fc2ブログ

2019年あずの里いちはら8/25

2020.01.08(Wed) | EDIT

千葉中央観光ブドウ園を後にし、昼食をとるため
道の駅あずの里いちはらに寄りました。
2019年8月25日1あずの里いちはら
軽食コーナーで、まずは席の確保。
2019年8月25日2あずの里いちはら
ちょうどのトップシーズン。給水器の蛇口をひねると
2019年8月25日3あずの里いちはら
なんと、梨ジュースが出てきました。
2019年8月25日4あずの里いちはら
それでは、食事を注文しましょう。
2019年8月25日5あずの里いちはら
どれも美味しそうで迷いましたが、Oつまは「塩・野菜うどん」を注文。
具材は、市原の旬の野菜。玉ねぎの薄切りがトッピングされています。
2019年8月25日6あずの里いちはら
麺は、もちもちとした自家製米粉手打麺。
2019年8月25日7あずの里いちはら
スープもあっさりしていて、野菜とよく合います。
2019年8月25日8あずの里いちはら
O夫は、トマトサラダうどん
市原産のトマトと、自家製キャロットドレッシングのかかった、冷やしサラダうどんです。
麺は同じく、自家製米粉麺。
2019年8月25日9あずの里いちはら
今回は、食事を大盛りにしなかった代わりに、デザートをいただきました。
Oつまは写真左側、里山ジェラートイチゴ味。
O夫は、里山ジェラートイチジク味。
どちらも、市原の生乳とイチゴ農家・イチジク農家で作られた、手作りだそう。
2019年8月25日10あずの里いちはら
日帰りで大忙しでしたが、美味しいものをたくさん食べられて、楽しい1日でした。
スポンサーサイト



2019年道の駅 風和里しばやま1/27

2019.06.13(Thu) | EDIT

魚料理みうら」さんで昼食後、道の駅 風和里しばやまに移動しました。
2019年1月27日道の駅風和里しばやま1
いちごが名物なのかな?楽しみです。
2019年1月27日道の駅風和里しばやま2
入り口にあったのは、いちごではなく、立派な白菜。
思わず購入。
2019年1月27日道の駅風和里しばやま3
店内を探しましたが、いちごはどうやら売り切れてしまったようです。残念。
2019年1月27日道の駅風和里しばやま4
駅舎内には、今はなきノースウエスト機が飛んでいました。
道の駅風和里しばやまと、ノースウエスト航空
一体どんな関係があったんだろう?
2019年1月27日道の駅風和里しばやま5
千葉、銚子から芝山町と回った日帰り旅は、これにて終了。

2018年和田浦WA・O!〜斎武商店11/25

2019.03.28(Thu) | EDIT

ぴ〜まんくじら料理を堪能した後は、少し車を走らせ
道の駅 和田浦WA・O!へ。
2018年11月25日1道の駅和田浦・さいぶのひじき
敷地内には、クジラ広場があり
2018年11月25日2道の駅和田浦・さいぶのひじき
シロナガスクジラの全身骨格(複製)が、展示されています。
さすが地球最大の動物、迫力ある大きさです。
2018年11月25日3道の駅和田浦・さいぶのひじき
それでは、駅舎の中へ。
2018年11月25日4道の駅和田浦・さいぶのひじき
沿岸捕鯨の盛んな地域だけに、クジラの加工食品が多く陳列されています。
2018年11月25日5道の駅和田浦・さいぶのひじき
さらに車を走らせて、斎武商店にやってきました。
ツーリングでこの辺りに来ると、必ず立ち寄る、お気に入りのお店です。
そういえば、車で訪れるのは初めてでした。
2018年11月25日6道の駅和田浦・さいぶのひじき
斎武商店と言ったら、ひじき。
上質な乾物から、炊き込みご飯の素まで、色々と揃っています。
売り手のおかあさん達も変わらず、親切で仕事熱心でした。
2018年11月25日7道の駅和田浦・さいぶのひじき
バイクで来た時より、たくさんのひじきが購入でき、大満足。
さて、安全運転で帰りましょう。

2018年うなぎ さかた〜道の駅 多古9/30

2019.01.06(Sun) | EDIT

千葉県の成田には、たびたび空港関連でお世話になっていますが
そういえば、有名なうなぎをいただいたことがありません。
思い立ったが吉日ということで、日帰りで出かけてきました。

選んだお店は「うなぎ さかた」さん。
住所は、千葉県印旛郡なので、正確には成田ではありませんが
利根川沿いの国道に建つ、こぢんまりとしたお店です。
2018年9月30日1さかた
店に入ると、まず目に飛び込んできたのが、ショーケース。
お土産用の美味しそうな佃煮が、綺麗に並んでいます。
2018年9月30日2さかた
さらにその奥には、試食用の佃煮と、お土産のうなぎの骨せんべい、
鯉のうま煮、もくずがに
2018年9月30日3さかた
早速、注文をして、待つことしばし・・・
2018年9月30日4さかた
特上鰻重(お新香・肝吸い付き)が登場しました。
香ばしくしっかりとしたうなぎの身に、辛めのタレが絡み
食べ応えがあります。
2018年9月30日5さかた
肝がこんがりと炙られた、肝吸いも美味しい。
2018年9月30日6さかた
気がつけば、まるで上等な飲み物のように、するすると胃に収まってしまった
千葉のうなぎに大満足して、お店を後にしました。

帰路の途中に、道の駅 多古あじさい館へ。
2018年9月30日7道の駅多古
駅舎の裏手には、栗山川が流れています。
2018年9月30日8道の駅多古
それでは、駅舎の中へ。
2018年9月30日9道の駅多古
ミルキーダルマ極赤楊貴妃等、品種の明記されたメダカが売られています。
珍しいのかな?
2018年9月30日10道の駅多古
畑から直送された、生(なま)の落花生。
おおまさりという品種だそうです。
2018年9月30日11道の駅多古
お酒のあてに、銀杏を購入。
2018年9月30日12道の駅多古
最後の1つ、にわとり村の有精卵も入手しました。
2018年9月30日13道の駅多古
多古は、多古米というブランドのお米が名物だそう。
次に来た時は、買ってみようかな?
2018年9月30日14道の駅多古
その日の夜には
2018年9月30日15道の駅多古
うなぎ さかた」さんで購入した、もくずがにをいただきました。
うま味が濃く、とても美味しかったです。

波左間2/17-3-

2013.05.05(Sun) | EDIT

波左間でのダイビング後は、お買い物タイム。
今回は、いつも立ち寄る、道の駅南房パラダイスではなく
渚の駅たてやまに、寄ってみました。
渚の駅たてやま
店内の様子。
壁には、昔の捕鯨を再現した、オブジェがあります。
店内
鯨のたれも売っていました。
ここは、鯨肉加工品の種類が多いようです。
鯨のたれ
道の駅で購入したものとは、メーカーが違いますが
塩ゆで落花生も、売っていました。
塩ゆで落花生
南房パラダイスが、お酒の販売をやめてしまったので
お酒コーナーがあるのも、有難いところ。
どれにしようか悩んだ末、腰古井を購入。
腰古井
ちょうど帰り道だし、お酒も売っているし
今後は、渚の駅たてやまも利用しようと思います。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR