fc2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2021年月夜野10/31-6- 

矢瀬遺跡から、こんな山奥にまでやってきました。
あちこちに見事な紅葉が広がっています。
2021年10月31日1迦葉山龍華院弥勒寺
ここは、迦葉山龍華院弥勒寺
天台宗の寺院として開山したのち、曹洞宗に改宗され
江戸時代には徳川家から10万石の格式を許された、由緒あるお寺です。
案内図を見ると、かなり広そう。
2021年10月31日2迦葉山龍華院弥勒寺
階段を登ると、左手に坐禅堂が現れます。
2021年10月31日3迦葉山龍華院弥勒寺
坐禅堂の前で睨みをきかせている、巨大な「身代わり大天狗」面。
中興開山の僧侶を助けた、中峰という神童が、いつしか霊験あらたかな
迦葉天狗として崇められるようになったそうです。
2021年10月31日4迦葉山龍華院弥勒寺
天狗の下駄も置かれています。
熊出没注意との看板がありますが
「そりゃ出るだろうね」というほどの山奥です。
2021年10月31日5迦葉山龍華院弥勒寺
坐禅堂から拝殿へ行く途中にある鐘楼。
2021年10月31日6迦葉山龍華院弥勒寺
拝殿。
2021年10月31日7迦葉山龍華院弥勒寺
参拝をし、さらに奥へ進みます。
中雀門は、変わった作りになっていて
2021年10月31日8迦葉山龍華院弥勒寺
一度、門の中で降ります。
ここにも、熊出没注意の案内が。
2021年10月31日9迦葉山龍華院弥勒寺
門の外で再び地上に出ると、目の前に朱色の橋が現れます。
2021年10月31日10迦葉山龍華院弥勒寺
橋を渡り階段を登ると

2021年10月31日11迦葉山龍華院弥勒寺目の前には迦葉堂があります。
2021年10月31日12迦葉山龍華院弥勒寺
迦葉堂が一番高い場所にあり、そこから下る途中にあるのが、開山堂
2021年10月31日13迦葉山龍華院弥勒寺
朱色の橋に戻ってきました。
2021年10月31日14迦葉山龍華院弥勒寺
なんとなく立ち寄った迦葉山龍華院弥勒寺でしたが、参拝客も多く
歴史を感じる良いお寺でした。改めてゆっくり再訪したいものです。


迦葉山龍華院弥勒寺を出発し、この旅最後の秘湯へ。
それがここ、奈女沢温泉釈迦の霊泉
とにかく、辿り着くまでの道が、まず凄い。
舗装されていない細い1本道で、対向車が来たら、すれ違いはまず無理かと思われます。
2021年10月31日16釈迦の霊泉
温泉施設にも「熊出没注意、施設内でも本当に出ます。」
ゆっくり写真を撮っている余裕はなく、急いで建物の中へ。
2021年10月31日15釈迦の霊泉
受付では、係の女性が「ペットボトルは持っていますか?」
入浴者は、4Lまで源泉を汲んでよいそうです。
「体にいいから、用意してあるコップでたくさん飲んでいってくださいね」
ラジウム鉱泉である奈女沢温泉は、種々の病に効能があるとされています。
また入浴すると、芯から体が温まり、肌もすべすべになります。
行くのは大変ですが、とてもいい温泉でした。
スポンサーサイト



テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 迦葉山龍華院弥勒寺  矢瀬遺跡  坐禅堂  天狗  迦葉堂  開山堂  奈女沢温泉釈迦の霊泉 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2021年月夜野10/31-5- 

矢瀬遺跡は、矢瀬親水公園の中にあります。
入り口には
2021年10月31日1矢瀬遺跡
小さな集落に始まり、川から水路をひき徐々に大きくなっていった
矢瀬ムラの変遷が、モニュメントとして展示されています。
2021年10月31日4矢瀬遺跡
遺跡は、平成4年みなかみ町の町営土地改良および町道建設工事に伴う
発掘工事で発見されました。
基本的には、配石墓群の周りに居住区間(住居跡22軒)が広がる集落形態です。
2021年10月31日6矢瀬遺跡
集落は、排水路をもつ土木工事による水場や
2021年10月31日7矢瀬遺跡
祭壇と推定される構造物
2021年10月31日8矢瀬遺跡
半裁材(丸太を縦半分に割った木材)方形木柱列を含む
54本の木柱を使用した、祭祀的空間や作業空間を併せ持つ
コンパクトかつ、計画的に設計されたムラであることがわかっています。
2021年10月31日9矢瀬遺跡
矢瀬遺跡の目玉は、この建物の中にある
2021年10月31日10矢瀬遺跡
四隅袖付炉です。
縄文時代の炉といえば通常、石で囲っただけの簡素なものですが
ご覧の通り、四つの隅にそれぞれ細長い石を漢字の「目」の字のように組んでおり
全国でここだけでしか見つかっていない、特別な遺構です。
2021年10月31日11矢瀬遺跡
この遺跡を守るため、建設予定だった道路は迂回させたそうです。
月夜野地区に散在する一連の遺跡を通じて、石を重用した独特の文化が
この地域に花開いていたことを、実感できました。
念願だった矢瀬遺跡を見学したあとは、山奥にあるお寺へ向かいます。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 矢瀬親水公園  矢瀬遺跡  矢瀬ムラ  みなかみ町  配石墓群  四隅袖付炉 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2021年月夜野10/31-4- 

それでは深沢遺跡配石遺構の隣にある、月夜野郷土歴史資料館へ。
2021年10月31日1月夜野郷土歴史資料館
旧石器時代から近世にかけての、この地域の歴史を語る出土品や民俗資料などが
展示されていますが、なんといっても目玉は、ここでしか見ることができない
国史跡「矢瀬遺跡」からの出土品です。
2021年10月31日2月夜野郷土歴史資料館
まずは、矢瀬遺跡について。
縄文時代後期〜晩期にかけて、1000年以上にわたり人々が暮らした
大集落です。
2021年10月31日4月夜野郷土歴史資料館
膨大な数の出土品とともに、水場や祭祀場など、さまざまな遺構が発見されました。
2021年10月31日5月夜野歴史郷土資料館
こちらは、木柱根
最大のもので直径が75cmもあり、水場の周りに建てられていました。
2021年10月31日3月夜野郷土歴史資料館
出土品も多岐にわたります。
たくさんの耳飾り。
2021年10月31日6月夜野郷土歴史資料館
装着すると、こんな感じに。
ちょっと痛そうですが、デザインは凝っていてお洒落。
2021年10月31日7月夜野郷土歴史資料館
土偶も出土しています。
ハート型土偶や下膨れの山形土偶など、北関東でよく見られるものです。
2021年10月31日8月夜野郷土歴史資料館
具象的な人物絵から独特の紋様まで、様々なモチーフが彫られた石板。
2021年10月31日9月夜野郷土歴史資料館
土器や鏃、漁に使われる土錘など。
いずれも当時の豊かさを彷彿とさせる出土品です。
2021年10月31日10月夜野郷土歴史資料館
近辺の城址も紹介されていました。
前日に訪れた、名胡桃城趾のコーナー。
2021年10月31日11月夜野郷土歴史資料館
こうしてみると、遺構の配置がよくわかりますね。
2021年10月31日12月夜野郷土歴史資料館
名胡桃城趾のジオラマまでありました。
2021年10月31日13月夜野郷土歴史資料館
一通り予習をしたところで、実際の矢瀬遺跡へ行ってみましょう。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 月夜野郷土歴史資料館  深沢遺跡配石遺構  矢瀬遺跡  木柱根  土偶  名胡桃城趾  ハート型土偶  山形土偶 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2021年月夜野10/31-3- 

梨の木平敷石住居跡から、郷土資料館に移動するため、道路を渡っていると
「あれっ?」
深沢遺跡配石遺構の標識があります。
実は、今回の旅行で行きたい場所として、候補に入っていたのですが
どうにも場所がよくわからず、諦めていたところでした。
郷土資料館の前に、寄って行きましょう。
2021年10月31日1深沢遺跡配石遺構
ところが最初の標識以降、どこにも案内が見当たらず
「本当にあるのかな?ここは私有地じゃないのかな?」と、心配になった頃
2021年10月31日2深沢遺跡配石遺構
ようやく、建物が見えてきました。
2021年10月31日3深沢遺跡配石遺構
無事、深沢遺跡配石遺構に到着。
2021年10月31日4深沢遺跡配石遺構
配置図。
案内からすると、実際の遺構はこの倍の大きさだったことになります。
2021年10月31日5深沢遺跡配石遺構
今から3500年ほど前の、縄文時代配石墓群(集団墓地)で
全国的にも珍しく貴重なものだそう。
梨の木平敷石住居跡と同様、上越新幹線建設に伴う事前の発掘調査で
現在地より1kmほど北にある、深沢遺跡より出土したそうです。
2021年10月31日6深沢遺跡配石遺構
縄文時代の配石遺構には、環状列石・方形・祭壇状・配石墓などがあり
いずれも祭祀・埋葬に関係していると考えられています。
深沢遺跡より出土した本遺構は、礫を土坑の中や外に配置した埋葬施設で
配石墓に該当します。
発掘調査報告書では50基となっていて、そのうちの一部(10数基)が
この地に移築保存されました。
2021年10月31日7深沢遺跡配石遺構
当地に石を重用した文化が栄えていたことを、実感することができました。
一度諦めた場所ですが、名前を覚えておいてよかったです。
今度こそ本当に、郷土資料館へ。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 深沢遺跡配石遺構  梨の木平敷石住居跡  縄文時代  配石墓群  深沢遺跡  配石墓 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2021年月夜野10/31-2- 

本日の見学地は、どれも近い場所にあるので
道の駅矢瀬親水公園に車を停め、歩いて回ります。

駐車場から坂道を登る途中に、最初の目的地
梨の木平敷石住居跡があります。
2021年10月31日1梨の木平敷石住居跡
昭和51年当時、この場所にはまだ道路がありませんでした。
上越新幹線の上毛高原駅を建設中、利用者がスムーズに駅へ行けるようにするため
県道をつくることになり、その時に発見された遺跡だそうです。
2021年10月31日2梨の木平敷石住居跡
住居跡は建物に守られています。
一見閉まっているように見えますが、ドアは施錠されていないので、中に入れます。
2021年10月31日3梨の木平敷石住居跡
建物の中には、竪穴式住居の建て方の説明や
2021年10月31日4梨の木平敷石住居跡
住居跡の平面図
2021年10月31日5梨の木平敷石住居跡
出土した遺物の出土場所の説明板があり
2021年10月31日6梨の木平敷石住居跡
そして、梨の木平敷石住居跡の実物も見学できます。
敷石住居跡は、縄文時代中期から後期に
関東を中心とした地域に流行していた住居の1つで
近くにある水上石器時代住居跡と比較しても、敷石が美しく整然と敷き詰められ、
残存状態が良いそうです。
当然、周辺には集落が多く存在するだろうと想像されますが
この遺跡がある河岸段丘付近で
縄文時代の住居跡は、1軒しか見つかっていないそうです。
2021年10月31日7梨の木平敷石住居跡
写真ではうまく伝わりませんが、4千年も前に作られたとは思えない美しさでした。
見学できて良かったです。
続いて、近くにある郷土資料館で、もう少し勉強します。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 道の駅矢瀬親水公園  梨の木平敷石住居跡  竪穴式住居  水上石器時代住居跡  縄文時代 

[edit]

trackback: -- | comment: 2