fc2ブログ

タグ:「弘法大師」

2023年琴平・高松1/9-9-

2023.08.29(Tue) | EDIT

屋嶋城からは、タクシーを降りた場所へ戻るのに
屋島寺の境内を通った方が早そうです。
この仁王門から、境内へ。
因みに、お遍路さんの正規ルートは、こちらの門からだそうです。
2023年1月9日1屋島寺・仁王門
仁王門から少し進むと、四天門が現れます。
増長天・持国天、多聞天・広目天の四天王像(東大寺型)が安置されているのが
名の由来だそうですが、知らなかったので、見学せずそのまま通過してしまいました。
2023年1月9日2屋島寺・四天門
屋島寺は、天平勝宝のころ鑑真和上によって開創されたと伝えられ
のち和上の弟子で、東大寺戒壇院の恵雲律師が、堂塔を建立して精舎を構え
屋島寺」と称し初代住職になりました。
また弘仁6年(815)、弘法大師は嵯峨天皇(在位809〜23)の勅願を受けて屋島寺を訪ね
北嶺にあった伽藍を現在地の南嶺に移し、また十一面千手観音像を彫造し
本尊として安置したそうです。
鎌倉様式を忠実に再建した、重要文化財の本堂。
2023年1月9日3屋島寺・本堂
参拝の後、境内を散策。
赤い鳥居が並ぶ、蓑山明神
日本三大狸と称される、屋島太三郎狸が祀られています。
言い伝えによると
「鑑真が日本に渡り、奈良へ赴く途中のこと。
瀬戸内海を船で移動していると、山頂に光り輝くものの気配を感じ
すぐにその地を訪ねることにした。
そこで盲目の名僧を山頂まで案内したのが、太三郎狸であったとされる。」
2023年1月9日4屋島寺・蓑山明神
弘法大師を祀っている、大師堂
2023年1月9日5屋島寺・大師堂
屋島寺の鐘楼・・・
なのに、鐘が外されています。
2023年1月9日6屋島寺・鐘楼
鑑真和上が祀られている、三躰堂
2023年1月9日7屋島寺・三躰堂
千躰堂には、千躰の観音様が祀られているそうです。
2023年1月9日8屋島寺・千躰堂
東大門。
駐車場から近いので、観光客にとっては、ここが入口にあたる感じです。
2023年1月9日9屋島寺・東大門
駐車場に戻ったものの、さて、ここからどうやって山を下るか・・・
スポンサーサイト



2023年琴平・高松1/8-6-

2023.06.21(Wed) | EDIT

参道に戻ってすぐに見つけた「吉田家」さんというお店で、昼食にします。
2023年1月8日1吉田家
Oつがいが入店した時は、まだ空いていましたが、この後すぐ満席になりました。
2023年1月8日2吉田家
注文したのは、こんぴらうどんビール
讃岐うどんと、こんぴらうどんの違いが分かりませんが
とにかく香川県に入って、最初のうどんです。
2023年1月8日3吉田家
手打ちの麺は、腰がしっかりしていて、美味しい。
いりこだしのつゆは、優しい味わい。
2023年1月8日4吉田家
あっというまに完食し、お土産用のうどんまで購入しちゃいました。

昼食を終え、琴平駅へ。
2023年1月8日5琴平駅
停車中の、高松行きに乗ります。
2023年1月8日6・12時13分高松行き
席は、そこそこ埋まっていました。
2023年1月8日7高松行き車内
1駅乗って、善通寺駅で下車。
2023年1月8日8善通寺駅
ここから、弘法大師誕生の地へ移動します。

2018年太宰府・宗像12/24-3-

2019.05.04(Sat) | EDIT

次に訪れたのは、宗像大社にもゆかりの深い、鎮国寺
鎮国寺HPにあった、鎮国寺略縁起によると

弘法大師(空海)は、第16次遣唐使船で入唐の砌(みぎり)、大暴風雨に遭遇されました。
この時危難を救わんが為、海の守護神宗像大神をはじめ諸仏菩薩に祈誓を込められたところ
波間に不動明王が示現されました。
右手に持たれる般若の利剣で波を左右に振り払われると、荒れ狂う風波は瞬く間に静まり
無事唐土に着くことが出来たのです。
首都長安(西安)において、青龍寺の恵果阿闍梨から真言の秘法を授かり
大同元年(806)に帰朝された弘法大師は、まず宗像大社に礼参されました。
その時、屏風山に瑞雲が棚引くのを観られ、奥の院岩窟において修法を始められたところ
「この地こそは鎮護国家の根本道場たるべき霊地」とのお告げをこうむり
一宇を建立し、屏風山鎮国寺と号されました。

正面の大きな建物は護摩堂、右手の建物が本堂(五仏堂)です。
1650(慶安3)年、福岡藩2代藩主、黒田忠之により建立されました。
五仏というのは、宗像三社に織幡神社、許斐(このみ)権現を合わせた、
宗像五社の本地仏に比定されている、仏さまの木像のことです。
2018年12月24日1鎮国寺
まずは、五仏堂でお参りしましょう。
<大日如来>
宗像大社沖津宮の御祭神・田心姫神(たごりひめのかみ)の本地仏。
伝・弘法大師作。九州八十八ヶ所霊場結願札所本尊。
<釈迦如来>
宗像大社中津宮の御祭神・湍津姫神(たぎつひめのかみ)の本地仏。伝弘法大師作。
九州八十八ヶ所霊場結願札所本尊。
<薬師如来>
宗像大社辺津宮の御祭神・市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)の本地仏。
伝・弘法大師作。
<阿弥陀如来>
許斐(このみ)権現の本地仏。定朝仏師が奉安されたと伝えられています。
<如意輪観世音菩薩>
織幡(おりはた)明神の本地仏。
伝教大師によって奉安されたと伝えられています。九州西国霊場三十一番札所本尊。
2018年12月24日2鎮国寺
本堂の向かいにあるのは、大師堂
2018年12月24日3鎮国寺
さて、宗像大社ゆかりの仏様にもお目にかかれたところで、
実はここからが本番。奥の院へ向かいます。
2018年12月24日4鎮国寺
ここからは、ずっと登りです。
ガイドさんによると、かなり急な階段が続き、途中で挫折する方も多いそう。
2018年12月24日5鎮国寺
奥の院に向かう途中にある、大きな石。
この石には近年、梵字が発見され、弘法大師空海が刻んだと言われています。
梵字の場所、わかりますか?
2018年12月24日6鎮国寺
奥の院に到着しました。
山の中腹、ひんやりとした空気に包まれています。
2018年12月24日7鎮国寺
右側の岩壁に張り付くように、奥の院が建っています。
建物は、そのまま岩窟に繋がっており、帰朝間もない弘法大師が
ここで修法をされたと伝えられています。
幟の奥、建物の壁には、結界を示す張り紙。
奥の院の内部にも、結界が張られていて、その先に入ってはいけません。
2018年12月24日8鎮国寺
皆さん、奥の院の外側だけ見学して、帰られてしまうそうですが
実は、内部も見学可能です。
ただ明かりがなく真っ暗なので、懐中電灯が必須。
また、絶対に結界を越えないでくださいね。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR