fc2ブログ

タグ:「獅子浜」

2017年大瀬崎3/12-3-

2018.01.26(Fri) | EDIT

大瀬崎でのダイビングを終え、獅子浜にある干物屋増米」さんへ。
2017年3月12日 増米1
さて、本日は何にしましょうか?
2017年3月12日 増米2
まずは、地物きびなご
2017年3月12日 増米3
おつまみにピッタリな、干物の端材を使った
カリカリ骨せんべい
2017年3月12日 増米4
今日は、豊富な瓶詰商品の中から
2017年3月12日 増米5
お酒に合いそうな、いか明太を選びました。
2017年3月12日 増米6
あったらラッキーの、かきくんせいオリーブオイル漬を発見。
パスタに和えると、最高なんです。
2017年3月12日 増米7
買い物の後は、増米さん名物の、試食大会。
七輪の上に、次から次と、干物が置かれていきます。
2017年3月12日 増米8
この日も、試食品だけで、お腹が一杯になってしまいました。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト



2015大瀬崎12/30-3-

2016.11.27(Sun) | EDIT

大瀬崎でのダイビングを終え、いつものように獅子浜干物屋さんへ。
この日は、増米さんへ伺うことに。
2015年12月30日大瀬崎21
本日の購入品は、サンマ正油と
2015年12月30日大瀬崎22
地物あじ正油にしました。
2015年12月30日大瀬崎23
増米さんといえば、店外でサービスされる、試食。
この日も七輪の上に、じゃんじゃん干物が並んでいきます。
2015年12月30日大瀬崎24
もう、食べ頃かな?
2015年12月30日大瀬崎25
お店を出る頃、目の前の海は、ちょうどサンセットタイム。
2015年12月30日大瀬崎26
そうそう、干物以外にも購入したものがありました。
右から、自家製ホタテ燻製のオリーブオイル漬け
真ん中は、いかじゃん辛です。
苺キャラメルは、おまけでいただいちゃいました〜。
2015年12月30日大瀬崎27
中は、こんな感じです。
後日パスタに絡めていただきましたが、絶品でした。
2015年12月30日大瀬崎28
5月にPCが壊れた影響で、遅れに遅れてしまいましたが
これにてようやく、2015年分の更新終了です。
気づけば、2016年もあとわずか。頑張らなくては!

大瀬崎11/30-4-

2015.05.21(Thu) | EDIT

大瀬崎を出発し、いつものように干物屋さんへ。
今回寄ったのは「増米」さんです。
11月30日増米
いつも混んでいることの多い増米さんですが
たまたま、この時は空いていました。
11月30日増米入口
まず選んだのは、ししゃもきくらげ
11月30日ししゃもきくらげ
やはり、塩辛も外せません。
今回は、いか塩辛焦がし醤油。
11月30日いか塩辛焦がし醤油
地物のたちうお。
11月30日地物たち
最後の1枚だった、ほっけ。
11月30日北海道ほっけ
そして、増米さんのオリジナル新商品。
ほたて燻製のオリーブオイル漬です。
11月30日増米オリジナル
ひと通り買い物が済んだところで、顔馴染みのお母さんが
声をかけて下さり、試食のあじの干物をいただくことに。
11月30日試食1
Oつがいの席の下には、可愛い猫ちゃん。
11月30日増米猫1
増米さん家の猫のようで、人馴れしているのか
こんなに寄っても、まったく動じず。
Oつまと「可愛いね~」なんて、話していたのですが・・・
11月30日増米猫2
干物が焼ける間、獅子浜エントリー口の方を覗いてみると
ダイバーの姿が見えました。
11月30日獅子浜
「そろそろ焼けたかな」と戻ってきたら、干物がない・・・猫もいない・・・
O夫が思わず「食べられた!」と叫ぶと、お母さんが慌てて
店の奥から出てきて、「こらーっ」と猫ちゃんを追いかけます。
まるでサザエさんのような場面に、大笑いしていたら
お母さんが、新しい干物を持ってきてくれました。
イワシにアジにハリコ(サンマの子)と、何だかさっきより豪華になっています。
11月30日試食2
このイワシがあんまり美味しかったので、追加で購入。
11月30日地物いわし
美味しい干物も買えたし、楽しい寸劇も見られたし
安全運転で、帰ります。

大瀬崎3/30-4-

2014.06.18(Wed) | EDIT

土砂降りの大瀬崎を出発し、いつものようにひものを買うため
小角水産に、やってきました。
3月30日小角水産
お店の前の、獅子浜の海も、大荒れです。
3月30日獅子浜の海
いつもは外に出してある、おすすめ品の看板も、この日は店内に取り込まれていました。
3月30日おすすめ品
まずは、塩辛を買うため、瓶物のコーナーへ。
3月30日瓶物コーナー
イカの塩辛が定番ですが、今回は気分を変えて、ホタテの塩辛を購入。
3月30日ホタテ塩辛
Oつがいの大好物、ホタルイカ沖漬を見つけました。
お酒のアテに、ピッタリなんですよね~。
もちろん、購入。
3月30日ホタルイカ沖漬
狙っていた、釜揚しらすもあったので、こちらも購入。
3月30日釜揚しらす
久しぶりに、イカトンビもお買い上げ。
じっくり焼くと実においしい、珍味です。
3月30日イカトンビ
小角水産に来たら、絶対に外せない、サバ醤油干
3月30日サバ醤油干
そのほかに「しそちりめん」「戸田の塩」そして、Oつまの同僚さんへ
ひと口サイズの、アジを購入。
3月30日その他の購入品
もはや暴風雨と言ってもいい天候なので、安全運転で帰ります。

獅子浜10/13-1-

2014.01.06(Mon) | EDIT

8月に腰を痛めて以来、しばらくダイビングを我慢していました、Oつま。
「もう限界です!」と、病院の先生(ダイバー)に訴えたところ
いくつかの条件付きで、許可がおりました。
手っ取り早いのはボートダイビングなのですが、ボートフィーをケチりたい一心で
ビーチでも条件を何とかクリアできる場所はないか、熟考した結果
西伊豆獅子浜」に、決定。
早速、獅子浜のオーナーに、状況を説明したところ
「ウチのスタッフは力持ちだから、安心してお越しください」
器材を運ぶのはもちろん、水面脱着など、至れり尽くせりの体制で
Oつまを迎えてくれるそうです。
オーナー、ありがとうございます。

さて、当日のダイビング
約束通り、お姫様ダイビングでエントリーしたOつまと共に、南のエリアへ。
何を見に行ったかいうと、「幻の」ムギワラエビ
Oつがいがダイビングを始めたころ、この手のエビはみ~んな
ムギワラエビだったのです。
しかしある時、本当の名前はオルトマンワラエビだという事が、判明。
「じゃあ、今まで見てきたのは、すべてオルトマンだったの?」
ムギワラエビは、今まで1個体も見ていない、ということなのか!?」と大混乱(笑)
Oつがいも、自信をもって断言できずにいましたが、もう大丈夫。
これが正真正銘の、ムギワラエビ(のはず)。
やっと見れたムギワラエビ
脚の関節の「赤・白」の斑紋を、しげしげと眺め
「よし!ついにザ・ムギワラエビを確認したぞ」と、悦に浸るOつがい。

その後、ムレハタタテダイの幼魚に、遊んでもらいました。
ムレハタタテダイ(幼魚)
2013年、伊豆半島の各地で観察された、カミソリウオ
獅子浜には、ペアでいました。
カミソリウオのペア
成魚になると、鰭を全然開いてくれない、イラですが
なぜか幼魚の時は気前よく、バンバン開いてくれます。
獅子浜は特に、イラの幼魚が、多いような気がします。
イラの幼魚
浅場に戻ったところで、O夫が刺さってしまった、ニジギンポの幼魚。
全長1.5cmくらい。
この場所がお気に入りのようで、小さな目でキョロキョロと、O夫を気にしつつも
色んなポーズを、決めてくれました。
ニジギンポ(幼魚)
一方Oつまは、シラヒゲウニの上にいた、ゼブラガニを激写中。
ゼブラガニとシラヒゲウニ
Oつまが浮上してくるや否や、器材を受け取りに、スタッフがやってきました。
オーナーそして一真君、ありがとうございます。
2本目も、よろしく~。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR