fc2ブログ

タグ:「鋸山」

2023年東京湾フェリー6/25

2024.03.28(Thu) | EDIT

鋸山から下山したOつがいは、金谷港へ。
ここから東京湾フェリーで、神奈川県へ向かいます。
2023年6月25日1金谷港
乗船開始。
2023年6月25日2金谷港
車を所定の場所に停め、売店のある2階の客室へ。
2023年6月25日3しらはま丸
今回乗船したのは、「しらはま丸」。
前回乗船したのは「かなや丸」だったので、今回で東京湾フェリー御船印コンプリート。
2023年6月25日4しらはま丸
買い物をしている間に、しらはま丸金谷港を出航。
船尾からの風景は、松田聖子のチェリーブラッサムの世界。
白い波が踊っています。
背景はイメージと違いますが・・・
2023年6月25日5しらはま丸
航路上では、他の船とのすれ違いも楽しめます。
これは、東海汽船の「セブンアイランド 大漁」。
この時間だと、大島行きかな?
ジェットフォイルなので、ものすごいスピードです。
2023年6月25日6しらはま丸
神奈川県側からやってきた、かなや丸とすれ違うと
2023年6月25日7しらはま丸
久里浜港は、もうすぐ。
2023年6月25日8しらはま丸
久里浜港に入港しました。
2023年6月25日9しらはま丸
下船し
2023年6月25日10しらはま丸
この後は、温泉に入ってから、昼食です。
スポンサーサイト



2023年鋸山6/25-3-

2024.03.20(Wed) | EDIT

鋸山山頂で記念撮影をして、下山開始。
2023年6月25日1石切り場跡
石切り場跡を目指します。
2023年6月25日2石切り場跡
到着。
ここは、観音洞窟と呼ばれているエリアです。
2023年6月25日3石切り場跡
案内にある「垣根掘り」が見られる箇所を何度も探しますが、素人にはイマイチわからず。
しかし、とてつもない熟練技術なことだけは、素人目にもわかります。
2023年6月25日4石切り場跡
下側は、水が溜まって、池のようになっていました。
水がとても澄んでいて、メキシコのセノーテのよう。
ダイバーとしては、潜ってみたくなりますが、ちょっと浅すぎるかな?
2023年6月25日5石切り場跡
一方、こちらの水溜りは、先ほどの場所に比べると、ずいぶん濁っています。
2023年6月25日6石切り場跡
しばらく眺めていると、「あれ?鯉がいる」
誰かが放したのでしょうか?
2023年6月25日7石切り場跡
続いて、もう一つの石切り場へ向かいます。

2023年鋸山6/25-2-

2024.03.16(Sat) | EDIT

朝食を済ませ、鋸山山頂を目指して、出発です。
いくつかある登山道の中から、今回は車力道コースを歩くことにしました。
スタート地点には、鋸山車力道についての案内があります。
石切の歴史を感じながら、歩くコースになるようです。
2023年6月25日1車力道
索道跡の案内がありました。
2023年6月25日3車力道
これが、その跡でしょうか。
人力よりは効率が上がったとはいえ、大変な仕事に違いありません。
2023年6月25日2車力道
車力道を象徴する、石畳の上の車輪の跡。
2023年6月25日4車力道
こんな階段にも、車輪の轍があります。
2023年6月25日5車力道
木に覆われた歩道を進み
2023年6月25日6車力道
分岐Fに到着。
ここで、山頂には行かず、東京湾を望む展望台へ向かいます。
2023年6月25日7車力道
階段を登ると
2023年6月25日8車力道
到着。
残念、曇っていて真っ白でした。
2023年6月25日9車力道
展望台から、山頂を目指します。
2023年6月25日10車力道
山頂に到着。
2023年6月25日12車力道
相変わらず、眺望はなし。
晴れていれば、この隙間から風景が見えるのかな?
2023年6月25日11車力道
少し休憩をしたら、下山しつつ、石切り場跡を見学します。

2023年鋸山6/25-1-

2024.03.13(Wed) | EDIT

房総半島にある、鋸山に登ってきました。
駐車場が何ヶ所かあるようですが、今回はのこぎり山パーキングを利用しました。
駐車料金は、1日500円。
2023年6月25日1のこぎり山パーキング
ここから、鋸山を目指して出発。
2023年6月25日2鋸山登山道入口
しばらく、舗装された道を進むと
2023年6月25日3鋸山登山道入口
分岐が現れました。
案内図を見ながら、ルートを決めます。
2023年6月25日5鋸山登山道入口
真ん中の階段か、左の道が、鋸山の登山道。
今回は左の、車力道コースをチョイス。
2023年6月25日4鋸山登山道入口
分岐の先から、しばらく進んだところで
2023年6月25日6鋸山登山道入口
目の前に、鋸山が現れました。
石が切り出された跡が、はっきりと見えています。
2023年6月25日7鋸山登山道入口
左に外れる細い道もありますが、案内に従い、右に進みます。
2023年6月25日8鋸山登山道入口
ようやく、登山道らしい雰囲気の場所に出ました。
2023年6月25日9鋸山登山道入口
ちょうどベンチがあるので、ここで朝食にしましょう。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR