FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

2015水根沢-3- 

休憩を終え、遡行再開。
半円の滝は、もうすぐです。
2015年8月2日水根沢23
調子よく進んでいたら、前のパーティーに追いついてしまったので
ちょっと待機。
2015年8月2日水根沢24
半円の滝に到着しました。
この位置から見えているのは、全長の半分くらいです。
2015年8月2日水根沢25
早速、天然のウォータースライダーを楽しむ、Yたか隊長。
2015年8月2日水根沢26
他の隊員たちも、次々と、半円の滝を登ってきます。
いっぽう、素人Oつがいは、ひっそりと右側の斜面を登攀中。
2015年8月2日水根沢27
1人登ってくると、すかさず滑り降りる、Yたか隊長。
2015年8月2日水根沢28
[広告] VPS

半円の滝を楽しんだ後は、全員無事に、ゴール地点へ。
お疲れ様でした!と言いたいところですが・・・
2015年8月2日水根沢29
毎度ながら、沢より過酷なことで有名な?ゴール後のお約束。
この斜面を一気に登り、林道を目指します。
2015年8月2日水根沢30
一応足場はあっても、冷え切った体、濡れて重くなった荷物や衣服で
思うように登れません。
2015年8月2日水根沢31
見下ろすと、先ほどまでいた川がはるか下に。
2015年8月2日水根沢32
やっと、林道に出ました。
2015年8月2日水根沢33
一部崩落している場所には、橋が架けられていました。
2015年8月2日水根沢34
整備されてはいますが、道幅が細いので、谷底まで一気に転落しないよう
気をつけて歩きます。
2015年8月2日水根沢35
水根からバスに乗り、ようやく麻葉の湯に到着。
2015年8月2日水根沢36
今年もここで、冷えた体を温めさせてもらいます。
2015年8月2日水根沢37
温泉から上がったら、奥多摩駅へ移動です。
スポンサーサイト



テーマ: 登山

ジャンル: スポーツ

タグ: 半円の滝  麻葉の湯  水根  奥多摩 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2015水根沢-2- 

それでは、入渓。
2015年8月2日水根沢12
小さな木橋の下をくぐり、探検隊の気分が盛り上がります。
2015年8月2日水根沢13
Oつまが、毎年苦戦する、トラバースポイント。
今年は無事にクリアしました。
2015年8月2日水根沢14
滝壺への、飛び込みポイント。
ちょうど、T口隊員が飛び込んだところです。
洗濯機のように渦巻く滝壺を横切り、向こう側へと泳ぎます。
2015年8月2日水根沢15
しかも水深がけっこうあり、岩によじ登るのがひと苦労。
2015年8月2日水根沢16
さあ、前半戦最大の難所がやってきました。
ルートを確認する、Yたか隊長。
2015年8月2日水根沢17
そのまま一直線に、滝を登れればいいのですが、水量が多く
ちょっと無理そうなので、一度左に高捲きました。
2015年8月2日水根沢18
今度はこの岩を下り、向かいに見えるパーティーのいる場所を目指します。
2015年8月2日水根沢19
登って降りて、また登る。
これから、Oつまが登ってくるところです。
ロープを出してくれているのは、アメリカにあるクライマーの聖地
ヨセミテを登ったこともある、経験豊富なN村隊員。
向こう側の崖を降りているのは、N水隊員。
2015年8月2日水根沢20
難所を無事通過したところで、いったん休憩。
2015年8月2日水根沢21
ここで、昼食も済ませてしまいます。
シャリバテしないよう、しっかりエネルギーチャージ。
2015年8月2日水根沢22
食事を終えたら、ゴールの半円の滝を目指して、再スタート!

テーマ: 登山

ジャンル: スポーツ

タグ: 滝壺  半円の滝 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

水根沢-4- 

ゴールにあたる半円の滝は、直接滝を登るルートと、左側の岩場を登るルートの
2パターンがあり、男性隊員は、ほぼ強制的に、滝ルートを義務付けられています。
まずは、スージー部長がチャレンジ。
半円の滝登り1
この辺りが、ちょうど滝の幅が広がり、難しい箇所です。
足をとられて、滝壺まで滑り落ちる隊員も、時には出るのですが
さすが、ベテランスージー部長。一歩一歩、確実に進んでいきます。
半円の滝登り2
スージー部長、余裕綽々で、ゴ~~ル!
半円の滝登り3
いっぽう、身の丈がホビット族なOつまは、手足を精いっぱい広げても
滝の幅に届かないので、岩側のルートを登ってきました。
Oつまは岩場から
全員登り終わったところで、恒例の滝滑りがスタート。
まずは、Yたか隊長から。
滝滑り1
滑り落ちる様子を、動画でどうぞ。
[広告] VPS

すっかり上機嫌なYたか隊長、戻ってくるなり「もう一回行く~」
滝滑り2
こちらも、動画で。
[広告] VPS

ここでO夫が、閃きました。
カメラを動画モードにして、自ら滝を滑れば、臨場感ある動画が撮れるのでは?
早速、挑戦。
[広告] VPS

N水隊員が「私もやってみます」と、撮影を申し出てくれました。
ところが・・・
[広告] VPS

あ~N水隊員、一番いいところで、停止ボタンを押してる!ダメじゃ~ん。

さて、全員気のすむまで遊び終わったところで、少しさかのぼり
ここが本当のゴールです。
ゴール
しかし、沢登りが終わったからといって、油断はできません。
ある意味、沢登りよりも過酷な、山登りが待っているからです。
ここが、山登りの入り口。
林道へ
沢登りで疲れた体には、辛い急斜面。
どれだけ勾配がキツイか、写真から伝わるでしょうか。
林道1
山の経験豊富な、Yたか隊長、スージー部長、N水隊員も
思わず無口になるくらい、辛い登りです。
林道2
やっと、林道に出ました。
整備された道ですが、今度は下りが延々と続き、ジワジワと、膝に負担がかかります。
林道3
林道の終わりは、魔の階段。
ここで毎回、Oつがいの膝は悲鳴を上げます。
真っ直ぐに降りることもできません。
林道4
魔の階段が終わり、舗装された道へ入り、バス停まで、あともう少し。
バス停へ
さあ、温泉で、冷えた体を温めましょう。

テーマ: 登山

ジャンル: スポーツ

タグ: 半円の滝  沢登り    山登り 

[edit]

水根沢-3- 

Oつま転倒というアクシデントはありましたが、ケガもなく一安心。
昼食を終え、ゴール目指さして、再スタート。
再スタート
少し進むと、小さなが現れました。
すぐ登れそうな感じがしますが、上にある丸太が、微妙に邪魔です。
Oつまが苦戦しているのをみて、ヘルプに駆け寄る、N水隊員。
丸太が邪魔な滝
OつまのヘルプはN水隊員に任せ、O夫は、水辺にいたカエル撮影(笑)
カエル
一見、先ほどのよりも、難しそうに見えますが
スイスイ登る、Oつま。
登りにも、徐々に慣れてきたようです。
スイスイ登るOつま
流木の集まっている場所に出ました。
この週は雨が多かったので、上流から、流れてきたのでしょうか?
流木地域
見覚えのある場所に出ました。
そろそろ、ゴールも近いはず。
ゴール間近
これが、最後から二番目の。あと一息です。
最後から二番目の滝
半円の滝が、見えてきました。
ついにゴール!
ゴール
この後は、恒例の滝滑りを楽しみます。

テーマ: 登山

ジャンル: スポーツ

タグ:   半円の滝 

[edit]

水根沢-3- 

お腹も一杯になったところで、ゴールの半円の滝を目指し、再出発。
再出発
ゆるやかな滝があると、すかさずT口隊員が
お約束の、滝滑りを始めます。
登ったら飛び込む
少し遊んだら、出発。
ここまでくると、体もだいぶ冷えてきました。
さらに進みます
Oつまが、苦手なトラバース中。
ここを越えれば、ゴールはもうすぐです。
ゴール間近
到着~。
ここがゴールの、半円の滝
ちょうど、Yたか隊長が立っている場所を登る
岩登りコースと、滝を登るコースがあります。
半円の滝
N水さんは、果敢に滝を攻めます。
N水さん滝を登る
N水さんに続き、T口隊員も、滝コース。
その陰で、スージー部長がこっそり、岩を登っています。
T口さんも滝コース
N村隊員も、がっつり滝から行きました。
N村さんの滝登り
全員登ったところで
「登ったら、滑る」のルールに従い、滝滑りです。
行ってらっしゃ~い。
いってらっしゃ~い
半円の滝、滑走中。
滑走中
あっという間に、滝つぼへ。
そして滝壺へ
滝滑りを楽しんだあと、実は沢登りより大変な
山登りが、待ち構えています。

テーマ: 登山

ジャンル: スポーツ

タグ: 山登り  沢登り  半円の滝 

[edit]