fc2ブログ

カテゴリ:「ツーリング」

2022年富士宮・西湖11/6-6-

2023.04.03(Mon) | EDIT

クニマス展示館を出発、中央道を目指し西湖沿いの道を走ります。
この辺りは、まさに紅葉のベストシーズン。
2022年11月6日1紅葉2022年11月6日2紅葉
富士山西湖紅葉
2022年11月6日3西湖・富士山・紅葉
河口湖ICから中央道へ。
2022年11月6日4中央道・河口湖IC
本線に入る前に、富士急ハイランドのFUJIYAMAが見えました。
このFUJIYAMAは、キング・オブ・コースターと呼ばれていて
4つの世界記録を持っています。
2022年11月6日5富士急ハイランド
中央道本線から見たFUJIYAMA
久しぶりに乗りたくなりました。
2022年11月6日6富士急ハイランド
途中までは順調に流れていた、中央道ですが
2022年11月6日7中央道
やはり、名物の渋滞が始まりました。
2022年11月6日8中央道
2022年最後のツーリングは、これで終了です。

スポンサーサイト



2022年富士宮・西湖11/6-5-

2023.03.28(Tue) | EDIT

西湖蝙蝠穴管理事務所に到着。
ここは訪れたことがあるのですが、以前と比べずいぶん綺麗になっているのにビックリ。
2022年11月6日1西湖蝙蝠穴管理事務所
今回の目的は、西湖蝙蝠穴に入ることではなく
併設している、クニマス展示館の見学です。
2022年11月6日2クニマス展示館
それでは入館(無料です)。
2022年11月6日3クニマス展示館
クニマスと言えば、ご存知の方も多いと思いますが
昔は秋田県の田沢湖に生息していたものの、すでに絶滅していたと思われていた種です。
京都大学から、クニマスのイラスト執筆を依頼されたさかなクンが、参考のために
近縁種であるヒメマスを西湖から取り寄せた時、クニマスに酷似した個体を発見。
以後、京都大学で解剖や遺伝子解析を行った結果
正式にクニマスであると発表されました。
それが、2010年のこと。
2022年11月6日4クニマス展示館
天皇陛下から、お言葉をいただけるほど、貴重な大発見だったのです。
2022年11月6日5クニマス展示館
山梨県知事の挨拶文もあり
2022年11月6日6クニマス展示館
最後に、さかなクンから送られたクニマスの標本を調べた
京都大学の中坊徹次教授の言葉で締めくくられています。
2022年11月6日7クニマス展示館
ここまで来て、Oつがいは「???」
発見者であるさかなクンの名前が、一度も出てこないのは、なぜでしょう。
かな〜りモヤモヤした気持ちは残りますが、引き続き展示を見学します。
まずは、クニマスの故郷である秋田県の田沢湖で、漁に使われていた
田沢湖まるきぶね(国指定重要民俗文化財)の展示。
2022年11月6日8田沢湖まるきぶね
昭和15年以前までは、この船でクニマスの他に、コイ、イワナ、アユ、ウナギを
獲っていたそうです。
2022年11月6日9田沢湖まるきぶね
秋田県の田沢湖が唯一の生息域だった、クニマス。
水力発電用のダム建設に伴い、田沢湖の水質が急速に酸性化したため
1940年代に絶滅したとみられていました。
ただ絶滅前の1935年、人工ふ化実験のため、富士山のふもとにある西湖などへ
受精卵を放流していたそうです。
当時は成魚の発見に至らず、すっかり忘れ去られていましたが
その時の卵から生まれた稚魚が生き延び、交配を繰り返して、生存していたようです。
もう一つ、田沢湖と西湖は類似点が多く、クニマスの生息に適していた環境だったのも
生き延びられた、大きな理由のようです。
2022年11月6日10クニマス展示館
西湖産のクニマスとヒメマスの個体標本。
2022年11月6日11クニマス標本
クニマスとヒメマスは、どこが違うのか?
正直、見ただけでは、ほとんど違いはないように思えます。
2022年11月6日12クニマスとヒメマス
それでは、生きている個体で見比べてみましょう。
まずは、クニマス。
2022年11月6日13クニマス
続いて、ヒメマス
2022年11月6日14ヒメマス
Oつがいには、クニマスの方が「やや黒い」くらいしか分かりません。
実際にこれまでも西湖では「クロマス」と呼ばれ、存在自体は認識されていましたが
単にヒメマスの黒い個体だろうと思われていたそうです。
それを「これは!?」と見抜いたさかなクンは、やっぱりすごい!

2022年富士宮・西湖11/6-4-

2023.03.22(Wed) | EDIT

富士山本宮浅間大社を出発。
2022年11月6日1宮町西交差点
富士宮の街中を走っていると、時々歴史を感じさせる建物を見かけます。
こちらは酒蔵さんでしょうか。
2022年11月6日2高砂
富士山を眺めながら、414号線を走行。
2022年11月6日3414号線
朝霧高原では、ありそうであまり見ない「富士山と牛」の組み合わせ。
2022年11月6日4139号線
河口湖町に入りました。
2022年11月6日5富士河口湖町
もうすぐ、青木ヶ原樹海です。
2022年11月6日6139号線
青木ヶ原樹海に入ると、周りの木々が一気に紅葉し始めました。
視界が広い、ツーリングならではの景色を楽しみます。
2022年11月6日7青木ヶ原樹海
西湖の看板が出たら
2022年11月6日821号線
目的地は、もうすぐそこです。

2022年富士宮・西湖11/6-3-

2023.03.18(Sat) | EDIT

参拝を終え、広い境内を散策。
まず目につくのは、信玄桜
武田信玄公お手植えの、枝垂れ桜の二世。
満開のシーズンは、さぞ綺麗でしょうね。
2022年11月6日1富士山本宮浅間大社・信玄桜
第七次南極観測船ふじの乗組員によって採取された、南極の石
2022年11月6日2富士山本宮浅間大社・南極の石
富士山噴火の時の、火山弾。
重さは約100kgあるそう。恐ろしい・・・
2022年11月6日3富士山本宮浅間大社・火山弾
東門を通って、湧玉池へ向かいます。
2022年11月6日4富士山本宮浅間大社・東門
東門を出ると目の前に広がる、国の特別天然記念物に指定されている、湧玉池
とても綺麗な水が、毎秒2.4kl湧き出しています。
2022年11月6日5富士山本宮浅間大社・湧玉池
湧玉池沿いに通路があり、その先に水屋神社があります。
2022年11月6日6富士山本宮浅間大社・水屋神社
水屋神社に続く道沿いには、水が引かれています。
2022年11月6日7富士山本宮浅間大社・水屋神社
水屋神社
2022年11月6日8富士山本宮浅間大社・水屋神社
水屋神社側から流れた水が、集まる辺りが
2022年11月6日9富士山本宮浅間大社・湧玉池
禊所。
富士道者は、湧玉池で身を清めて、六根清浄を唱えながら富士登山するのが
昔からの習わしだそう。
ちなみにここ湧玉池、年間を通して水温は13°だそうです。
2022年11月6日10富士山本宮浅間大社・湧玉池
湧玉池の外れにある、稲荷神社
2022年11月6日11富士山本宮浅間大社・稲荷神社
稲荷神社の辺りまで来ると、水面にも水中にも水草が。
水面は静かですが、流れのあるのがわかります。
2022年11月6日12富士山本宮浅間大社・湧玉池2022年11月6日13富士山本宮浅間大社・湧玉池
湧玉池から本殿に戻る途中にある、天神社
2022年11月6日14富士山本宮浅間大社・天神社
本殿がよく見える場所にきました。
徳川家康公の寄進によるもので、富士山本宮浅間大社HPによると
「二重の楼閣造で棟高45尺、浅間造りと称し其の構造は他に例がありません。
1階は5間4面葺卸の宝殿造り、2階は間口3間奥行2間の流れ造りで共に桧皮葺です。
明治40年5月27日古社寺保存法により特別保護建造物に指定され
以後国宝又は重要文化財として特別の保護を受けています。」
素人目にも、独特な造りなのがよくわかります。
2022年11月6日15富士山本宮浅間大社・本殿
富士山本宮浅間大社、その名のとおり雄大で清らかなお社でした。
とても素晴らしかったです。

2022年富士宮・西湖11/6-2-

2023.03.15(Wed) | EDIT

目的地「富士山本宮浅間大社」に到着。
2022年11月6日1富士山本宮浅間大社
山道を進むと
2022年11月6日2富士山本宮浅間大社
三乃鳥居が現れます。
2022年11月6日3富士山本宮浅間大社
三乃鳥居をくぐると、源頼朝像が現れます。
建久4年(1193)、源頼朝は富士山麓で巻狩りを行なった際に
駿河国一之宮である富士山本宮浅間大社に参拝。
流鏑馬(やぶさめ)を奉納して、武運長久、天下泰平を祈願しました。
現在でも、毎年5月4日から6日に桜馬場で『流鏑馬祭』が行われているそうです。
2022年11月6日4富士山本宮浅間大社・源頼朝像
源頼朝像の先にある、楼門
富士山本宮浅間大社HPによると
楼門は、間口4間、奥行2間半、高さ6間半2階入母屋造で
正面・左右脇に扉が付きます。
楼門の左右には随身が安置してあり背銘に慶長19年(1614)の年号があります。
楼門に掲げる扁額は聖護院入道盈仁親王の御筆で文政2年に制作されたものです。」
楼門の前の道が、流鏑馬が行われる桜の馬場です。
2022年11月6日5富士山本宮浅間大社・楼門
楼門の前に置かれている「鉾立石
2022年11月6日6富士山本宮浅間大社・鉾立石
明治初年まで行われていた山宮御神幸の際、神鉾を休め奉った場所で
現存するのは、この楼門前を含めて2基だけだそう。
2022年11月6日7富士山本宮浅間大社・鉾立石
手水舎でお浄めをして、境内へ。
2022年11月6日8富士山本宮浅間大社・手水舎
拝殿、そして奥に見える屋根は本殿
以下、HPからの抜粋です。
拝殿本殿は、徳川家康公の寄造営によるもので、屋根は檜皮葺
外側・内側は丹塗となっておりますが、極彩色は蟇股・虹梁彫刻などにとどまります。 
拝殿は、間口5間、奥行5間で、床が幣殿より2段高くなっています。
正面が入母屋造、背面が切妻造で、正面に向拝が1間出ています。
正面に扉があり、左右は蔀戸によって区切られています。
正面左右には濡縁を巡らせてあります。
2022年11月6日9富士山本宮浅間大社・拝殿・本殿
参拝をしたら、境内を散策しましょう。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR