fc2ブログ

タグ:「表妙義」

2017年妙義山4/29-1-

2018.02.07(Wed) | EDIT

群馬県の表妙義へ行くことになりました。数えてみたら、なんと7年振りです。
メンバーは、引率のN水さんと、Oつがいの水泳の先生、さとちゃんの4人。
早朝、東京駅の新幹線改札前で待ち合わせ。
2017年4月29日東京〜磯部1
ホームに上がると、乗車予定の北陸新幹線はくたか551号は、入線済み。
2017年4月29日東京〜磯部2
「初」北陸新幹線なので、ちょっと写真を撮ってから乗車。
2017年4月29日東京〜磯部3
E7系に乗るのも、初めてです。
2017年4月29日東京〜磯部4
あっという間に、高崎へ到着。
ここで、在来線に乗り換え。
2017年4月29日東京〜磯部5
横川行きの電車も、到着済みでした。
2017年4月29日東京〜磯部6
磯部で下車します。
2017年4月29日東京〜磯部7
磯部駅前。
7年前と、全く変わらぬ佇まい。
2017年4月29日東京〜磯部8
磯部温泉は、温泉記号発祥の地。
記念碑が、駅前にあります。
2017年4月29日東京〜磯部9
懐かしい駅前の通り。
しかし本当に変わっていないな〜。
2017年4月29日東京〜磯部10
本日の宿、見晴館に到着。
登山に必要のない荷物を預かってもらいます。
2017年4月29日東京〜磯部11
見晴館から、タクシーで登山道の入り口へ。
2017年4月29日東京〜磯部12
それでは、いよいよ入山。
スポンサーサイト



裏妙義5/3-3-

2015.11.30(Mon) | EDIT

かりに道が混んでいたとしても、あまりにも遅すぎるタクシー。
N水さんは、宿のオーナーの助けを借りて、別の会社に連絡を始めました。
O夫は痺れを切らし、ちょうど駅前に停まったタクシーを捕まえに走ります。
声をかけてみると、何と予約していたタクシー会社ではありませんか。
「あれ?N水さんの予約は、明後日と聞いていますが」
しかも次の電車で到着する人の予約車で、乗ることはかなわず
結局、別のタクシーで東京屋さんを出発したのは、予定の1時間後でした。

ようやく、裏妙義登山のスタート地点、国民宿舎裏妙義に到着。
2015年5月3日裏妙義1
ルートの確認。
今回は、籠沢コースから鍵沢コースに抜けます。
2015年5月3日裏妙義2
それではスタート。
目指すのは、丁須の頭
2015年5月3日裏妙義3
しばらく舗装された道を歩き、ここからいよいよ入山です。
2015年5月3日裏妙義4
最初は大きな岩をよけながらの道。
2015年5月3日裏妙義5
いよいよ、妙義らしい鎖場の登場です。
2015年5月3日裏妙義6
運動神経抜群のさとちゃんは、初めての鎖場も楽々登攀。
2015年5月3日裏妙義7
鎖場を過ぎると、岩の亀裂を進みます。
2015年5月3日裏妙義8
ひらけた場所に出ました。
今まで歩いてきた場所に比べると、少し歩きやすいです。
2015年5月3日裏妙義9
目指す、丁須の頭の標識が現れました。
2015年5月3日裏妙義10
左上の突き出た岩、これが丁須の頭
2015年5月3日裏妙義11
鎖場を登り終えたところで、休憩。
まだ雪の残っている、浅間山が見えています。
2015年5月3日裏妙義12
ギザギザの山は、表妙義
いつもは、表妙義からここ、丁須の頭を眺めていたので
こんな風に、反対側から表妙義を見るのは新鮮です。
2015年5月3日裏妙義13
昼食は、東京駅の駅弁屋「踊」で購入しておいた
東京名物 深川めし
2015年5月3日裏妙義14
深川めしといえば、あさりとあなごです。
2015年5月3日裏妙義15
もう1品、大船軒の湘南しらす弁当
2015年5月3日裏妙義16
ご飯の上には、たっぷりのしらすと桜エビにイクラ。
2015年5月3日裏妙義17
お腹が一杯になったところで、いよいよ丁須の頭に挑戦です。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR