fc2ブログ

タグ:「裏妙義」

2017年妙義山4/29-3-

2018.02.13(Tue) | EDIT

大人場(おにんば)で休憩中。
午後から天気が崩れる予報なので、あまりゆっくりもしていられません。
2017年4月29日道の駅みょうぎ1
大人場から先は、道が整備されているので、ペースを上げて下山。
2017年4月29日道の駅みょうぎ2
一般道まで、もう少しです。
2017年4月29日道の駅みょうぎ3
一般道に出た途端、大粒の雨が降り出してきました。
2017年4月29日道の駅みょうぎ4
大急ぎで、道の駅みょうぎに逃げ込みます。
間一髪でした。
2017年4月29日道の駅みょうぎ5
タクシーが来るまでの間、道の駅みょうぎの店内を物色。
2017年4月29日道の駅みょうぎ6
春らしく、旬の山菜が並んでいます。
美味しそうなわらびを見つけました。
2017年4月29日道の駅みょうぎ7
あっ、山椒の若葉です。
2015年5月、裏妙義に登った時に、お世話になったお宿
東京屋さんでいただいた、山椒ご飯は美味しかったな〜。
これで作ってみようかな?
2017年4月29日道の駅みょうぎ8
えごまだれっしんぐと、明太舞茸も購入しました。
2017年4月29日道の駅みょうぎ9
買い物が済んだところで、ちょうどタクシー到着。
見晴館に戻ったら、速攻でお風呂へ向かいます。
2017年4月29日道の駅みょうぎ10
いつもながら、綺麗な脱衣所。
2017年4月29日道の駅みょうぎ11
そして、お風呂は貸切でした。
温泉なので、体がとてもよく温まります。
2017年4月29日道の駅みょうぎ12
あ〜、気持ちよかった。
スポンサーサイト



裏妙義5/4-4-

2015.12.15(Tue) | EDIT

坂本宿からの帰り道、白鬚神社と書かれた案内に惹かれ、ちょっと寄り道。
5月4日白鬚神社1
日本武尊がこの地にさしかかった時、山の神は白鹿に化け尊の進路を妨げた。
尊は蛭を投げて征せんとすると、濃霧が起こり進退きわまった。
すると剣を持った白鬚の老人が現れ、白鹿を撃退したので、尊は濃霧から脱することができた。
尊は、白鬚の老人の霊験をみたのは天孫降臨を先導した猿田彦命の加護と思い石祠を建て祠った。
時に景行天皇四十年(二四〇)、白鬚の老人にちなみ白鬚神社の創立となった。
―と、由緒に書かれていました。
5月4日白鬚神社2
鳥居をくぐると、すぐに本殿です。
5月4日白鬚神社3
せっかく来たので、お参りをしていきましょう。
5月4日白鬚神社4
川久保橋まで、戻ってきました。
江戸時代は、現在の場所よりやや上流に架けられており
碓氷御関所橋と呼ばれていたそうです。
5月4日川久保橋
目の前を、機関車がゆっくりと走っていきます。
碓氷峠鉄道文化むら自慢の、鉄道ファンが自ら運転できる機関車で
全国から熱烈なファンが訪れるそうです。
ちなみに、機関車を運転するためには、まず講習を受けなくてはならない上
ものすごい人気なので、飛び込みで行っても、すぐに運転させてはもらえません。
5月4日碓氷峠鉄道文化むら
つづいて昨日、裏妙義の帰りに立ち寄った酒屋さんへ寄り道。
5月4日横川酒屋1
店内で、地酒を探します。
5月4日横川酒屋2
昨日登った記念に、裏妙義を購入。
5月4日横川酒屋3
もう1本、以前から気になっていた、あかぎワイン(赤)も購入。
5月4日横川酒屋4
東京屋さんへ戻り、預かってもらっていた荷物を受け取ると
おつまみにどうぞと、自家製のごまめをお土産に頂きました。
5月4日裏妙義帰路1
東京屋さん、ほんとうに色々とお世話になりました。

裏妙義5/3-4-

2015.12.02(Wed) | EDIT

それではいよいよ裏妙義のハイライト、丁須の頭に挑戦です。
まずは我らが先生、N水さん。
2015年5月3日裏妙義18
さすがです。スイスイっと登って、上からロープを出してくれました。
続いてOつま。
が、途中まで登ったところで、苦戦しています。
そして「これは無理」と、ギブアップ。
「どうしたんだろう?」と思いながら、O夫がチャレンジ。
ここまでは、Oつまもスイスイ登っていました。
2015年5月3日裏妙義19
Oつまが苦戦していた場所へ到着。
下を見ると、足場がない・・・
2015年5月3日裏妙義20
結局、O夫もギブアップ。
残るはさとちゃんですが「行く」と、強気です。
2015年5月3日裏妙義21
Oつがいがギブアップした場所に到着。
さとちゃんなら、行けるか!?
2015年5月3日裏妙義22
ぶら下がり、何とか上の岩に足をかけようと頑張るものの、鎖がユラユラ揺れるので
うまく足がかからず、そのうち腕の力が無くなり、ついにさとちゃんもギブアップ。
2015年5月3日裏妙義23
結局、登れたのはベテランN水さんだけでしたが
実は丁須の頭は、墜死事故も多い難所。
初心者の3人、無理せず諦めて正解だったようです。

下山は、鍵沢コースを使います。
2015年5月3日裏妙義24
振り返ると、まだ丁須の頭が見えていました。
2015年5月3日裏妙義25
鍵沢ルートの他に、ちょっと難易度の高い、御岳コースがあり
N水さんが何度も地図を確認していましたが、どうやらここが鍵沢コース
間違いないようです。
2015年5月3日裏妙義26
だいぶ下山したところで、滝がありました。
これは、麻苧ノ滝かな?
しかし地図上、鍵沢コースでは、麻苧ノ滝には出ないはず・・・
2015年5月3日裏妙義27
崩落しているところもあるので、慎重に。
写真では緩やかに見えますが、結構な傾斜の上に、落ち葉のせいで滑りやすいです。
2015年5月3日裏妙義28
まだまだ、難所が続きます。
ロープのあるところまでは、四つん這いになって下ります。
2015年5月3日裏妙義29
ようやく無事、下山しました。
2015年5月3日裏妙義30
碓氷川に架かる、麻苧の吊り橋
高さは、約40m。
2015年5月3日裏妙義31
橋には、町の鳥であるオシドリと、町の花である梅がディスプレイされています。
2015年5月3日裏妙義32
近隣の地図。
2015年5月3日裏妙義33
宿に戻る途中で、酒屋を見つけました。
しかも、オゼノユキドケが売られています。
ここは当然、乾杯でしょう。
1名、コーヒーの人がいますが、そこは気にせず。
2015年5月3日裏妙義34
宿に戻ったら、自慢の料理が待っています。

裏妙義5/3-3-

2015.11.30(Mon) | EDIT

かりに道が混んでいたとしても、あまりにも遅すぎるタクシー。
N水さんは、宿のオーナーの助けを借りて、別の会社に連絡を始めました。
O夫は痺れを切らし、ちょうど駅前に停まったタクシーを捕まえに走ります。
声をかけてみると、何と予約していたタクシー会社ではありませんか。
「あれ?N水さんの予約は、明後日と聞いていますが」
しかも次の電車で到着する人の予約車で、乗ることはかなわず
結局、別のタクシーで東京屋さんを出発したのは、予定の1時間後でした。

ようやく、裏妙義登山のスタート地点、国民宿舎裏妙義に到着。
2015年5月3日裏妙義1
ルートの確認。
今回は、籠沢コースから鍵沢コースに抜けます。
2015年5月3日裏妙義2
それではスタート。
目指すのは、丁須の頭
2015年5月3日裏妙義3
しばらく舗装された道を歩き、ここからいよいよ入山です。
2015年5月3日裏妙義4
最初は大きな岩をよけながらの道。
2015年5月3日裏妙義5
いよいよ、妙義らしい鎖場の登場です。
2015年5月3日裏妙義6
運動神経抜群のさとちゃんは、初めての鎖場も楽々登攀。
2015年5月3日裏妙義7
鎖場を過ぎると、岩の亀裂を進みます。
2015年5月3日裏妙義8
ひらけた場所に出ました。
今まで歩いてきた場所に比べると、少し歩きやすいです。
2015年5月3日裏妙義9
目指す、丁須の頭の標識が現れました。
2015年5月3日裏妙義10
左上の突き出た岩、これが丁須の頭
2015年5月3日裏妙義11
鎖場を登り終えたところで、休憩。
まだ雪の残っている、浅間山が見えています。
2015年5月3日裏妙義12
ギザギザの山は、表妙義
いつもは、表妙義からここ、丁須の頭を眺めていたので
こんな風に、反対側から表妙義を見るのは新鮮です。
2015年5月3日裏妙義13
昼食は、東京駅の駅弁屋「踊」で購入しておいた
東京名物 深川めし
2015年5月3日裏妙義14
深川めしといえば、あさりとあなごです。
2015年5月3日裏妙義15
もう1品、大船軒の湘南しらす弁当
2015年5月3日裏妙義16
ご飯の上には、たっぷりのしらすと桜エビにイクラ。
2015年5月3日裏妙義17
お腹が一杯になったところで、いよいよ丁須の頭に挑戦です。

裏妙義5/3-1-

2015.11.25(Wed) | EDIT

Oつがいの山の先生N水さんと、何年も前から「行こうね」と言っていた、裏妙義
今年、やっと実現しました。
メンバーはN水さんと、Oつがいの水泳の先生、さとちゃん。
集合場所は、東京駅です。

少し早目に到着したOつがいは、駅弁屋「踊」さんで朝食と昼食を購入。
2015年5月3日東京駅1
待ち合わせ場所の、新幹線改札へ。
2015年5月3日東京駅2
迷子になりかけていたさとちゃんを上手く捕まえ、全員集合。
新幹線ホームへ。
2015年5月3日東京駅3
今回乗車するのは「はくたか555号」
そう、開業したばかりの、北陸新幹線です。
ホームに上がると、すでに入線していました。
2015年5月3日東京駅4
少々鉄分のあるN水さんとOつがいは早速、新型車両E7系・W7系の撮影会。
2015年5月3日東京駅5
はくたかを撮影していると、お隣のホームには、はやぶさE5系が入線してきました。
2015年5月3日東京駅6
発車時間が近づいてきたので、車内へ。
2015年5月3日東京駅7
E7系・W7系の車内。
新幹線らしく、ほどなく静かに発車しました。
2015年5月3日はくたか車内
目的地の高崎までは、あっという間なので、早速朝食。
東京駅で購入したのは、品川弁当です。
2015年5月3日品川弁当1
中身は、穴子天ぷらと刻み海苔のご飯に、あさりご飯。
おかずには鯵酢漬、鮪利休焼、定番の煮物など。
2015年5月3日品川弁当2
お弁当を食べ終わると、もう降車駅の高崎です。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR