01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

2017年大瀬崎3/12-2- 

2本目は湾内へ。
まずは、セトミノカサゴyg。
2017年3月12日 大瀬崎1セトミノカサゴ
まだ子供なので、泳ぎもどこかおぼつかない感じ。
何よりこの、宇宙空間を思わせる胸鰭がたまりません。
2017年3月12日 大瀬崎2セトミノカサゴ
宇宙空間つながりで、こちらはエイリアンを思わせる、ヤツデイソメ
カギのついた触手を回転させながら、獲物を狙っています。
2017年3月12日 大瀬崎3ヤツデイソメ
そのまま海洋宇宙を漂い、白い小惑星、ハツユキダカラに到着。
2017年3月12日 大瀬崎4ハツユキダカラ
住人には、ベニカエルアンコウもいます。
2017年3月12日 大瀬崎5ベニカエルアンコウ
美しい、パープルのスナイソギンチャクの宮殿に住む女王、ハクセンエビに謁見。
2017年3月12日 大瀬崎6ハクセンエビ
ハクセンエビの後ろには、近衛兵のハクセンアカホシカクレエビの姿も。
身体が透明なので、見えにくいですが・・・
2017年3月12日 大瀬崎7ハクセンエビ&ハクセンアカホシカクレエビ
こちらは惑星の富裕層。
鮮やかなキサンゴの住人、キサンゴカクレエビ
2017年3月12日 大瀬崎8キサンゴカクレエビ
そろそろ惑星探索から戻ります。
宇宙の闇に、星を散りばめたような体色の、スミゾメミノウミウシの見送りがありました。
2017年3月12日 大瀬崎9スミゾメミノウミウシ
2017年大瀬崎、湾内の旅、無事終了。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: セトミノカサゴ  ハツユキダカラ  ヤツデイソメ  ベニカエルアンコウ  ハクセンエビ  ハクセンアカホシカクレエビ  キサンゴカクレエビ  スミゾメミノウミウシ  大瀬崎 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2017年大瀬崎3/12-1- 

2/26の、赤沢でのダイビングがイマイチだったので
今回は、安心確実の西伊豆、大瀬崎へ。
1本目のポイントは、外海の1本松です。

エントリーし、砂地の上を移動している時、スナダコの巣を見つけました。
脚が、まるでカツラみたい・・・
2017年3月12日 大瀬崎1スナダコ
普通種のアオウミウシも、見つけるとつい撮ってしまいます。
2017年3月12日 大瀬崎2アオウミウシ
そして定番のクマノミ。
2017年3月12日 大瀬崎3クマノミ
ヨシオキヌヅツミ
美しい模様と形に、うっとり見とれてしまいます。
2017年3月12日 大瀬崎4ヨシオキヌヅツミ
イイジマフクロウニには、ゼブラガニがついていました。
2017年3月12日 大瀬崎5ゼブラガニ
少し深場に住むウミウシ、カナメイロウミウシ。
2017年3月12日 大瀬崎6カナメイロウミウシ
アカホシカクレエビを撮影中に
2017年3月12日 大瀬崎7アカホシカクレエビ
なんだか左手がピリピリした、O夫。
下を見ると、何もいない。
もう一度、アカホシカクレエビを撮影しようと手をつくと
また、ピリピリします。
「もしや」と思い、砂を掘ってみると、シビレエイが現れました。
乗っかっちゃって、ごめんね。
2017年3月12日 大瀬崎8シビレエイ
擬態上手の、ホリキヌヅツミ
ついているムチヤギのポリプが開いていたら、もっと分かりにくかったはず。
2017年3月12日 大瀬崎9ホリキヌヅツミ
シュスヅツミも、美しい模様だけでなく、小さな帆の付いた形が
可愛らしくて、お気に入りの貝です。
2017年3月12日 大瀬崎10シュスヅツミ
ホリキヌヅツミに負けない、擬態の名人
ハナヤカケボリ
2017年3月12日 大瀬崎11ハナヤカケボリ
体をおもいっきり伸ばしている、サガミリュウグウウミウシ
2017年3月12日 大瀬崎12サガミリュウグウウミウシ
背伸びをした後、向かった先には、ナマコがいます。
2017年3月12日 大瀬崎13サガミリュウグウウミウシ
どうするのか見ていたら、そのまま、ずかずかとナマコの上を通過。
2017年3月12日 大瀬崎14サガミリュウグウウミウシ
こちらは、別個体のナマコ。
イソギンチャクに襲われているようにも、マッサージされているようにも見えます。
2017年3月12日 大瀬崎15ナマコ
何度見ても、どこが頭なのかわからない、ドトラケモサ
おそらく4個体が集まっており、一番上に見える白い塊は
卵塊です。
2017年3月12日 大瀬崎16ドトラケモサ
スミゾメミノウミウシ
こちらにも、ピンク色の卵塊が産み付けられています。
2017年3月12日 大瀬崎17スミゾメミノウミウシ
砂地にポツンと寂しそうな、トラギスの子供。
2017年3月12日 大瀬崎18トラギス
シロハナガサウミウシ
真っ白で綺麗ですが、こいつが大発生すると、ユビノウトサカが食べ尽くされてしまい
それを住処とする、ウズラモエビなどが住めなくなりますので、要注意。
2017年3月12日 大瀬崎19シロハナガサウミウシ
大瀬崎は、いつ潜っても生物がたくさんいて、いいですね!

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ヨシオキヌヅツミ  シュスヅツミ  ホリキヌヅツミ  ハナヤカケボリ  サガミリュウグウウミウシ  シロハナガサウミウシ  スミゾメミノウミウシ  ドトラケモサ  スナダコ  ゼブラガニ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2017年大瀬崎1/29-2- 

2本目のダイビングも、湾内へ潜行。
足元の岩の上では、タカノハダイの幼魚が、休憩中。
2017年1月29日大瀬崎1タカノハダイ(幼魚)
人気のツノザヤウミウシ一族。
食事中のこちらは、カンナツノザヤウミウシ
2017年1月29日大瀬崎2カンナツノザヤウミウシ
ムチカラマツには、角がちょっと汚れた、イボイソバナガニがいました。
2017年1月29日大瀬崎3イボイソバナガニ
砂地に咲く花、セスジミノウミウシ
2017年1月29日大瀬崎4セスジミノウミウシ
小さなスミゾメミノウミウシが、2個体。
2017年1月29日大瀬崎5スミゾメミノウミウシ
大きなヒラメ
ダイバーが近寄っても、ジロリと一瞥するのみ。全く動じません。
2017年1月29日大瀬崎6ヒラメ
鉄板ネタの、中空を睨むコケギンポ
2017年1月29日大瀬崎7コケギンポ
マアジが、ゴロタの上を編隊遊泳中。
2017年1月29日大瀬崎8マアジ
尻尾の綺麗な、ヨウジウオ
ガンガゼのバリアーの中を泳ぎ回り、寄らせてくれません。
ヨウジウオの撮影は難しい。
2017年1月29日大瀬崎9ヨウジウオ
中層を漂う、ゾウクラゲの仲間。
2017年1月29日大瀬崎10ゾウクラゲの仲間
今回は、2本とも湾内を潜りましたが、楽しかったです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: タカノハダイ  カンナツノザヤウミウシ  イボイソバナガニ  セスジミノウミウシ  スミゾメミノウミウシ  ヒラメ  コケギンポ  ヨウジウオ  マアジ  ゾウクラゲ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2017年大瀬崎1/29-1- 

2017年最初のダイビングは、西伊豆大瀬崎からスタート。
マンボウ寄りの桟橋から、湾内へ入ります。

今年、最初に出会った魚は、クロダイでした。
2017年1月29日大瀬崎1クロダイ
ゴミに紛れて隠れている、2〜3センチほどの、メバルの幼魚。
まるで水面に映った、自分の姿を眺めているよう。
2017年1月29日大瀬崎2メバル(幼魚)
近くには、ヨウラククラゲが漂っています。
2017年1月29日大瀬崎3ヨウラククラゲ
それではここから、深度を下げましょう。
2017年1月29日大瀬崎4
タンブヤ・ウェルコニス。
西伊豆のガイドさん達の間では、スルガリュウグウウミウシと呼ばれています。
2017年1月29日大瀬崎5タンブヤウェルコニス
数匹のゴンズイが泳いできました。
2017年1月29日大瀬崎6ゴンズイ
ヤリイカの卵。
ハッチアウトはまだまだ先のようです。
2017年1月29日大瀬崎7ヤリイカの卵
この場所がお気に入りのようで、全く動いてくれない、ミナミギンポ。
2017年1月29日大瀬崎8ミナミギンポ
ナガハナダイ
ハナダイの仲間は、みんな綺麗ですね。
2017年1月29日大瀬崎9ナガハナダイ
こちらは今回のお目当てだった、ハクセンエビ
残念ながら、右側の髭が欠損していました。
ピンクのスナイソギンチャクには、ハクセンアカホシカクレエビもついていて
写真映えするシチュエーションです。
2017年1月29日大瀬崎10ハクセンエビ&ハクセンアカホシカクレエビ
イヤゴハタの幼魚。
とても警戒していて、これ以上寄れません。
2017年1月29日大瀬崎11イヤゴハタ(幼魚)
エボシカサゴのメス。
オスならば、名前の由来になっている、エボシ部分がもっとはっきりしています。
美しいヒレと、上品な佇まいが魅力的。
2017年1月29日大瀬崎12エボシカサゴ
ミヤコウミウシに乗っている、ウミウシカクレエビ
この組み合わせは、初めて見ました。
2017年1月29日大瀬崎13ミヤコウミウシ&ウミウシカクレエビ
ふと水面を見上げると、鵜のお腹が見えています。
魚を狙って、弾丸のように水中を泳ぐ姿が見られるかと
しばらく眺めていましたが、待ちぼうけでした。
2017年1月29日大瀬崎14鵜
浅場は、陽の光が差し込み、とても綺麗。
2017年1月29日大瀬崎15
こうして2017年、初ダイビングが無事終了。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クロダイ  ヨウラククラゲ  メバル  タンブヤウェルコニス  ナガハナダイ  ハクセンエビ  ハクセンアカホシカクレエビ  エボシカサゴ  ミヤコウミウシ  ウミウシカクレエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2016年大瀬崎12/11-2- 

2本目は外海のポイント、一本松へ。
お目当ての生物はとにかく分かりづらいので、ゆっくり確実に海藻をチェックします。
でも、こんな可愛いアオサハギの幼魚が目に入ったりして、なかなか集中できません。
2016年12月11日大瀬崎1アオサハギ(幼魚)
ようやく、見つかりました。
フィコカリス・シムランス。
ちぎれた海藻にしか見えませんが、小さな小さなエビです。
2016年12月11日大瀬崎2フィコカリスシムランス
見失わないように、目を皿のようにして写真を撮影し、大満足。
その後は、惰性のようなダイビングとなりました。
とりあえず、クマノミでも。
2016年12月11日大瀬崎3クマノミ
ついでにイソギンチャクの中を見ると、イソギンチャクエビを発見。
2016年12月11日大瀬崎4イソギンチャクエビ
何か気になることがあるのか、一点をじっと見つめて動かない、サガミリュウグウウミウシ
2016年12月11日大瀬崎5サガミリュウグウウミウシ
白バージョンの、ハナタツの幼魚。
2016年12月11日大瀬崎6ハナタツ(幼魚)
スケロクウミタケハゼもいました。
2016年12月11日大瀬崎7スケロクウミタケハゼ
綺麗な貝が2種類。
まずは、トラフケボリダカラガイ
2016年12月11日大瀬崎8トラフケボリダカラガイ
そして、ツリフネキヌヅツミガイのペア。白い部分は卵です。
2016年12月11日大瀬崎9ツリフネキヌヅツミガイ
浅場に戻る途中、いいサイズのイサキが、目の前を横切って行きました。
2016年12月11日大瀬崎10イサキ
フィコカリスシムランス、念願叶って、やっと見られました。
嬉しかった〜。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: アオサハギ  フィコカリスシムランス  クマノミ  イソギンチャクエビ  サガミリュウグウウミウシ  ハナタツ  スケロクウミタケハゼ  トラフケボリダカラガイ  ツリフネキヌヅツミガイ  イサキ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0