FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

2020年松山・道後1/13-8- 

いよいよ、松山城本丸エリアへ。
ここから先は、有料となります。
2020年1月13日1松山城入口
それでは、天守閣目指して、いざ突撃。
2020年1月13日2本丸
本丸を目指し進んでいくと、まず紫竹門東塀(重要文化財)が現れます。
天明4年(1784)雷火の為、天守とともに焼失し
嘉永期に再建されたそうです。
2020年1月13日3紫竹門東塀
そのままクランク状の道を進むと
2020年1月13日4本丸
一ノ門(重要文化財)が現れます。
本壇の入り口にあたるため、この名がついたようです。
ちょうど、ニノ門南櫓三ノ門南櫓小天守に囲まれたようになっていて
攻め入った兵士は、ここで三方から射撃を受けることになります。
紫竹門東塀と同じく、天明4年(1784)雷火で焼失し
天明6年(1786)に、再建されました。
2020年1月13日5一ノ門
本丸が近づくにつれて、守りもどんどん固くなってきます。
一ノ門を通過すると、すぐにニノ門(重要文化財)が現れます。
三方からの射撃をくぐり抜け、たどり着いた強者も
ここでさらに、天守・三ノ門東塀から攻め立てられます。
天明4年(1784)雷火で焼失し、再建されたのは安政元年(1854)。
2020年1月13日6二ノ門
一ノ門ニノ門の次に現れるのは、三ノ門(重要文化財)。
またしても、三ノ門南櫓・天守の双方から浴びせられる、容赦ない攻撃。
雷火で焼失後、安政元年(1854)に再建。
2020年1月13日7三ノ門
一ノ門三ノ門で、侵入者を射まくった場所。重要文化財の三ノ門南櫓(左手前の建物)です。
雷火で焼失後、安政元年(1854)に再建。
正面に見えるのは、筋鉄門
雷火で焼失後、安政元年(1854)に、再建されましたが
昭和8年の放火によって一部焼失、昭和43年5月に復元。
2020年1月13日8三ノ門南櫓&筋鉄門
手前の白い塀は、筋鉄門東塀(重要文化財)
雷火で焼失後、安政元年(1854)に再建。
2020年1月13日9筋鉄門東塀
筋鉄門をくぐると、すぐ左側に、小天守
天守に次ぐ大きさで、二重二階の櫓です。
慶長年間の創建当時は、着見櫓と呼ばれていたそうです。
天明4年(1784)雷火で焼失し、安政元年(1854)に再建されました。
国宝に指定される直前、昭和8年の放火によって、惜しくも焼失。
昭和43年5月に復元。
2020年1月13日10小天守
そしてこの場所が、本丸を守る最後の防衛場所。
多聞櫓&南隅櫓&十間廊下&玄関多聞櫓&北隅櫓に囲まれた、袋小路です。
一ノ門ニノ門、三ノ門と、運よく通過してきた侵入者も
ここで四方向からの射撃を受け、本丸を目の前にして、ついに最後を迎えます。
2020年1月13日11多聞櫓&南隅櫓&十間廊下&玄関多聞櫓&北隅櫓
一方、すべての防衛ラインを突破したOつがいは、いよいよ天守閣に侵入。
スポンサーサイト



テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 松山城  天守閣  紫竹門東塀  一ノ門  ニノ門南櫓  三ノ門南櫓  小天守  ニノ門  三ノ門  筋鉄門 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2020年松山・道後1/13-1- 

翌日、まず朝風呂をいただいてから、道後館での朝食です。
会場は昨夜と同じ、月草亭。
2020年1月13日1朝食
着席するとまずは、みかんジュースが運ばれてきました。
愛媛県産温州みかんの搾りたてジュース、朝のお腹にしみわたります。
2020年1月13日2みかんジュース
たくさんの小鉢が運ばれてきました。
料理長が自ら監修した、金山寺みそ
2020年1月13日3金山寺みそ
厳選した愛媛産大葉を、採れたての海苔に加えて佃煮にした、大葉のり
2020年1月13日4大葉のり
切り干し大根和え物。
2020年1月13日5切り干し大根和え物
奥の黄色い小鉢は、道後館特製出汁を絡めた「ごぼう」と「おから」を
炒り煮にした、おからごぼう希少雑穀まぶし
手前には、内子町の標高400mの産地で育てられ、SPF豚として認定された
内子豚のハム。
2020年1月13日6朝食
ふっくらと炊かれた煮物。
巾着、海老芋、人参、満願寺とうがらし。
2020年1月13日8煮物
国内産鰤を使用した、地魚味噌漬けと
瀬戸内の魚のすり身に、野菜を練りこんで揚げた、野菜瀬戸揚げ。
2020年1月13日9地魚味噌漬け&野菜瀬戸揚げ
アサリ味噌汁。
2020年1月13日7アサリ味噌汁
漬物に
2020年1月13日10漬物
自家製湯豆腐。
2020年1月13日11自家製湯豆腐
愛媛県南部の西予市産の「フクユタカ」と「はつさやか」をブレンドした豆乳に
道後館でにがりを打った豆腐で、とろりとした舌触り。
2020年1月13日12自家製湯豆腐
温泉といえば、の温玉。
2020年1月13日13温玉
市内10km以内の農場で、贅沢な飼料と、市内を流れる重信川山系の伏流水を
飲み水として与えられた、地元の鶏の卵です。
黄身が濃い!
2020年1月13日14温玉
宇和米の白御飯(これがまた美味しい)には
2020年1月13日15白御飯
瀬戸内海で獲れたじゃこを、道後館特製出汁で仕上げた
瀬戸内産じゃこ山椒煮を乗せて。
2020年1月13日16白御飯
ごちそうさまでした。
朝から、お腹いっぱいです。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 道後館  みかんジュース  金山寺みそ  大葉のり  おからごぼう希少雑穀まぶし  瀬戸内産じゃこ山椒煮 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2019年半田・常滑2/11-4- 

土管坂休憩所を出発し、でんでん坂に向かいます。
南の丘から港に出入りする舟の様子を、これから見学する瀧田家の主人に
伝えたことから、その丘を「伝の山・・通称でんでん山」と呼び
この坂は「でんでん坂」と名付けられた、とされているそうです。
2019年2月11日瀧田家1
案内の矢印に従って、「廻船問屋 瀧田家」に到着。
常滑は、焼き物の町であると同時に、江戸時代から明治前期にかけて
廻船の町でもありました。
常滑の船は、伊勢湾周辺の地域(尾張・伊勢・美濃・三河)と
上方や江戸方面を結んでおり、瀧田家は、常滑を代表する廻船主だったそうです。
2019年2月11日瀧田家2
せっかくなので、中も見学させていただきましょう。入館料200円。
2019年2月11日瀧田家3
入館すると、シンプルで美しい帳場があります。
2019年2月11日瀧田家4
テーブルの上に置かれた「いかにも」な品々。
2019年2月11日瀧田家5
文献によれば、瀧田家4代目、金左衛門の時代、弘化2年(1845)
積周丸・宝周丸の2艘の船を所持。
さらに5代目金左衛門が、安政3年(1856)に栄周丸を、
文久3年(1863)に福周丸を新造して、計4艘の船持ちになり
幕末・維新の時流に乗り、廻船経営を拡大していったそうです。
2019年2月11日瀧田家6
立派なタンスや着物。生活感がありますね。
2019年2月11日瀧田家7
無尽灯。
幕末から明治中頃まで使われていた、菜種油を用いる灯火具。
2019年2月11日瀧田家8
Oつまは、なぜかタンス階段を登るのが大好きです。
2019年2月11日瀧田家9
2階からは、立派な蔵が見えました。
2019年2月11日瀧田家10
2階のお部屋も、風通しが良く快適そう。
2019年2月11日瀧田家11
蔵にも行ってみましょう。
分厚い扉ですね。
2019年2月11日瀧田家12
2階は見学不可でしたが、室内は綺麗に整備されていました。
2019年2月11日瀧田家13
積み上げられた、銭箱。
2019年2月11日瀧田家14
離れも見学ができます。
2019年2月11日瀧田家15
この廊下から、各部屋へ。
2019年2月11日瀧田家16
各部屋に置かれている調度品も、立派なものばかりです。
2019年2月11日瀧田家17
瀧田家を見学中、所々で「あゆち」の文字を見ることがあり
どなただろう?と思っていましたが、最後に入った資料室のような小部屋で
判明しました。
瀧田あゆち」さんは、ここ瀧田家8代目の長女で、JAL最初の女性管理職。
2005年1月に、72歳でお亡くなりなったそうです。
JAL時代と思われる写真も多く飾られており、とてもお綺麗な方でした。
タグ: 土管坂休憩所  廻船問屋  瀧田家  でんでん坂  瀧田あゆち 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年奄美大島11/3-5- 

奄美大島2日目の夕食は、シケオくんと一緒に
島料理リッキ」へ。
宿泊しているサンフラワーシティホテルから、歩いていけます。
2016年11月3日奄美大島・リッキ1
店内は運良く空いていて、座敷をゲット。
2016年11月3日奄美大島・リッキ2
それでは5年ぶりの再会を祝し、ビールで乾杯!
2016年11月3日奄美大島・リッキ3ビール
お通しは、魚の味噌和えに南蛮漬けでした。
2016年11月3日奄美大島・リッキ4お通し
まずは本日のおすすめから、島らっきょ。
2016年11月3日奄美大島・リッキ5島らっきょ
本日のおすすめ料理「ウブス」のお刺身。
また名前のわからない魚ですが、今日は地元のシケオくんがいるから、大丈夫。
スマガツオだそうです。
ちなみに、ウブスの小さいサイズは「スブタ」と呼ぶとのこと。
2016年11月3日奄美大島・リッキ6ウブス
本日のおすすめ料理、フレッシュな青さ天ぷら。
2016年11月3日奄美大島・リッキ7青さ天ぷら
島料理メニューから、豚耳焙りポン酢。
2016年11月3日奄美大島・リッキ8豚耳焙りポン酢
「奄美大島に来たら、やっぱり黒糖焼酎だよね」
れんとを、ボトルで注文しました。
2016年11月3日奄美大島・リッキ9れんと
さらに島料理メニューから、青さのだし巻卵と
2016年11月3日奄美大島・リッキ10青さのだし巻卵
もずくの酢の物。
2016年11月3日奄美大島・リッキ11もずく酢
そして、ゴーヤサラダ。
2016年11月3日奄美大島・リッキ12ゴーヤサラダ
シケオくんが「リッキに来たら、これを食べないと」と勧めてくれた、とろろ豆腐
熱々のとろろで覆われていますが、
2016年11月3日奄美大島・リッキ13とろろ豆腐
中には絹豆腐。
スープごといただくと、なんとも美味!
2016年11月3日奄美大島・リッキ14とろろ豆腐
油ソーメンは、各店を食べ比べてみるつもりです。
こちらは海苔がのっていることと、麺の下に卵が敷かれているのが
前日の美喜と違いますね。
2016年11月3日奄美大島・リッキ15油ソーメン
麺の太さは、同じくらいかな?
2016年11月3日奄美大島・リッキ16油ソーメン
とても美味しいお店でした。
明日に向けて、早めに就寝します。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 奄美大島  島料理  リッキ  サンフラワーシティホテル  ウブス  青さ  黒糖焼酎  とろろ豆腐  油ソーメン  美喜 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

新しいPCが届きました。 

Windows10にPCを破壊され、修理に出していましたが
修理代が、新しいPCを購入できるくらいの金額になってしまい
思い切って買い換えてしまいました。
マイクロソフトにお金を払うのは嫌なので
Oつがい、ついにマックユーザーになってしまいました〜。
まだ、わからないことが多く、ブログを再開するまでには
もう少しかかりそうですが、なるべく早く再開できるよう頑張ります。
ご心配をおかけし、申し訳ありませんでした。
Oつがい。

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

trackback: -- | comment: 10