09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2016年モナリザン10/12 

先日、巨峰を送ってくれたJUNちゃんと、川崎で1番古いイタリア料理店の
モナリザン」へ、行ってきました。
2016年10月12日モナリザン1
本日は、エビスで乾杯。
2016年10月12日モナリザン1エビス生
アミューズからして、白身魚とミニトマトの粒マスタード和えと
気が利いています。
2016年10月12日モナリザン2アミューズ
まずは、香草が効いた定番、ガーリックトーストスティック(2本)。
4本入りのグランデもあります。
2016年10月12日モナリザン3ガーリックトーストスティック
小ヤリイカのセモリナ粉揚げ。軽い食感で、お酒も進みます。
2016年10月12日モナリザン4小ヤリイカのセモリナ粉揚げ
秋のおすすめメニューより、柿とカブのサラダ。
2016年10月12日モナリザン5柿とカブのサラダ
本日の1品料理より、自家製 田舎風パテ。
マリネした豚肉や鶏レバーなどで作られた、本格派です。
2016年10月12日モナリザン6自家製 田舎風パテ
もう1皿、本日の1品料理より
ヒラメのカルパッチョ・イチジクとイタリア産魚醤のソースで。
2016年10月12日モナリザン7ヒラメのカルパッチョ
ワインも、秋のおすすめメニュー。
イタリア・シチリア州の赤ワイン。ネーロ・ダーヴォラをセレクト。
2016年10月12日モナリザン8ネーロ・ダーヴォラ
モナリザンオリジナル、グラタン風スパゲティ、キャセロール・スパゲティ
こういう料理もあるところが、気取りがなくて、いいんです。
2016年10月12日モナリザン9キャセロール・スパゲティ
3皿目の、本日の1品料理、栗のニョッキ。
北イタリア産の栗の粉や、マロンペーストなどを使った自家製のニョッキを
バターとセージで香り良く仕上げ、フランス産の栗のリキュールを隠し味に使った
こだわりの逸品だそうで、これが絶品。
2016年10月12日モナリザン10栗のニョッキ
ネーロ・ダーヴォラがなくなったので、ハウスワインの白を追加。
2016年10月12日モナリザン11ハウスワイン(白)
本日の1品料理は、さすがにどれも美味しく、止まらなくなりました(笑)
もう1皿、アマトリチャーナ
地震で大きな被害を受けた、ローマ郊外アマトリーチェの郷土料理で
豚ほほ肉の塩漬け、トマトソース、羊乳チーズのパスタです。
この料理を注文すると、お客から100円、お店から100円の募金がされ
たまった募金を、イタリア赤十字に送金することになっているそうです。
2016年10月12日モナリザン12アマトリチャーナ
最後に、秋のおすすめメニューから、5種類のキノコのリゾットをチョイス。
モリーユ茸と、じっくり煮出した鶏の出汁で炊き上げたリゾットに
それぞれ、味と食感の違うキノコが添えられています。
2016年10月12日モナリザン135種類のキノコのリゾット
モナリザン、いつ行っても常に新しいメニューがあって
しかも、どれも美味しい。
おすすめのお店です。
スポンサーサイト

テーマ: 外食グルメ

ジャンル: グルメ

タグ: モナリザン  エビス  イタリアン  シチリア  赤ワイン  キャセロール・スパゲティ  白ワイン  アマトリチャーナ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

モナリザン 

ダイビング仲間のFさんと、新年会を兼ねて、食事をしました。
開催場所は、川崎で一番古いイタリア料理店と言われる「モナリザン
2月1日モナリザン
禁煙席を予約したところ、通されたのは2階のテーブル席。
2月1日モナリザン店内
まずは、ビール
この日は、ヱビスを頼みました。
2月1日エビス(中)
気の利いたアミューズも、運ばれてきました。
2月1日アミューズ
食いしん坊の集いなので、料理はいつも通り、アラカルトで頼みます。
まずは冬ならではの、ツブ貝のカルパッチョ
ツブ貝にバジルドレッシングをかけ、シャキシャキしたレタスと
コリコリしたツブ貝の食感が、楽しめます。
2月1日ツブ貝のカルパッチョ
サロマ湖産、一年物牡蠣オーブン焼き。
サロマ湖で、牡蠣が採れるんですね。
2月1日牡蠣のオーブン焼き1
ぷりっとした、肉厚な牡蠣です。
2月1日牡蠣のオーブン焼き2
牛肉のタリアータ
シンプルながら、バルサミコソースが効いて美味。
2月1日牛肉のタリアータ
ここで、お店お勧めの赤ワインを注文。
Luma Nerod’Avola(ルーマ ネーロ ダーヴォラ)
イタリア シチリア州(I.G.Tシチリア)
品種:ネーロダーヴォラ100%
2月1日Luma Nerod’Avola
モナリザン名物、ガーリックトーストスティック。
2月1日ガーリックトースト・スティック
冬のパスタ、猪のラグーココア風味のパッパルデッレ。
ココアを練り込んだ、幅広い自家製平打ち生パスタ
旬の猪肉を赤ワインで長時間煮込んだ、ソースをからめていただきます。
2月1日猪のラグーココア風味のパッパルデッレ
Luma Nerod’Avolaは、あっという間に空になったので
ハウスワインを、いただきました。
2月1日ハウスワイン(赤)
食いしん坊の本能のおもむくまま、好きなメニューを選んでいきます。
アンティパスト ミスト5(冷製おつまみの5種盛り)
2月1日アンティパスト ミスト5
料理に合わせて、白ワインを注文。
コロンビア・クレスト・ソービニヨンブラン(ワシントン)
すっきりとした、やや甘口。
2月1日コロンビア・クレスト・ソービニヨンブラン
冬のサラダ、温製サラダパルメザン風。
冬野菜を蒸して、パルメザンチーズを振り、軽く焼き上げられています。
2月1日温製サラダ パルメザン風味
最後は、アサリのワイン蒸し。
気がつけば、貝類づくしの宴でした。
2月1日アサリのワイン蒸し
Fさんとの楽しい時間は、あっという間。
さあ、次は何を食べに行きましょうか?

テーマ: 食べ歩き!

ジャンル: グルメ

タグ: イタリア料理  モナリザン  ヱビス  ビール  カルパッチョ  牡蠣  タリアータ  赤ワイン  白ワイン  パスタ 

[edit]

trackback: -- | comment: 8

NATURA 

神戸在住の、Oつがいの山の先生Yたかさんは、時おり出張で上京します。
今回もいきなり「夜は、一緒に飲まないか~?」と連絡をもらったので
出かけてきました。
指示メールに従い、各自、武蔵小杉に集合。
Yたかさんが慣れないスマホを使い、どこからか見つけてきたお店を目指して
センターロードを進みます。
センターロード
こちらが、本日の会場「イタリアン酒場 NATURA
ところが、予約なしだった為、満席でかなり待ちそうな感じです。
これは待つしかないと覚悟していたら、2号店を紹介してもらいました。
NATURA.jpg
2号店は、本店の真向いのビルの、2階にあります。
本店が一杯の時に、本店から紹介されたお客しか、入れないらしいです。
2号店
入店すると、大きな厨房と、仕入れた魚が、まず目に飛び込んできます。
威勢の良いお兄さんが、次々と紹介してくれる「本日の魚」の中から
食べたいものを選びます。
(もちろん、選ばなくてもOK)
Yたかさんは、イサキが希望だったのですが、別のお客さんに先を越され
残念ながら売り切れ。
かわりに、クロムツを注文してから、着席。
食べたいものがある時は、迷わず先に頼んでおく方が、いいようですね。
店内
まずは、プレミアムモルツで、カンパ~イ!
プレミアムモルツ
お通しは、パルミジャーノレッジャーノチーズ
お通し
料理がやってきました。
白ハマグリとベビーホタテとアサリ入りの、ワイン蒸し。
ローズマリー風味です。
ワイン蒸し
本日のカルパッチョ、3種盛り。
手前から時計回りに、瀬戸内直送の初カツオ・紅イカ・天然鯛。
カルパッチョ
厨房前に並んでいる、調理済みの裏メニューも、すぐになくなってしまいます。
最後の一皿、アナゴのエスカベッシュ。
エスカベッシュ
ここでビールがなくなったので、白ワインにチェンジ。
フランス産の、シャルドネにしました。
白ワイン
ワイン蒸しのスープがもったいないので、ガーリックトーストを頼みます。
ガーリックトースト
ここで、入店時に注文しておいた、クロムツがきました。
お勧め調理法の、丸ごとオーブン焼きです。
黒ムツ
白ワインが、あっという間に空になってしまったので
急遽、アルゼンチン赤ワインを注文しました。
赤ワイン
もつ大好きのYたかさんが、初めから所望していた
和牛のトリッパ。牛もつのトマト煮です。
トリッパ
こちらはOつまが選んだ、つぶ貝と菜の花と竹の子の鉄板焼き。
鉄板に載ってくるかと思ったら、紙焼きでした。
鉄板焼き?
そろそろ、帰りの電車を気にしなければいけない時間に、なってきました。
しかし3人とも「何か飲み足りないね~」という訳で、最後に1杯ずつ、注文。
Yたかさんは、ガージェリースタウト。
ガージェリースタウト
O夫は、トマトジュース+ビールのレッドアイ。
レッドアイ
Oつまは、自家製レモンチェッロにビールを合わせた、レモンビール。
不明なビール
いや~、楽しかった。
次にYたかさんに会えるのは、夏の恒例、沢登りかな?

テーマ: 食べ歩き!

ジャンル: グルメ

タグ: イタリアン酒場  NATURA  プレミアムモルツ  パルミジャーノレッジャーノチーズ  白ワイン  シャルドネ  クロムツ  赤ワイン  アルゼンチン  フランス 

[edit]

SAIPAN1/7-6- 

部屋でゆっくり、ビールを飲んでくつろいでいたら
いつの間にか、日が落ちていました。
日が暮れてきました
夕食はどこでとろうかと、いろいろ検討した結果
昼間、散歩している時に見つけた、ホテルのすぐそばにある
ベトナム料理の「TRUONG'S」へ。
ベトナム料理
そこそこ賑わっているものの、お客の回転が、妙に早い。
何故だろう?
店内
疑問はともかく、まずはビールです。
ビールは、サンミゲル。グラスはアサヒ(笑)
やっぱりビール
メニューを見て、お客の回転が速い理由が、わかりました。
いわゆる定食が多く、お酒に合わせる一品料理が、ほとんどありません。
そんな中から、つまみになりそうな、ゴイクン(ベトナム風生春巻き)
Fresh Lumpia(Gio Cuon)を、注文。
びっくりするほど、あっという間に出てきました。
ゴイクン
チキンとキノコのTruong'sスペシャルソース炒め
Chicken Mushroom(Ga Xao Nam)
頼みもしないのに、ご飯がついてきます。
チキンとキノコのTruongsスペシャルソース炒め
ご飯を前にしても、まだ飲みたかったので、赤ワインを注文。
赤ワイン
単品メニューを、一生懸命探した結果
「具だくさんのベトナム風揚げそば」を、注文。
具だくさんのベトナム風揚げそば
「お腹は一杯だけど、何か飲み足りないなぁ・・・」
ホテルに戻り、飲みなおすことにしました。
TRUONG'Sを出て、夜のBEACH ROADを、のんびり散歩。
夜のBEACH ROAD
ホテル前には、イルカのモニュメントがあります。
ホテルの前のイルカ
壁には、魚のモニュメント。
この下の椅子が、Oつがいのお気に入りの場所になりました。
ロビーのさかな
ロビー中央にも、イルカのモニュメントがあります。
ロビーのイルカ
ロビーを抜け、プールサイドへ。
プールサイドへ
昼間は賑やかなプールサイドですが、夜は静かなものです。
夜のプールサイド
さて、部屋に戻り、少しだけ飲んだら
翌日に備えて、就寝します。

テーマ: 海外旅行

ジャンル: 旅行

タグ: ビール  ベトナム料理  赤ワイン  BEACH  ROAD  イルカ 

[edit]