FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

2020年松山・道後1/12-7- 

摩訶不思議な石出寺から、道後の町に戻る途中、伊佐爾波神社に寄りました。
2020年1月12日1伊佐爾波神社
「延喜式」式内社である伊佐爾波神社は、この長い階段の先にあります。
創建当初の鎮座地は「伊佐爾波岡(いさにわのおか)」と呼ばれていた場所であり
現在の湯築城跡と言われています。
2020年1月12日2伊佐爾波神社
階段を登りきると、正面に朱色の本殿が現れます。
松山藩松平第3代藩主の定長が、時の4代将軍、徳川家綱に命じられた流鏑馬に
成功したのを機に、寛文7年(1667)に建立したもので、日本に3つしかない
(大分県の宇佐八幡宮、京都の石清水八幡宮と並ぶ)八幡造りだそうで、国の重要文化財です。
主祭神は

・譽田別尊(ほんだわけのみこと):応神天皇
・足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと):仲哀天皇
・氣長足姫尊(おきながたらしひめのみこと):神功皇后
・三柱姫大神:宗像三女神(イチキシマヒメ・ダギツヒメ・タギリヒメ)に同じ

配神

・東照大神(東照大権現):徳川家康


2020年1月12日3伊佐爾波神社
振り返ると、遠くに松山城を望めます。
2020年1月12日4伊佐爾波神社
「伊佐爾波」とは、清浄な儀式の庭の意、あるいは、
いざなひ(誘われて)からくる名とも言われ、万葉歌人である山部赤人も
「伊予の高嶺の伊佐庭の 岡に立たして歌思ひ」
と、古来から行幸の地として知られる、この場所を歌っています。
『伊予国風土記(逸文)』には、聖徳太子をはじめとして
計5回の行幸があったと記されているそうです。

この後も、神社やお寺を参拝しながら、道後へと戻ります。
スポンサーサイト



テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 伊佐爾波神社  石出寺  道後  松山城 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2020年松山・道後1/12-6- 

昼食の後は、道後の町を散策しつつ、石出寺を目指します。
2020年1月12日1石手寺
ここが、四国八十八箇所第51番札所、石手寺
寺伝によれば、聖武天皇の勅願で建てられたのが始まりとのこと。
2020年1月12日2石手寺
本堂までは、屋根付きの参道を進みます。
2020年1月12日3石手寺
参道の途中にあった、地蔵院
こちらは、伊予13佛霊場第5番札所だそう。
2020年1月12日4石手寺
地蔵院の本堂。
2020年1月12日5石手寺
お参りを済ませ、さらに参道を進むと、国宝の仁王門が現れます。
1318年の鎌倉時代建立で、運慶の作だそう。
2020年1月12日6石手寺
境内に入ると、大きなわらじが。
2020年1月12日7石手寺
本堂に向かって右手には、三重塔
重要文化財です。
2020年1月12日8石手寺
正面の本堂も、重要文化財。
2020年1月12日9石手寺
さて、ここから石手寺の摩訶不思議な世界が始まります。
本堂に向かって左側にあるのは、その名も元気石
2020年1月12日10石手寺
元気石の先にある、マントラ洞窟
お賽銭100円を払い、入洞。
2020年1月12日11石手寺
薄暗いマントラ洞窟を進み
2020年1月12日12石手寺
ぽっと外へ出ると、こんな場所でした。
2020年1月12日13石手寺
さらに、奥の院と書かれた案内が見えたので、行ってみます。
2020年1月12日14石手寺
緑の中を進み
2020年1月12日15石手寺
たどり着いた場所は・・・
ここが奥の院
2020年1月12日16石手寺
敷地内には、チェーンに繋がれた木像がたくさん。
2020年1月12日17石手寺
再び、石出寺の境内に戻り、本坊の前を通過すると
2020年1月12日18石手寺
清浄洞窟」と書かれた入口があります。
せっかくなので、100円を納め入洞。
2020年1月12日19石手寺
中は真っ暗で、螺旋階段のようになっていました。
一箇所だけ明るい場所があり、そこに仏像が一体。
頭の上に??マークを出しつつ、この場所に出て終了。
2020年1月12日20石手寺
なんとも不思議な、Oつがいの経験上でも類を見ない、石手寺でした。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 道後  石手寺  地蔵院  仁王門  三重塔  元気石  マントラ洞窟  奥の院  清浄洞窟 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2020年松山・道後1/12-1- 

2020年最初の旅行に行ってきました。
今回は、横浜駅から
2020年1月12日1羽田〜松山空港
京浜急行に乗車。
2020年1月12日2羽田〜松山空港
羽田空港に到着しました。
Oつがいの搭乗するNH583便は、搭乗口変更の案内が出ています。
2020年1月12日3羽田〜松山空港
保安検査場を通る前に、朝食を調達。
2020年1月12日4羽田〜松山空港
たくさんありますね。この中から選びましょう。
2020年1月12日5羽田〜松山空港
保安検査場を通り、朝食をいただきます。
購入したのは、こちらの2種。
2020年1月12日6羽田〜松山空港
まい泉の空港限定、ヒレかつサンド
2020年1月12日7羽田〜松山空港
丸武卵焼サンド
2020年1月12日8羽田〜松山空港
そろそろ搭乗が始まりそうです。
2020年1月12日9羽田〜松山空港
さあ、Oつがいも飛行機の中へ。
2020年1月12日10羽田〜松山空港
NH583便はガラガラです。
2020年1月12日11羽田〜松山空港
プッシュバックが始まりました。
2020年1月12日12羽田〜松山空港
前の飛行機が飛び立ち、次はNH583便。
後ろには、別の飛行機もスタンバイしています。
羽田空港は、早朝から混んでいますね。
2020年1月12日13羽田〜松山空港
遠くに見えているのは、アクアラインの風の塔。
2020年1月12日14羽田〜松山空港
松山空港に向け、離陸。
翼の先には、スカイツリーも見えました。
2020年1月12日15羽田〜松山空港
水平飛行に移った頃、眼下は切れ間なくずっと雲。
2020年1月12日16羽田〜松山空港
高度が落ちてくると、ようやく島が見えてきました。
その昔、村上水軍が牛耳っていたあたりでしょうか?
上空から見ても、潮の流れの速いことがはっきりとわかります。
2020年1月12日17羽田〜松山空港
松山空港に到着。
Oつがい「初」の愛媛県です。
2020年1月12日18羽田〜松山空港
コクピットの皆さん、ナイスフライトでした。
2020年1月12日19羽田〜松山空港
それでは、松山・道後の旅スタート。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 松山  羽田空港  まい泉  ヒレかつサンド  丸武  卵焼サンド  村上水軍  道後  愛媛県  松山空港 

[edit]

trackback: -- | comment: 0