08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

2016年奄美大島11/4-4- 

2本目のダイビング後、本日も船上で昼食。
例のコンビニで調達した、おにぎりですが
昨日のように、脅されることはありませんでした(笑)
2016年11月4日奄美大島・灯台下1お昼ご飯
さて3本目のポイントは、灯台下。
エントリーしてすぐ、綺麗な場所に佇む、イシヨウジを見つけました。
2016年11月4日奄美大島・灯台下2イシヨウジ
ミズタマサンゴの上に、ちょこんと乗っかっていた、アカスジウミタケハゼ
2016年11月4日奄美大島・灯台下3アカスジウミタケハゼ
砂地でたそがれる、ワカヨウジ。
2016年11月4日奄美大島・灯台下4ワカヨウジ
クマノミは伊豆にもいますが、暮らしているイソギンチャクが
伊豆より断然、綺麗です。
2016年11月4日奄美大島・灯台下5クマノミ
灯台下にいたオトメハゼは、ペアではなく、単体でした。
2016年11月4日奄美大島・灯台下6オトメハゼ
O夫の大好きなヤクシマキツネウオが、ここにはたくさんいました。
2016年11月4日奄美大島・灯台下7ヤクシマキツネウオ
ゲンロクダイも、そこここに。
2016年11月4日奄美大島・灯台下8ゲンロクダイ
サラサハゼ
地味なハゼですが、こう見えて伊豆にはいません。
2016年11月4日奄美大島・灯台下9サラサハゼ
背鰭をピコピコ動かす姿が可愛いと人気の、ハタタテハゼのペア。
2016年11月4日奄美大島・灯台下10ハタタテハゼ
ミゾレチョウチョウウオ
群れていると、よけいに南国気分が盛り上がります。
2016年11月4日奄美大島・灯台下11ミゾレチョウチョウウオ
どことなく上品な雰囲気が漂う、ハナビラクマノミ。
2016年11月4日奄美大島・灯台下12ハナビラクマノミ
ハナヒゲウツボの幼魚を、久しぶりに見つけました。
この魚も、成長すると体色が全く変わります。
2016年11月4日奄美大島・灯台下13ハナヒゲウツボ
ヒレナガハギの幼魚。
可愛いのは、ギリギリこのステージまでかな。
2016年11月4日奄美大島・灯台下14ヒレナガハギ
イッテンチョウチョウウオも、だいぶ見慣れてきました。
2016年11月4日奄美大島・灯台下15イッテンチョウチョウウオ
ソメワケヤッコ
サンゴの隙間を、チョロチョロ泳ぎまわり、全然うまく撮れません。
悔しい〜。
2016年11月4日奄美大島・灯台下16ソメワケヤッコ
とても楽しいポイントでした。
さすがシケオくん、Oつがいの好みをよくわかっています。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ヒレナガハギ  アカスジウミタケハゼ  ソメワケヤッコ  オトメハゼ  ヤクシマキツネウオ  ゲンロクダイ  サラサハゼ  ハタタテハゼ  ミゾレチョウチョウウオ  ハナヒゲウツボ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年奄美大島11/4-3- 

11月4日、2本目のポイントは、三角岩PartII。
エントリーして、最初に見つけたのは、イロブダイ(幼魚)
こんなに可愛い子が、成魚になると、ど迫力の姿形に変身します。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII1イロブダイ(幼魚)
移動を始めると、マダラタルミ(幼魚)が
突然現れたダイバーに驚き、慌てて縦方向に逃げて行きました。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII2マダラタルミ(幼魚)
ここ三角岩PartIIは、地形ポイント。
このように、あちこちの岩に亀裂があり、その下は洞窟になっています。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII3
それではOつがいも、洞窟の中へ。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII4
洞窟の中には、暗いところが好きな魚が住んでいます。
これは、いつもお腹を上にして泳いでいる、ツバメタナバタウオ
地味に見えますが、光をあてると、綺麗な体色が現れます。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII5ツバメタナバタウオ
洞窟の出口が見えてきました。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII6
出口では、O夫の大好きなセナキルリスズメダイが迎えてくれました。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII7セナキルリスズメダイ
久しぶりに会えた、モンガラカワハギ
ダイビングを始めたばかりの頃は、このカラーリングにビックリしました。
何度見ても、斬新です。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII8モンガラカワハギ
伊豆では見られない、ハナビラクマノミ
前日に見たセジロクマノミと、どこが違うか比べてみてください。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII9ハナビラクマノミ
岩の亀裂の間を縫うように移動しては、上を見上げると、こんな光景が。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII10
光のカーテンを浴びながら、深度を上げます。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII11
亀裂の上に出ました。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII12
ここが棚の上。
ところどころに、小さなテーブルサンゴが見えます。
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII13
水面下をスイスイ泳いでいるのは、ダツ
2016年11月4日奄美大島・三角岩PartII14ダツ
最近は、生物観察メインで、地形ポイントは潜っていませんでしたが
暗がりならではの生物もいるし、やっぱり面白いですね。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: イロブダイ  マダラタルミ  ツバメタナバタウオ  セナキルリスズメダイ  モンガラカワハギ  ハナビラクマノミ  ダツ  ダイビング  サンゴ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2016年奄美大島11/4-2- 

11月4日、最初のポイントは、黒崎西の西。
エントリーし、まずは大好きな魚、ハタタテハゼのペアを撮影。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西1ハタタテハゼのペア
伊豆では珍しい、ヤノダテハゼ
尾鰭の綺麗なハゼです。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西2ヤノダテハゼ
シケオくんから、このポイントはサメがいると聞いていたので
見られるのを楽しみにしていました。
しかし、どうやら先に、Oつがいの存在に気づかれたようです。
ポツンと佇んでいたのは、ゲンロクダイ
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西3ゲンロクダイ
ダイバーとは現金な生き物で、最初は大喜びしていた
スミツキトノサマダイのペアも、2日目ともなると、普通種扱いに降格。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西4スミツキトノサマダイ
初日のモンハナシャコに続き、マルハナシャコ(幼体)も
砂の上を、のしのし歩き回っていました。
奄美大島のシャコは、気が強いんでしょうか。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西5マルハナシャコ(幼体)
アクアリストに人気で、渦巻きと呼ばれているらしい、
タテジマキンチャクダイ(幼魚)。
成体になると、ぜんぜん違う姿になります。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西6タテジマキンチャクダイ(幼魚)
奄美大島では普通種なのかな?
初日に続き、ユキヤマウミウシがいました。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西7ユキヤマウミウシ
よく考えてみると、奄美大島はイボウミウシの仲間が多いのかも。
これは、コイボウミウシ。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西8コイボウミウシ
さらに、ソライロイボウミウシ
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西9ソライロイボウミウシ
もう1種、アミメイボウミウシ。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西10アミメイボウミウシ
浅場に戻ってきたところで、明らかに不自然な岩を発見。
正体は、タコです。
擬態ヘタすぎ〜(Oつがいに見つかって、興奮中)。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西11タコ
ご多分に洩れず、浅場は、幼魚天国でした。
こちらは、ニセネッタイスズメダイ(幼魚)。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西13ニセネッタイスズメダイ(幼魚)
レモンスズメダイ(幼魚)もいました。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西12レモンスズメダイ(幼魚)
2本目は何が見られるでしょうか?楽しみです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ハタタテハゼ  ヤノダテハゼ  ゲンロクダイ  スミツキトノサマダイ  マルハナシャコ  ユキヤマウミウシ  ソライロイボウミウシ  アミメイロウミウシ  ニセネッタイスズメダイ  レモンスズメダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年奄美大島11/4-1- 

今朝も、寅さんの暖簾をくぐり、食堂へ向かいます。
2016年11月4日奄美大島・朝食1
壁には魚拓が貼られています。
お客さんが釣ったものなのかな?
2016年11月4日奄美大島・朝食2
本日の朝食。
2016年11月4日奄美大島・朝食3
食後まもなく、お迎えのシケオくんの車で、ダイビングショップへ。
2016年11月4日奄美大島・朝食4
Oつがい貸切の、広々とした器材置き場。
2016年11月4日奄美大島・朝食5
海へと突き出した桟橋を歩いて、ボートへ向かいます。
2016年11月4日奄美大島・朝食6
昨日に続き、ボートも貸切。なんて贅沢〜。
2016年11月4日奄美大島・朝食7
それでは出航!
2016年11月4日奄美大島・朝食8
目の前を横切っていくのは、加計呂麻島行きのフェリーだそうです。
2016年11月4日奄美大島・朝食9
ダイビングポイントに到着するまで、甲板に寝転がっていると
刻々と形を変えながら飛ぶ、鳥の群れが現れました。
魚でも鳥でも、群れは見ていて飽きません。
2016年11月4日奄美大島・朝食10
さあ間もなく、本日のダイビングポイントに到着です。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: ダイビング  加計呂麻島   

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年奄美大島11/3-4- 

ダイビング初日、4本目のポイントは、ウメイロパラダイス。
シケオくんによると、名前の通り、ウメイロの群れが見られるポイントだそう。
張り切ってエントリー!
ところが、暗い・・・見えない・・・
午後になり、透明度が一気に落ちてしまったようです。
仕方なく気持ちをワイドモードから、いつものマクロモードに切り替え、捜索開始。

最初に見つけたのは、コンペイトウウミウシ
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス1コンペイトウウミウシ
ミズタマサンゴを覗いてみると、バブルコーラルシュリンプがいました。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス2バブルコーラルシュリンプ
O夫の大好きな、ヤクシマキツネウオ
この色合いが、たまりません。
もう少し明るければなぁ。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス3ヤクシマキツネウオ
キハッソクは、何故かそこらじゅうにいます。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス4キハッソク
これが、ポイント名の由来になったウメイロです。
あちこちに、群れていることはわかるのですが・・・
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス5ウメイロの群れ
エダサンゴの周りには、ネオンテンジクダイの幼魚が群れています。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス6ネオンテンジクダイの群れ
ユキヤマウミウシ。初めて見ました。
素敵な名前のウミウシですね。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス7ユキヤマウミウシ
チョウチョウウオの仲間は、神経質なものが多いですが
この美しいウミヅキチョウチョウウオも、なかなか寄らせてくれません。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス8ウミヅキチョウチョウウオ
おなじみの、ナマコカクレエビ
しかし伊豆に比べると、ホストのナマコが圧倒的に巨大です。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス9ナマコカクレエビ
こうして初日の4ダイブ、無事終了。
今日はシケオくんと一緒に、夕食です。
タグ: コンペイトウウミウシ  バブルコーラルシュリンプ  ミズタマサンゴ  ヤクシマキツネウオ  キハッソク  ウメイロ  ネオンテンジクダイ  ユキヤマウミウシ  ナマコカクレエビ  ウミヅキチョウチョウウオ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2