04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

長崎5/12-5- 

長崎最後の夜の夕食は、豪勢に。
食いしん坊の同僚さんが、どうしても一度食べてみたいと
前から予約を入れていた、いかにも歴史のありそうな「春海」さんで
いただきます。
5月12日夕食会場1
食事会場は、和室でした。
Oつまも初めていただくお料理、それは・・・
5月12日夕食会場2
かの有名な、卓袱料理です!
さあ、宴会のスタート。
5月12日夕食
ほんとうは頂く順序など、食事の作法がいろいろとあるのですが
「あまり型にはまらずにどうぞ」と、ゆったりとしたもてなしをして下さいました。
こちらは、アラの湯引き
5月12日アラの湯引
甘く煮付けた、十六寸豆
貿易が盛んな土地柄、長崎では砂糖が豊富に使われていたそうです。
5月12日十六寸豆
刺身盛り合わせ。
つまの、かぼちゃの針切りまで美しい。
5月12日刺身盛り合わせ
奥の丸いものは、なんでしょう?
なんと、クリームチーズを朧昆布で巻いたものです。
5月12日クリームチーズの朧昆布巻き
鯛の身と真薯が入った、椀物。
卓袱料理では、まずこの椀物が配られ、女将さんが、「御鰭をどうぞ」と
挨拶するところから、スタートするそうです。
5月12日椀物
大鉢も、上品な和のたたずまいながら
鶏のつくねにはほどよく軟骨が混じり、どこか異国の香りを感じるから
不思議です。
5月12日鶏のつくね
代表的な長崎料理のひとつ、ハトシ
以前、銀座の吉宗でいただいたことがありました。
こちらのハトシは、また一段とリッチな味わい。
5月12日ハトシ
東坡煮
とろけるような絶品でしたが、驚かされたのは付け合せ。
セロリの、粒マスタード和えなのです。
5月12日東坡煮
吸い物も、中鉢で供されます。
青梗菜入り、鶏がらベースのスープです。
「ご飯にかけても美味しいですよ」と、親切な仲居さん。
5月12日吸い物
最後に、水菓子(メロンと、いちご)
5月12日水菓子
そして、お汁粉
紅白の、小さなお餅が入っています。
5月12日お汁粉
お茶を頂きながら、コースの余韻を楽しみました。
5月12日お茶
お部屋やお料理、サービスまで行き届いた、「春海」さんのおかげで
初めての卓袱料理を、存分に堪能することができました。
この後は腹ごなしに、夜の長崎の街を散策します。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行記

ジャンル: 旅行

タグ: 長崎  卓袱  十六寸豆  アラの湯引き  ハトシ  東坡煮  水菓子  お汁粉  春海 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

筑波山-6- 

筑波山を下り、来る途中に「日帰り入浴」の看板を見かけた
いやしの里へ行ってみました。
いやしの里
受付でお金を払い、早速温泉へ。
こちらは、男湯の入り口。
男湯入り口
男湯の脱衣所。
とても綺麗なうえ、誰もいません。
貸切のようです。
脱衣所
浴室も、とても綺麗です。
浴室
内湯には、炭酸温泉浴の湯船がありました。
ボタンを押すと、ブ~ンと音がして、細かい泡が湯船の中一杯に広がります。
炭酸温泉浴
小さい露天風呂でしたが、貸切なので、広く感じます。
気持ちいい~。
露天風呂
テラスもありますが、外から丸見えです。
テラス
で、外には何があるかというと、ゴルフ場(パターゴルフ?)があります。
露天風呂からの風景
温泉で汗を流したあとは、昼食をとるために、道の駅しもつまへ移動。
道の駅しもつま
とにかくお腹が空いていたので、道の駅しもつま内にある
美味しいと評判の、そばのめいじん亭へ。
めいじん亭
店内は少し混んでいましたが、無事に席を確保。
店内
注文したのは、山菜きのこそば(大盛)。
山菜きのこそば
麺好きの方のブログで、時々見かける、麺リフト。
Oつがいも、挑戦してみました。
美味しそうに、見えるでしょうか?(笑)
麺リフト
お腹を満たしたら、お土産を買いに、物産センターへ。
物産センター
まずは、大好きな麺類のコーナー。
奥にある「重ね羽二重めん」を購入。
麺類コーナー
こちらは、匠のうどん。
凄い長さです。
匠のうどん
もちろん、地酒コーナーのチェックは、欠かしません。
地酒コーナー
とまとブームなので?とまとドレッシングを購入。
とまとドレッシング
各地の醤油や味噌に、目がないOつがい。
木桶仕込み二年もの醤油を、購入。
二年もの醤油
道の駅しもつまを、出発。
首都高を走行中、スカイツリーが、すぐ近くに見えました。
こんなに近くで見たのは、初めてです~。
スカイツリー
日もだいぶ暮れてきたところで、モノレールと並走。
モノレールと並走
辺りがさらに暗くなった頃、羽田を通過。
空港の明かりが、綺麗です。
羽田の灯り
そして無事、帰宅。
もっと明るいうちに帰宅する予定が、すっかり遅くなってしまいました。

テーマ: 国内旅行記

ジャンル: 旅行

タグ: 筑波山  温泉  いやしの里  道の駅しもつま  山菜きのこそば  重ね羽二重めん  とまとドレッシング  木桶仕込み二年もの醤油  スカイツリー 

[edit]

大瀬崎10/2-3- 

大瀬崎でのダイビングの後は、いつものように、干物屋へ。
今回は、獅子浜にある「ますよね」さんに、寄ってみました。
ますよね
店内に入り、早速品定め。
店内
この日、Oつがいの目を釘づけにしたのは、地物本えび
船から揚げてすぐ加工したという、レアものです。
もちろん、購入。
えび
伊豆では珍しいめひかりですが、最近ではOつがいの定番と化しています。
こちらも、購入。
めひかり
もう1品、これも珍しい、つぼ鯛を購入。
つぼ鯛
買い物を済ませ、帰ろうとするOつがいに
「ちょっと待って、少し食べていって」と、試食コーナーで
干物を焼き始める、お店のお姉さん。
試食コーナー
いつ来ても「ますよね」さんは、たっぷり試食させてくれます。
今回は、えびや小あじなど、色々いただいてしまいました。
う~ん、どれも絶品!
試食品
干物を食べ終えて、今度こそ帰ろうとしたら
土砂降りだからと、傘を貸してくれた、お姉さん。
借りた傘を返しに、また行かなくては。

テーマ: 国内旅行記

ジャンル: 旅行

タグ: ますよね  大瀬崎  ダイビング  干物  獅子浜  えび  めひかり  つぼ鯛 

[edit]

井田5/6-3- 

天候が悪化する前に、出発します。
最後に井田名物、防波堤に描かれたタカアシガニの写真を、ぱちり。
防波堤のタカアシガニ
井田から、獅子浜へやってきました。
到着した頃には、ベタ凪だった海が、大時化に。
正面に見えているのは、獅子浜のダイビングエントリー口。
もはやエントリーは、無理そうです。
時化てきました
寄り道したのは、獅子浜ダイビングセンターのオーナーに教えてもらった
ひもの屋「増米」さん。
増米
さて、今日はどれにしようか迷った結果・・・
地物かますと
地物かます
地物きびなごに、決定。
地物きびなご
さらに「帰り道に食べて」と、焼き立てのイカとハリコ(サンマの子供)を
いただいてしまいました。
お母さん、ありがとうございます。
イカとハリコ
帰宅し、早速、ひものをいただきます。
同じ獅子浜の、他店のひものに比べると、あっさり系。
隣り合うお店でも、味が全然違うんですね。
かます
ご覧ください、きびなごの、この鮮度!
きびなご
伊豆にダイビングへ行けば、帰りは「ひもの」購入が
すっかり定番になってしまった、Oつがいです。

テーマ: 国内旅行記

ジャンル: 旅行

タグ: 井田  獅子浜  ひもの 

[edit]

雲見~井田 

4本目のダイビングに、行く予定だったのですが
急激に、海況が悪くなってきました。
どうやら船は、もう出ないようです。
荒れてきました
-- 続きを読む --

テーマ: 国内旅行記

ジャンル: 旅行

タグ: 雲見  井田  ダイビング 

[edit]