fc2ブログ

2022年東京モノレール9/15

2023.02.07(Tue) | EDIT

整備場駅に、美味しいお店があると聞き
浜松町から、東京モノレールに乗って、行ってきました。
2022年9月15日1東京モノレール1
本数が多いので、1本待てば座ることができました。
2022年9月15日2東京モノレール
浜松町を出発すると、海沿いの倉庫街とその奥に、レインボーブリッジが見えます。
2022年9月15日3東京モノレール
運河を挟んで、首都高と並走すると
2022年9月15日4東京モノレール
羽田空港はすぐそこ。
ちょうど旅客機が離陸していくところでした。
2022年9月15日5東京モノレール
海上保安庁の格納庫を過ぎれば
2022年9月15日6東京モノレール
整備場駅に到着。
2022年9月15日7東京モノレール
そして目的のお店は、駅の真ん前にあリます。
スポンサーサイト



2022年道の駅ふれあいパーク・きみつ8/7

2023.02.02(Thu) | EDIT

湖水亭嵯峨和さんで、昼食をとることができなかったので
近くにある、道の駅ふれあいパークきみつに移動。
ここは何度か来たことがあるのですが、なんだか雰囲気が違います。
以前のような活気が全くない。
一体どうしちゃったんだろう?
2022年8月7日1道の駅ふれあいパーク・きみつ
とりあえず目的の食事をしに、レストランへ。
2022年8月7日2道の駅ふれあいパーク・きみつ
ハンバーグカレーを注文したO夫。しかし出てきたのは、ハンバーグのない素カレー。
スタッフに告げると
「ごめんなさい」と、慌ててハンバーグを温め始めました。
随分待って、少し冷めたカレーの上に、ほかほかのハンバーグが乗り
ようやくハンバーグカレーの完成。
2022年8月7日3道の駅ふれあいパーク・きみつ
お詫びにと、この道の駅で販売している、永光卵のゆで卵をいただきました。
2022年8月7日4道の駅ふれあいパーク・きみつ
Oつまは、オムライス(サービスの永光卵のゆで卵付き)。
2022年8月7日5道の駅ふれあいパーク・きみつ
なかなか美味しそうなオムライスです。
2022年8月7日6道の駅ふれあいパーク・きみつ
O夫も、せっかくいただいたので、トッピング。
2022年8月7日7道の駅ふれあいパーク・きみつ
食事の後は、その永光卵
2022年8月7日8道の駅ふれあいパーク・きみつ
だしづくしみそ
2022年8月7日9道の駅ふれあいパーク・きみつ
お醤油を購入。
2022年8月7日10道の駅ふれあいパーク・きみつ
駅ふれあいパーク・きみつ。
コロナの影響で人がいないのか、はたまた別の理由があるのか・・・
便利な場所にあるので、無くなってほしくないなぁ。

2022年亀山温泉 湖水亭嵯峨和8/7

2023.01.30(Mon) | EDIT

以前から気になっていた、黒いお湯だという温泉(モール泉)。
千葉に、日帰り入浴ができるモール泉を発見しました。
それがこちら「亀山温泉 湖水亭嵯峨和」さんです。
2022年8月7日1嵯峨和
早速、受付へ行くと
「お昼から団体さんの予約が入っていて、今日は日帰り入浴をやっていないんです」
2022年8月7日2嵯峨和
がっかりして、建物から出ようとした時、奥から社長らしき年配の男性が現れ
「団体さんの到着はお昼だから、今なら温泉に入っていいですよ」
なんて優しい。
調子に乗って、お昼をいただけないか伺うと
「それは、ごめんなさい。今日は団体さんの分しか仕込みをしていないのです」
いやいや、温泉をいただけるだけで、十分ありがたいです。
それでは早速、温泉へ。
2022年8月7日3嵯峨和
広くはないですが、清潔な脱衣所。
2022年8月7日4嵯峨和
お風呂は日替わりで、男湯と女湯が入れ替わるそう。
この日の男湯は、岩風呂でした。
2022年8月7日5嵯峨和
洗い場は小さいですが、お風呂の大きさを考えたらちょうどいいくらいなのかな。
2022年8月7日6嵯峨和」
そしてこれが黒い温泉(モール泉
正確に言うと、透明かつ茶褐色のお湯です。
自家源泉100%の、ナトリウムー炭酸水素塩泉。
2022年8月7日7嵯峨和
この日の女湯は、こちら。
2022年8月7日8嵯峨和
お風呂の形が普通な代わりに、目の前に亀山湖が広がる、最高のロケーション。
(岩風呂は、ほぼ眺望がありません)
2022年8月7日9嵯峨和
社長らしき男性から聞いたお話によると
常連さんは、自分が入浴する日は予め、どちらのお風呂に入りたいか
希望を出しておくそうです。
そのため、男風呂が2日連続で、岩風呂になったりすることもあるとか(笑)
アットホームな、湖水亭嵯峨和さん、次回は宿泊で来たいなぁ。

2021年佐倉きのこ園11/21

2022.09.07(Wed) | EDIT

Oつがいは、きのこ好き。
O夫が前から行きたかった念願の佐倉きのこ園で、きのこ狩りをしてきました。
2021年11月21日1佐倉きのこ園 
事前に申し込めば、収穫したきのこはもちろん、食材も用意してくれて
BBQを楽しむこともできるようです。
2021年11月21日3佐倉きのこ園
受付を済ませたら
2021年11月21日2佐倉きのこ園
いよいよ、きのこの栽培所へ。
2021年11月21日4佐倉きのこ園
栽培所の中の写真、動画撮影、いずれもOKです。
2021年11月21日5佐倉きのこ園
ずらりと並んだ菌床の中から、手頃な大きさの椎茸を探し
2021年11月21日6佐倉きのこ園
お借りした、きのこ収穫用のハサミで、切り落とします。
2021年11月21日7佐倉きのこ園
いい感じの椎茸を見つけました。
ぽこんと生えた感じが、なんだか可愛いです。
2021年11月21日8佐倉きのこ園
きのこをハサミで切るだけなのに、これが楽しい。
夢中になってしまいました。
2021年11月21日9佐倉きのこ園
たくさん収穫し、受付でお支払い。
ついでに、地物の野菜も買っていきます。
2021年11月21日10佐倉きのこ園
お土産用の、椎茸栽培セット。
これがあれば、自宅でも美味しいしいたけが食べらるのですが
Oつまから却下されました。
2021年11月21日11佐倉きのこ園
時期によっては椎茸の他に、キクラゲ狩りもできるそうです。
来年、またぜひ行きたいと思います。

2021年東京湾フェリー10/24

2022.06.24(Fri) | EDIT

かねなか」さんで食事を終え、帰路につきました。
館山道を走っていると、ラジオの交通情報がアクアラインの渋滞を告げています。
「混んでいると分かっているのに、アクアラインを通るのは嫌だなぁ」と
ちょうど金谷の手前だったこともあり、館山道を降り金谷港へ。
昔は、川崎の浮島と千葉の木更津を繋ぐフェリーがありましたが
アクアラインの開通とともに廃止。
残った久里浜〜金谷航路は盛況のようで、凄い台数の車が、フェリーの到着を待っています。
2021年10月24日1東京湾フェリー
Oつがいも、急いで乗船手続き。
2021年10月24日2東京湾フェリー
フェリーが到着しました。車を移動します。
2021年10月24日3東京湾フェリー
ここから、フェリーの中に入ります。
2021年10月24日4東京湾フェリー
フェリーの入り口は、クランク状になっていて、初心者のドライバーには
難しそうに見えますが、みなさん上手に船内へと入っていきます。
2021年10月24日5東京湾フェリー
船内に入ると、係の方の誘導があります。
2021年10月24日6東京湾フェリー
指示された場所に車を停め、船内へ。
2021年10月24日7東京湾フェリー
駐車スペースから客室に移動している間に、早くも出航していました。
2021年10月24日8東京湾フェリー
今回乗船したのは、かなや丸
2021年10月24日9東京湾フェリー
東京湾フェリーの航路。
2021年10月24日10東京湾フェリー
船に乗るのは久しぶり。
なんだか、ワクワクしてしまいます。
船内散策した後は、売店へ。
2021年10月24日11東京湾フェリー
最後の1個のたこ焼き。
帰宅してからのビールのアテ用に、購入しておきましょう。
2021年10月24日12東京湾フェリー
さらに何かないかと探していると
2021年10月24日13東京湾フェリー
御船印」?
御朱印が流行り出してから、いろんなバリエーションができましたが
御城印にも手を出さなかったOつがい。ついに始めてしまいました。
記念すべき最初の御船印が、かなや丸と言うわけです。
2021年10月24日14東京湾フェリー
デッキに出ると、久里浜港からやってきた「しらはま丸」とすれ違いました。
次の御船印は、このしらはま丸になりそうですね。
2021年10月24日15東京湾フェリー
船内をウロウロしているうちに、久里浜港が近づいてきました。
あっという間です。
2021年10月24日16東京湾フェリー
まもなく着岸。
結局、一度も座ることなく、久里浜港に到着。
2021年10月24日17東京湾フェリー
車に戻り、下船します。
2021年10月24日18東京湾フェリー
久しぶりに船に乗りましたが、短い時間でも旅行気分が味わえて楽しいですね。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR