fc2ブログ

タグ:「大涌谷」

2022年大雄山〜明神ヶ岳6/19-2-

2022.12.24(Sat) | EDIT

大雄山最乗寺奥の院の裏手から、登山道へ。
そもそも奥の院の裏に、こんな登山道があることを知りませんでした。
登山経験豊富なYたかさんに、ガイドをお願いして良かった。
2022年6月19日1大雄山〜明神ヶ岳
しばらく進むと、苔むした林道に出ます。
2022年6月19日2大雄山〜明神ヶ岳
この林道を横切り、再び登山道へ。
2022年6月19日3大雄山〜明神ヶ岳
ふと足元を見ると、キノコが。
まさか松茸?そんな訳はないか。
椎茸にも見えますが、ツヤツヤしているなぁ。
素人が判断するのは危険なので
写真を撮るだけにして、先へ進みましょう。
2022年6月19日4大雄山〜明神ヶ岳
Oつがいには初めてのルートですが、所々このような案内があり
道に迷うことはあまりなさそう。
2022年6月19日5大雄山〜明神ヶ岳
標高が上がってくると、えぐれたような道になりました。
2022年6月19日6大雄山〜明神ヶ岳
土がニョキニョキ伸びたような側壁。
まるで小さな、柱状節理のよう。
2022年6月19日7大雄山〜明神ヶ岳
知っている場所に出ました。
2022年6月19日8大雄山〜明神ヶ岳
この辺りまで来ると、正面に大涌谷を見ることができます。
2022年6月19日9大雄山〜明神ヶ岳
この赤土が崩落したような場所まで来れば、山頂はもうすぐ。
2022年6月19日10大雄山〜明神ヶ岳
初めての、大雄山〜明神ヶ岳ルート、まもなくゴールです、
スポンサーサイト



2019年明神ヶ岳10/20-2-

2020.01.18(Sat) | EDIT

明神ヶ岳の登山道入り口に到着。
2019年10月20日1明神ヶ岳
比較的緩やかな道を、秋の花を眺めながら進みます。
2019年10月20日2明神ヶ岳
ノコンギク
2019年10月20日3明神ヶ岳
ミズヒキ
2019年10月20日4明神ヶ岳
ハマサオトメカズラ核果
2019年10月20日5明神ヶ岳
ヒメキンミズヒキ
2019年10月20日6明神ヶ岳
イヌタデ
2019年10月20日7明神ヶ岳
晩秋をいろどる、かわいい花たちに癒されながら
分岐を明神方面へ。
2019年10月20日8明神ヶ岳
視界の開けた場所に出ると、噴煙を上げる大涌谷
2019年10月20日9明神ヶ岳
遠く、相模湾も見えました。
2019年10月20日10明神ヶ岳
山頂まであと少しの場所には
2019年10月20日11明神ヶ岳
不思議な景色が。
ここだけえぐれて、お釜のようになっています。
2019年10月20日12明神ヶ岳
その向こうには、大涌谷が先ほどより近くに見え
2019年10月20日13明神ヶ岳
そして、相模湾もきれいに見えました。
2019年10月20日14明神ヶ岳
明神ヶ岳山頂に到着。
2019年10月20日15明神ヶ岳
正面に見えているのは、4ヶ月前に登った、金時山
本当は、金時山の向こうに、富士山が見えるのですが
この日は、雲に隠れてまったく見えません。
神戸ご出身で「初」関東の山の茨さんに、ぜひ富士山をお見せしたかったのですが、
残念。
2019年10月20日16明神ヶ岳
それでも、「初」相模湾の眺めを喜んでくださいました。
2019年10月20日17明神ヶ岳
山頂で少し休憩後、下山開始。
登ってきた登山道の分岐点まで来ました。
ここから降ることもできましたが、せっかくなのでもう少し頑張り
明星ヶ岳まで行ってみます。
2019年10月20日18明神ヶ岳
明星ヶ岳まで、あと少し。
2019年10月20日19明神ヶ岳
山頂の直前に、御嶽大神の石碑と鳥居があります。
2019年10月20日20明神ヶ岳
さて、明星ヶ岳の山頂は眺望なし。
天気も怪しいので、早々に下山です。
2019年10月21日21明神ヶ岳
下山道の途中に、箱根大文字焼きの案内看板が。
2019年10月21日22明神ヶ岳
ここで大文字焼きが行われるそうです。
2019年10月21日23明神ヶ岳
天気は今ひとつでしたが、金時山から眺めて以来、訪れたかった
明神ヶ岳。楽しかったです。

2019年金時山6/2-2-

2019.10.29(Tue) | EDIT

それでは、金時山の山頂目指してスタート。
2019年6月2日金時山1
登山道入り口は、こちら。
2019年6月2日金時山2
はじめは、よくある杉の木立の中を歩きます。
2019年6月2日金時山3
乙女峠に到着しました。
最初のビューポイントです。
2019年6月2日金時山4
目の前に、どーんと富士山!のはずでしたが・・・
わずかに頭を出しているだけでした。
誰の行いが悪いのでしょうか?
2019年6月2日金時山5
気を取り直して、出発。
2019年6月2日金時山6
長尾山の山頂です。
2019年6月2日金時山7
スペースは広いのですが、残念ながら眺望は良くありません。
2019年6月2日金時山8
小休止をしていると、Oつまの帽子に、てんとう虫が止まりました。
よほど気に入ったのか、なかなか移動してくれません(笑)
2019年6月2日金時山9
長尾山から先は、広葉樹に囲まれた、比較的歩きやすい道が続き
2019年6月2日金時山10
2019年6月2日金時山11
景色の見える場所に出たようです。
2019年6月2日金時山12
正面で噴煙を上げているのは、大涌谷
その手前、緑色に開けているのは、ススキの名所、仙石原
奥の湖は、芦ノ湖です。
2019年6月2日金時山13
おやおや、ここにも生き物が。
景色を楽しんでいるのは、私たちだけではありませんでした。
2019年6月2日金時山14
やがて、茶屋の屋根が見えてくると
2019年6月2日金時山15
金時山の山頂に、到着です。
2019年6月2日金時山16
金太郎のまさかりも、安置されています。
2019年6月2日金時山17
休憩を兼ねて、ここで昼食にしましょう。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR