FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

2020年松山・道後1/12-9- 

寶厳寺を後にし、続いて訪れたのは、圓満寺
2020年1月12日1円満寺
この白いお堂の中に、湯の大地蔵と呼ばれる、一丈二尺(3.67m)の
大きな白塗り地蔵尊があります。
写真撮影禁止にはなっていなかった(と思う)のですが、信心深いOつがい。
自粛しました。
2020年1月12日2円満寺
お賽銭箱の上には、木槌が置かれていて、お参りの時にこれを鳴らすようです。
宗像旅行で訪れた、恵比寿神社を思い出しました。
2020年1月12日3円満寺
こじんまりとした、円満寺の本堂。
2020年1月12日4円満寺
さぁ、いよいよ道後温泉本館へ。
先にも記したように、現在は保存修理工事中のため
普段は使用されていない、北側の入口から入館します。
屋根の上の白鷺が、同じく北側を向いているのは
かつてはこの北口こそが、正面入り口だっだからなのだそう。
2020年1月12日1道後温泉本館
館内は当然ながら撮影ができないため、写真はありませんが
保存修理工事中の今だけ、本来は男湯にしかない
「坊っちゃん泳ぐべからず」の木札を、女性も見ることができます。
Oつまも「あった、あった」と、嬉しそうに出てきました。
本館を囲む柵には、羽を休めるかわいい白鷺の姿を見ることができます。
2020年1月12日2道後温泉本館
もう一つ見たかったのは、玉の石
工事中のため、どこにあるのかわからず探してしまいましたが
どうやら、この奥にあるようです。
2020年1月12日3道後温泉本館
お嬢さん達に倣って、小窓から覗くと、遠くに玉の石を確認。
大国主命が、病に苦しむ少彦名命を手のひらに乗せて、道後の湯に浸したところ
快癒をしたので、喜んだ少彦名命は、この上で舞い踊ったと言われています。
もう少し近くで見たかったなぁ。
2020年1月12日4道後温泉本館
温泉で汗を流したら、もう一箇所、神社に参拝します。
スポンサーサイト



テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 寶厳寺  圓満寺  湯の大地蔵  宗像  恵比寿神社  道後温泉本館  玉の石 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2020年松山・道後1/12-8- 

伊佐爾波神社の長い階段を降り、次の目的地に移動中
寶厳寺」の文字が目に入りました。
予定にはなかったのですが、気になったので参拝していくことに。
2020年1月12日1寶厳寺
伊佐爾波神社に比べると穏やかな参道を進み、山門に到着。
2020年1月12日2寶厳寺
お寺の案内によると
元々は、法相宗のお寺でしたが、のちに天台宗になり
その後、正応5(1292)年にお寺を再建した時に、時宗に改められたそうです。
本堂は残念ながら、平成25年に火災で焼失。現在の本堂は、平成28年に再建したもの。
2020年1月12日3寶厳寺
境内には、一遍上人堂があります。
踊り念仏で有名な、時宗の開祖一遍上人は、延応元年(1239年)河野通広の第二子として
この寺の一角で誕生したという説があり、ここ宝厳寺は「一遍上人の誕生地」として
愛媛県指定史跡となっています。
ちなみに、時宗の寺として再興したのは、一遍の弟にあたる仙阿だそうです。
2020年1月12日4寶厳寺
何気なく立ち寄った寶厳寺ですが、とてもいいお寺だったので
つい長居をしてしまいました。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 寶厳寺  伊佐爾波神社  一遍上人  時宗  踊り念仏 

[edit]

trackback: -- | comment: 0