fc2ブログ

タグ:「屋嶋城」

2023年琴平・高松1/9-9-

2023.08.29(Tue) | EDIT

屋嶋城からは、タクシーを降りた場所へ戻るのに
屋島寺の境内を通った方が早そうです。
この仁王門から、境内へ。
因みに、お遍路さんの正規ルートは、こちらの門からだそうです。
2023年1月9日1屋島寺・仁王門
仁王門から少し進むと、四天門が現れます。
増長天・持国天、多聞天・広目天の四天王像(東大寺型)が安置されているのが
名の由来だそうですが、知らなかったので、見学せずそのまま通過してしまいました。
2023年1月9日2屋島寺・四天門
屋島寺は、天平勝宝のころ鑑真和上によって開創されたと伝えられ
のち和上の弟子で、東大寺戒壇院の恵雲律師が、堂塔を建立して精舎を構え
屋島寺」と称し初代住職になりました。
また弘仁6年(815)、弘法大師は嵯峨天皇(在位809〜23)の勅願を受けて屋島寺を訪ね
北嶺にあった伽藍を現在地の南嶺に移し、また十一面千手観音像を彫造し
本尊として安置したそうです。
鎌倉様式を忠実に再建した、重要文化財の本堂。
2023年1月9日3屋島寺・本堂
参拝の後、境内を散策。
赤い鳥居が並ぶ、蓑山明神
日本三大狸と称される、屋島太三郎狸が祀られています。
言い伝えによると
「鑑真が日本に渡り、奈良へ赴く途中のこと。
瀬戸内海を船で移動していると、山頂に光り輝くものの気配を感じ
すぐにその地を訪ねることにした。
そこで盲目の名僧を山頂まで案内したのが、太三郎狸であったとされる。」
2023年1月9日4屋島寺・蓑山明神
弘法大師を祀っている、大師堂
2023年1月9日5屋島寺・大師堂
屋島寺の鐘楼・・・
なのに、鐘が外されています。
2023年1月9日6屋島寺・鐘楼
鑑真和上が祀られている、三躰堂
2023年1月9日7屋島寺・三躰堂
千躰堂には、千躰の観音様が祀られているそうです。
2023年1月9日8屋島寺・千躰堂
東大門。
駐車場から近いので、観光客にとっては、ここが入口にあたる感じです。
2023年1月9日9屋島寺・東大門
駐車場に戻ったものの、さて、ここからどうやって山を下るか・・・
スポンサーサイト



2023年琴平・高松1/9-8-

2023.08.26(Sat) | EDIT

眺めのいい場所から、少し進んだところに
目指していた、古代山城屋嶋城(こだいやましろやしまのき)の入口があります。
2023年1月9日1屋嶋城
当時、朝鮮半島では高句麗、百済、新羅(こうくり、くだら、しらぎ)という3つの国が争い
倭は新羅と唐(現在の中国)の連合軍に滅ぼされた、百済に援軍を求められ
663年「白村江(はくすきのえ)の戦い」に参戦するも、大敗北。
中大兄皇子は国を守るため、交通の要所に城を築かせました。
2023年1月9日2屋嶋城
日本書記』にも「倭國に高安城、讃吉國山田郡に屋嶋城、対馬國に金田城を築く」という記述が
残っているにも関わらず、その実態の特定が難しく「幻の城」と呼ばれてきたのだそうです。
2023年1月9日3屋嶋城
古代の屋島は、備讃瀬戸に浮かぶ文字通りの「島」でした。
「メサ」と呼ばれる、切り立った溶岩台地の断崖が連続した独特の地形が
自然の要塞となり、城づくりに適していたのではないかといわれています。
屋島は北嶺と南嶺の2つからなっていて、屋嶋城の遺構が確認されているのは
現在のところ、南嶺山上と標高100mほどにある浦生(うろ)地区です。
2023年1月9日4屋嶋城・城門
屋嶋城の調査研究は大正時代から行われており、西麓の浦生(うろ)集落の上方にある
石塁跡はすでに知られていました。
そんな中、地元の歴史愛好家が平成10年に、山林に埋もれた石積みの一部を発見し
これを機に、高松市教育委員会が発掘調査を開始。
そして平成14年、城門が発見されたことにより、屋嶋城の実在が確実になりました。
2023年1月9日5屋嶋城・城門
自然の地形を最大限に活用した屋嶋城は、全長7kmにわたる国内最大級の城壁を有し
そのうち約1割が、人工的に築かれたものと考えられていて
城門跡には、朝鮮半島の城づくりの技術を裏付ける
懸門(けんもん)」や「甕城(おうじょう)」などの遺構も残っています。
2023年1月9日6屋嶋城・城門
大陸からの侵攻に備えた、当時の国家的一大事業。
築かれた頃は「瀬戸内海が一望できる立地だったのだろうな」と、往時に思いを馳せます。
2023年1月9日7屋嶋城・眺望
発見当時の屋嶋城のようす。
2023年1月9日9屋嶋城・石垣
平成19年度からは、高松市により修復工事が行われ
平成28年から「屋嶋城跡城門の一般公開が開始されました。
2023年1月9日8隅丸方形状遺構
貴重な遺構を見学することができ、大満足です。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR