04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

2016年新横浜ラーメン博物館・支那そばや6/19 

支那そばやさんの、30周年記念ラーメン第2弾を狙って
新横浜ラーメン博物館へ、やってきました。
2016年6月19日支那そばや1
この日も、開館とほぼ同時に入りましたが
Oつがいよりも早く、着席している方がいて、ビックリ!
2016年6月19日支那そばや2
本日のお目当ては、30周年記念・ラーメン人気投票で2位の「八戸麺道 大陸
1日50食限定の商品です。
トッピングは、青森県十和田産「ガーリックポーク」のチャーシューを
2種類(モモ・肩ロース)、そして江戸菜、メンマ、ネギ。
2016年6月19日支那そばや3
スープのベースは、濃厚なダシが特徴の、青森県産銘柄地鶏「シャモロック」。
甘みを出すために、小川原湖産の「もくず蟹」、スルメ、焼き干しに
ホタテ貝柱をプラス。
さらに醤油ダレには、シジミから抽出したエキスと、酒粕・もろみを使用と、
凝りに凝っています。
2016年6月19日支那そばや4
麺は、岩手県産小麦粉「南部小麦」「ねばりごし」を使って
青森南部の郷土料理ひっつみ」をイメージし、モチモチとした食感と
口に含む時の舌触りを、表現したそうです。
2016年6月19日支那そばや5
支那そばやさんの、30周年記念ラーメンも、残すは1位のラーメンのみ。
どんな一杯なのでしょうか?楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

タグ: 新横浜ラーメン博物館  支那そばや  八戸麺道  大陸  青森  シャモロック  ひっつみ  郷土料理 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年新横浜ラーメン博物館・支那そばや4/24 

また別の日。
月に2度目の、新横浜ラーメン博物館に出かけました。
今回は「支那そばや」さんです。
2016年4月24日支那そばや1
今回のお目当ては、1日20食・期間限定の、支那そばや30周年・花山椒塩らぁ麺
入手困難で、貴重な食材"花山椒"を使った、新メニューとのこと。
2016年4月24日支那そばや2
塩ベースのあっさりしたスープに「鴨オイル」でコクをプラス。
2016年4月24日支那そばや3
これが目玉の"花山椒"。
花山椒は山椒よりも「香り」と「辛味」が強く、春だけしか食べることのできない
旬な食材。
今回「支那そばや」さんでは、奈良県吉野町から取り寄せた「フレッシュな花山椒」を
使用しているそうです。
2016年4月24日支那そばや4
具材は、国産の鴨肉と焼きネギ、そしてタケノコ。
2016年4月24日支那そばや6
鴨肉に相性抜群の「金柑のコンポート」を添え、鴨肉本来の旨味を引き立たせているそう。
もはやこれはラーメンを超えた、中華?それともフレンチ?いやいや和食?
2016年4月24日支那そばや5
麺にまで、香り高い「粉山椒」を練りこんであります。
2016年4月24日支那そばや7
素材にこだわったラーメンの鬼、故佐野実氏のポリシーを受け継いだ一杯でした。

この日は「支那そばや」さんを出た後、イタリア・ミラノから出店中の
カーザルカ」さん(2017年1月9日にラーメン博物館を卒業)に寄りました。
2016年4月24日カーザルカ1
イタリアのビールMORETTIを注文。
キンキンに冷えたグラスに、なみなみと注いで
2016年4月24日カーザルカ2
乾杯!
2016年4月24日カーザルカ3
美味しいラーメンの後に、美味しいビール
至福の一時でした。

テーマ: 外食グルメ

ジャンル: グルメ

タグ: 新横浜ラーメン博物館  支那そばや  花山椒塩らぁ麺  金柑のコンポート  カーザルカ  MORETTI  ビール 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年新横浜ラーメン博物館・BAR RYOji&すみれ4/9 

新横浜ラーメン博物館へ、行ってきました。
この日は、Oつがいの水泳の先生さとちゃん、さとちゃんの友達で
スポーツインストラクターの、さっちゃんが一緒です。
ラー博は初めてのさっちゃんに付き合って、館内散策した後
まずは、オープンスペースのBAR RYOjiへ。
2016年4月9日BARRYOji
テーブル席とカウンター席、どちらも空いていましたが
今回は4人で座れる、テーブル席に陣取って
2016年4月9日BARRYOjiテーブル席
ドイツ・フランクフルトから出店中の、無垢-muku-ツヴァイテさんで販売している
ビットブルガーの樽生で、乾杯!
2016年4月9日ビットブルガー
横では、ちょうど大道芸の真っ最中。
2016年4月9日大道芸
ん?げ、限定・・・
2016年4月9日りょう次コロッケ1
やっぱり買っちゃいました、りょう次コロッケ
限定品に、弱いんです。
2016年4月9日りょう次コロッケ2
りょう次さんは、沖縄から出店しているので
ついでに海ぶどうも、注文。
2016年4月9日海ぶどう
そろそろ、本命のラーメンを食べに、移動しましょう。
今回は、札幌の人気店「すみれ」さんへ。
2016年4月9日すみれ
注文したのは、旨辛正油ラーメン
唐玉がトッピングされています。
2016年4月9日旨辛正油ラーメン1
油膜が、熱々状態をキーブしてくれる、すみれさんのスープ。
2016年4月9日旨辛正油ラーメン2
麺は、もちもちとした極太平打麺です。
2016年4月9日旨辛正油ラーメン3
スープを最後まで飲むと、丼の底には「感謝」の文字が。
2016年4月9日旨辛正油ラーメン4
すみれさん、いつも行列なのがわかる美味しさでした。

テーマ: 外食グルメ

ジャンル: グルメ

タグ: 新横浜ラーメン博物館  ビットブルガー  海ぶどう  りょう次コロッケ  すみれ  旨辛正油ラーメン  無垢-muku-ツヴァイテ  BAR  RYOji   

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年新横浜ラーメン博物館・二代目げんこつ屋3/6 

今回の新横浜ラーメン博物館は、Oつがいの水泳の先生
さとちゃんと一緒です。
お休みの日、プライベートレッスンを引き受けてくれたので
そのお礼に招待しました。
ということで今回は、さとちゃんがお店を選び、二代目げんこつ屋さんへ。
2016日3月6日二代目げんこつ屋1
この日は電車で来たので、ビールも飲めちゃいます。
2016日3月6日二代目げんこつ屋2
ビールのアテに、げんこつ屋特製ジャンボ餃子を注文。
2016日3月6日二代目げんこつ屋3
普通の餃子の2個分くらいかな?具もたっぷり。
2016日3月6日二代目げんこつ屋4
ビールの後は、げんこつら〜めん(醤油)を注文。
具は、チャーシュー、のり、煮玉子、メンマ、ネギとシンプル。
2016日3月6日二代目げんこつ屋5
スープは、マグロ節をメインとした和風スープと
豚骨・鶏ガラから抽出した白湯スープを、ブレンドしたもの。
2016日3月6日二代目げんこつ屋6
麺はのどごしのよい、多加水のストレート麺。
2016日3月6日二代目げんこつ屋7
なるほど、注文を受けてから切り出しするんですね。
2016日3月6日二代目げんこつ屋8
こちらが、麺切り機。
忙しそうに、四六時中ガタンガタンと動いていました。
2016日3月6日二代目げんこつ屋9
二代目げんこつ屋さんは、Oつがいも初めてでしたが、おいしかったです!

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

タグ: 新横浜ラーメン博物館  二代目げんこつ屋  ビール  ジャンボ餃子  げんこつら〜めん 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年新横浜ラーメン博物館・琉球新麺 通堂1/24 

2016年最初の、新横浜ラーメン博物館
お目当ては、居酒屋りょう次さんの中でいただける
琉球新麺 通堂(とんどう)の、ラーメンです。

ご当地ラーメンがない地域に、新たなラーメンを提案するという
新横浜ラーメン博物館の企画「新ご当地ラーメン創生計画」により
2001年に誕生した「通堂」。
プロデュースしたのは、博多「一風堂」の、河原成美さん。
今では沖縄県内で、5店舗を展開するお店へと成長したそうです。
2016日1月24日居酒屋りょう次1
それでは、店内へ。
2016日1月24日居酒屋りょう次2
注文したのは、通堂うま塩ラーメンおんな味
ちなみにおんな味は、塩味のこと。おとこ味はとんこつです。
チャーシューは肩ロースを「真空低温調理」したもの。
乗っている玉子は、塩と昆布で味つけをしたという「塩昆布玉子」。
2016日1月24日居酒屋りょう次3
スープは、豚のげんこつと鶏ガラ、数種類の野菜、昆布で作られているそうです。
2016日1月24日居酒屋りょう次4
麺は、つるつるした食感が特徴。
いわゆる沖縄そばの麺とは、ぜんぜん違います。
2016日1月24日居酒屋りょう次5
きざみ昆布も、珍しいですね。
2016日1月24日居酒屋りょう次6
ごちそうさまでした〜。
帰りがけに、ミュージアムショップへ寄ってみると
ベビースターラーメンレトロパックが!
2016日1月24日居酒屋りょう次7
通堂」さんのラーメンは、1日100杯限定ですので、お早めにどうぞ。

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

タグ: 新横浜ラーメン博物館  琉球新麺  通堂  居酒屋りょう次  うま塩ラーメンおんな味  ベビースターラーメンレトロパック 

[edit]

trackback: -- | comment: 0