30日大瀬崎3ロウソクエビ
キサンゴをバックにポーズを取る、ミズヒキガニ。
2016年4月30日大瀬崎4ミズヒキガニ
そしてキサンゴ自体には、キサンゴカクレエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎5キサンゴカクレエビ
綺麗なスナイソギンチャクにお似合いの、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎6ハクセンアカホシカクレエビ
ウミエラが縮んでしまい、隠れているはずのウミエラカニダマシ
丸出しに。
2016年4月30日大瀬崎7ウミエラカニダマシ
こちらは、ウミシャボテンカニダマシ
2016年4月30日大瀬崎8ウミシャボテンカニダマシ
目だけ出して、砂の中に隠れていた、アカエビ
2016年4月30日大瀬崎9アカエビ1
Oつがいに見つかり、慌てて逃げ出しました。
2016年4月30日大瀬崎10アカエビ2
ゴージャスな、アカエラミノウミウシ
もう少し綺麗な場所にいてくれたら、より素敵なのに。
2016年4月30日大瀬崎11アカエラミノウミウシ
こちらは、砂地を移動中の、エムラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎12エムラミノウミウシ
ナマコについていた、小さなメンコガニ。
可愛い〜!
2016年4月30日大瀬崎13メンコガニ
翌日は、早朝ダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ホリミノウミウシ  ロウソクエビ    キサンゴカクレエビ  ハクセンアカホシカクレエビ  ウミエラカニダマシ  ウミシャボテンカニダマシ  アカエビ  アカエラミノウミウシ  エムラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年大瀬崎4/30-4- 

ナイトダイビングの前に、夕食です。
メインはいつものように、陶板焼き
2016年4月30日大瀬崎夕食1
他には、お刺身や
2016年4月30日大瀬崎夕食2
天ぷら。
2016年4月30日大瀬崎夕食3
Oつまの大好物、たらの芽の天ぷらも入っていました。
2016年4月30日大瀬崎夕食5
もずく
2016年4月30日大瀬崎夕食4
箸休めのお新香。
2016年4月30日大瀬崎夕食6
魚の煮付けも、いつも通り。
2016年4月30日大瀬崎夕食7
お吸い物。
2016年4月30日大瀬崎夕食8
陶板焼きが、出来上がりました。
2016年4月30日大瀬崎夕食9
特製のポン酢タレでいただきます。
2016年4月30日大瀬崎夕食10
定番メニューながら、ちょっとした季節物が添えられているんですよね。
さあ、ナイトダイビングへ行ってきます。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: ナイトダイビング  陶板焼き  たらの芽  もずく  大瀬崎 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年大瀬崎4/30-3- 

本日の3本目は、湾内へ。
砂地へ降りると、リュウグウハゼサビハゼが、仲良く3ショット。
2016年4月30日大瀬崎1リュウグウハゼ&サビハゼ
アキノハマカクレエビの人気もだいぶ落ち着いたようで、この日は待ち時間なく撮影できました。
ガラスでできているような、華奢で美しいエビです。
2016年4月30日大瀬崎2アキノハマカクレエビ
ミルには、ナガレモエビがついていました。
2016年4月30日大瀬崎3ナガレモエビ
こちらは、小さな小さな、ホリミノウミウシとその卵塊。
2016年4月30日大瀬崎4ホリミノウミウシの仲間
スナイソギンチャクや海藻に囲まれていた、ミズヒキガニ
カモフラージュのつもりで、海藻の切れ端を、高々と掲げています。
2016年4月30日大瀬崎5ミズヒキガニ
この日は、ニシキハゼも数個体見られました。
2016年4月30日大瀬崎6ニシキハゼ
定番の、クリアクリーナーシュリンプ
慣れると、ヒトが手を差し出しても、キレイにしてくれます。
2016年4月30日大瀬崎7クリアクリーナーシュリンプ
さて、浅場に戻り、目指すはウサギトラギス
ところが、とんでもないものを見つけてしまいました。
ヒレボシミノカサゴの幼魚です。
現地のガイドさんも「大瀬崎で見た記憶がない」とのことなので
もしかしたら、大瀬崎初記録かも?
2016年4月30日大瀬崎8ヒレボシミノカサゴ(幼魚)
本来の目的だったウサギトラギスは、もはやどうでもよくなってしまった上
見つけたのは、背びれのほとんど立たないメス・・・
2016年4月30日大瀬崎9ウサギトラギス
大興奮の3本目が、終了。
夕食の後は、ナイトダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: リュウグウハゼ  サビハゼ  アキノハマカクレエビ  ナガレモエビ  ホリミノウミウシ  ミズヒキガニ  ニシキハゼ  クリアクリーナーシュリンプ  ヒレボシミノカサゴ  ウサギトラギス 

[edit]

trackback: -- | comment: 0