02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

2016年大瀬崎4/30-4- 

ナイトダイビングの前に、夕食です。
メインはいつものように、陶板焼き
2016年4月30日大瀬崎夕食1
他には、お刺身や
2016年4月30日大瀬崎夕食2
天ぷら。
2016年4月30日大瀬崎夕食3
Oつまの大好物、たらの芽の天ぷらも入っていました。
2016年4月30日大瀬崎夕食5
もずく
2016年4月30日大瀬崎夕食4
箸休めのお新香。
2016年4月30日大瀬崎夕食6
魚の煮付けも、いつも通り。
2016年4月30日大瀬崎夕食7
お吸い物。
2016年4月30日大瀬崎夕食8
陶板焼きが、出来上がりました。
2016年4月30日大瀬崎夕食9
特製のポン酢タレでいただきます。
2016年4月30日大瀬崎夕食10
定番メニューながら、ちょっとした季節物が添えられているんですよね。
さあ、ナイトダイビングへ行ってきます。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: ナイトダイビング  陶板焼き  たらの芽  もずく  大瀬崎 

[edit]

trackback: -- | comment: 1

2016年大瀬崎4/30-1- 

ちょうど1ヶ月ぶりに、西伊豆の大瀬崎へ潜りに行ってきました。
1本目は外海の、門下へ。
まずは、ハナタツの様子をチェック。
周囲の環境に合わせたのか、黄色かった体色が少し濃くなり
オレンジ色に変わっています。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(オレンジ)
赤い個体も変わらず、元気でした。
カメラを嫌がって、背中を向けてしまうところも、一緒。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(赤)
確認を終え、場所を移動。
ムチカラマツをよく見てみると、ビシャモンエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎ビシャモンエビ
砂地を移動中の、ミアミラウミウシ
本当に、目立つ体色です。
2016年4月30日大瀬崎ミアミラウミウシ
オウギウミヒドラのてっぺんにいるのは、真っ白いガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
Oつがいの目前をスーッと泳いでいく、マトウダイ
2016年4月30日大瀬崎マトウダイ
遠くには、イヤゴハタも見えます。
2016年4月30日大瀬崎イヤゴハタ
ふてぶてしい、オニカサゴ
これだけ寄っても、微動だにしません。
2016年4月30日大瀬崎オニカサゴ
どっちが前だか全然わからない、ドトラケモサ
ウミウシの仲間です。
ブツブツなのが本体で、その両サイドにある白いものは、卵塊。
2016年4月30日大瀬崎ドトラケモサ&卵
2本目も、門下で潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  ハナタツ  ビシャモンエビ  ミアミラウミウシ  ガーベラミノウミウシ  マトウダイ  イヤゴハタ  オニカサゴ  ドトラケモサ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年大瀬崎3/26-3- 

3本目は、土・日・祝限定のダイビングポイント、先端へ。
いつも先端では、ハナダイの仲間を見に、やや深場へ行くのですが
この日は3本目ということもあり、浅場をサクッと回ります。
最初に見つけたのは、イヤゴハタの幼魚。
Oつがいにとって、イヤゴハタといえば「富戸」のイメージがあり
以前、大瀬崎で見たのはいつだったかわからないくらい、久しぶりの登場。
2016日3月26日大瀬崎1イヤゴハタ(幼魚)
岩の間にいた、オルトマンワラエビ
小さなハサミを振り回して、Oつがいを威嚇してきます。
2016日3月26日大瀬崎2オルトマンワラエビ
移動中、Oつがいの目の前を、小さな粒がたくさん漂ってきました。
どうやら、近くでウミシダが放卵したようです。
2016日3月26日大瀬崎3ウミシダの抱卵
近くにいたのは、このウミシダ。君が放卵したのかな?
2016日3月26日大瀬崎4ウミシダ
海藻のクッションの上で休憩中の、大きなヒラメ
2016日3月26日大瀬崎5ヒラメ
移動中の、アズキウミウシ
2016日3月26日大瀬崎6アズキウミウシ
こちらは、おしゃれな個室で休憩中の、セトミドリガイ
2016日3月26日大瀬崎7セトミドリガイ
この後は夕食後、ナイトダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: イヤゴハタ  オルトマンワラエビ  ウミシダ  ヒラメ  アズキウミウシ  セトミドリガイ  大瀬崎  ダイビング   

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2015大瀬崎12/30-3- 

大瀬崎でのダイビングを終え、いつものように獅子浜干物屋さんへ。
この日は、増米さんへ伺うことに。
2015年12月30日大瀬崎21
本日の購入品は、サンマ正油と
2015年12月30日大瀬崎22
地物あじ正油にしました。
2015年12月30日大瀬崎23
増米さんといえば、店外でサービスされる、試食。
この日も七輪の上に、じゃんじゃん干物が並んでいきます。
2015年12月30日大瀬崎24
もう、食べ頃かな?
2015年12月30日大瀬崎25
お店を出る頃、目の前の海は、ちょうどサンセットタイム。
2015年12月30日大瀬崎26
そうそう、干物以外にも購入したものがありました。
右から、自家製ホタテ燻製のオリーブオイル漬け
真ん中は、いかじゃん辛です。
苺キャラメルは、おまけでいただいちゃいました〜。
2015年12月30日大瀬崎27
中は、こんな感じです。
後日パスタに絡めていただきましたが、絶品でした。
2015年12月30日大瀬崎28
5月にPCが壊れた影響で、遅れに遅れてしまいましたが
これにてようやく、2015年分の更新終了です。
気づけば、2016年もあとわずか。頑張らなくては!

テーマ: 旅日記

ジャンル: 旅行

タグ: 大瀬崎  干物  増米  ダイビング  獅子浜  いかじゃん辛  苺キャラメル  ホタテ燻製のオリーブオイル漬け 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

大瀬崎7/5 

修理に出していたドライスーツやカメラが、やっと戻ってきたので
チェックダイブを兼ねて、西伊豆の大瀬崎に行ってきました。
この日は、なるべく早く帰宅しなければならないため
湾内で、1本だけ潜ります。

早速エントリー。
マアジの群れを抜け、沖を目指します。
7月5日大瀬崎マアジの群れ1
2人で交代しながら、ガラスハゼを撮影。
もうちょっと綺麗なところに、引っ越したら?
7月5日大瀬崎ガラスハゼ
ガラスハゼのすぐそばには、トラギスがいました。
好奇心の強い、表情豊かな魚です。
7月5日大瀬崎トラギス
小さな岩の上に、スズメダイやホシササノハベラ、カサゴが集まっています。
魚たちにとって、居心地のいい場所なんでしょうか?
7月5日大瀬崎カサゴ、ホシササノハベラ、スズメダイ
人工物を巣穴に利用している、マダコ
7月5日大瀬崎タコ1
いいサイズのイセエビ。
強気な個体で、近寄っても全く逃げませんでした。
7月5日大瀬崎イセエビ
砂地にポツンと、ケヤリムシの仲間。
ミナミエラコかな?綺麗でした。
7月5日大瀬崎ミナミエラコ
浅場に戻ってくる途中で、ヤマドリのオスを見つけました。
時々、背鰭を立てるようなそぶりを見せるので、しばらく粘りましたが
そぶりのみで、やる気なく空振り。
7月5日大瀬崎ヤマドリ
現地のガイドさんが「ウミヒルモの花が咲いてますよ」と、教えてくれたので
寄ってみましたが、咲いてません。
この群生地じゃなかったのかなぁ。
現地のガイドさんのログを見ると、正確にはヤマトウミヒルモというみたいです。
7月5日大瀬崎ヤマトウミヒルモ
ウミヒルモの群生地のそばのガレ場には、ペアリング中のアカエソがいました。
7月5日大瀬崎アカエソ
今年は、コブダイの幼魚が多いと聞いていましたが、本当に多かった。
藻場は、どこもかしこも保育園状態でした。
7月5日大瀬崎コブダイ(幼魚)
先ほどより、かなり小さいマダコ
こちらは、貝を利用して巣穴を作っています。
7月5日大瀬崎タコ2
砂地のハナハゼのペア。
この後すぐ、巣穴にスポッと逃げこまれました。
臆病ですが綺麗な魚なので、もう少し寄りたいところです。
7月5日大瀬崎ハナハゼ
マアジの群れのいるエリアに、戻ってきました。
7月5日大瀬崎マアジの群れ2
綺麗なイトヒキベラ
やや後ろ向きなのと、ヒレが全開じゃないのが残念。
7月5日大瀬崎イトヒキベラ
このエリアは、アジだけではなく、ネンブツダイやクロホシイシモチが
混泳して、大きな群れを作っています。
7月5日大瀬崎ネンブツダイの群れ
ホンソメワケベラにクリーニングされ、ほぇ~とリラックス中のカサゴ。
7月5日大瀬崎カサゴクリーニング中
本当はもう1本潜りたいところですが、本日はこれにて終了。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  マアジ  ガラスハゼ  ミナミエラコ  ヤマドリ  ヤマトウミヒルモ  コブダイ  イトヒキベラ  マダコ  ハナハゼ 

[edit]

trackback: -- | comment: 6