fc2ブログ

タグ:「八幡野」

2023年八幡野4/15-2-

2024.01.14(Sun) | EDIT

八幡野での2本目は、砂地の根を中心に潜ります。
まずは定番の、イソコンペイトウガニ(の子供)。
オオトゲトサカの一部、色が違うところが、イソコンペイトウガニです。
2023年4月15日八幡野ビーチ1イソコンペイトウガニの子供
キッカイソギンチャクを住処にしている、アカホシカクレエビ
2023年4月15日八幡野ビーチ2アカホシカクレエビ
アカシマシラヒゲエビ
1本目は1匹でしたが、ここ砂地の根には2匹いました。
2023年4月15日八幡野ビーチ3アカシマシラヒゲエビ2個体
2本目の主役はこの魚、コクテンカタギ
山と渓谷社の「日本の海水魚」には、生息域が中部日本以南と記載されており
いっぽうネットでは、相模湾以南と書かれていたりします。
少なくともOつがいは、伊豆半島では、ほとんど見たことがありません。
2023年4月15日八幡野ビーチ4コクテンカタギ
岩の亀裂の奥には、オトヒメエビの子供がいました。
2023年4月15日八幡野ビーチ5オトヒメエビの子供
可愛いので、つい撮ってしまう、オキゴンベの幼魚。
2023年4月15日八幡野ビーチ6オキゴンベの幼魚
こちらは、オオモンカエルアンコウの幼魚。
成魚とは似ても似つかない、あどけない姿です。
2023年4月15日八幡野ビーチ7オオモンカエルアンコウの幼魚
ギンポの仲間2種。
まずは、イワアナコケギンポ
2023年4月15日八幡野ビーチ8イワアナコケギンポ
そして、シミズイソコケギンポ
皆さんは、どちらがお好みですか?
2023年4月15日八幡野ビーチ9シミズイソコケギンポ
ハチジョウタツに、コクテンカタギと、珍しい魚を見られて、充実したダイビングでした。
スポンサーサイト



2023年豆東園4/14-1-

2024.01.04(Thu) | EDIT

東伊豆八幡野で潜るため、1日前に現地入りし、豆東園に宿泊しました。
2023年4月14日1豆東園
今までも何度か、お世話になっていて
2023年4月14日2豆東園
建物は古いものの、なんだか居心地のよいお宿です。
2023年4月14日3豆東園
しかも、今回は貸切。ぜいたく〜。
2023年4月14日4豆東園
広いお部屋を、Oつがいだけで独占です。
2023年4月14日5豆東園
一人一台使用できる、洗面所。
2023年4月14日6豆東園
お風呂は2つあり
2023年4月14日7豆東園
ピンクの方は、通常の浴槽。
2023年4月14日8豆東園
人気なのは、この水色の浴槽。
ジェットバス付きです。
2023年4月14日9豆東園
続いて、夕食をご紹介しましょう。

Category: 国内旅行 | Tag: 東伊豆 八幡野 豆東園 

13:16 | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

2021年八幡野9/26-1-

2022.06.10(Fri) | EDIT

3日前に潜った伊豆海洋公園のお隣、八幡野で潜ってきました。
1本目は「あじ根」方面へ。
エントリーする前にガイドさんから
アカカマスの群れの中に、バラクーダがいたというお客さん情報があったんです。
探してみてもらえませんか?」と、頼まれたので
まずは、アカカマスの群れをじっくり見てみます。
2021年9月26日1八幡野・アカカマスの群れ
何度も探しましたが、結局バラクーダの姿は確認できず、移動。
穴から顔を出している、ちょっと体色の薄い、ニセクロスジギンポを発見。
可愛い顔をしていますが、ホンソメワケベラのふりをして魚に近づき
その体表をむしって食べる、ちょっと悪い子です。
2021年9月26日2八幡野・ニセクロスジギンポ
砂溜まりでは、綺麗な体色のスジベラと、それに寄り添うように泳ぐカミナリベラ
さらにその周りで遊ぶ、ブダイの幼魚がいます。
2021年9月26日八幡野3スジベラ・カミナリベラ・ブダイの幼魚
ガイドさんがお客さんに何か教えているので、覗いてみると
フィコカリスシムランスでした。
中央の丸い、ゴミみたいなヤツです(笑)
2021年9月26日八幡野4フィコカリスシムランス
アライソコケギンポ
よく見ると、目がこちらを向いています。
愛嬌のある表情に、おしゃれな皮弁。そして意外と強気な性格。
ダイバーにとっては普遍のアイドルです。
2021年9月26日八幡野5アライソコケギンポ
美しい胸鰭の裏側を見せてほしいのですが、Oつがいのお願いを無視して
堂々と動かない、サツマカサゴ
2021年9月26日八幡野6サツマカサゴ
結局遊びすぎて、あじ根まで行けず、手前で引き返して1本目のダイビング終了。

2018年八幡野9/17-2-

2018.12.30(Sun) | EDIT

八幡野のお祭りにぶつかってしまったOつがい、なんとしても14時までに
現地を出発しなければなりません。
大急ぎで、2本目のダイビングをスタート。

まずは割と仲の良い、アカホシカクレエビのペア。
2018年9月17日八幡野1アカホシカクレエビ
真っ赤なイソバナには、透明なイソバナエビがついていました。
2匹います。わかりますか?
2018年9月17日八幡野2イソバナエビ
伊豆海洋公園でも会いました、黒パンツことキツネベラyg。
2018年9月17日八幡野3キツネベラyg
頭上には、ネンブツダイの幼魚が群れています。
2018年9月17日八幡野4ネンブツダイygの群れ
オトヒメベラのメスがいたので、少し後をつけてみると
2018年9月17日八幡野5オトヒメベラ(雌)
やる気満々の、オスが現れました。
この体色、たまりません。
2018年9月17日八幡野6オトヒメベラ(雄)
海藻をめくると、この時期のアイドル、スナビクニンが登場。
2018年9月17日八幡野7スナビクニン
こうして、2本目のダイビング終了。
八幡野に缶詰という事態は、何とか免れました〜。

それでは皆さま、よいお年を。

2018年八幡野9/17-1-

2018.12.26(Wed) | EDIT

伊豆海洋公園で潜った翌日は、お隣の八幡野へ移動。
到着すると、ちょうどこの日の八幡野は、地元のお祭りの準備中。
14時を過ぎると道路が閉鎖され、お祭り終了まで、缶詰にされてしまうことが判明したため
大急ぎで潜ることになりました。

素早くダイビングの準備をし、エントリー。
まずは、珍しく撮りやすいハナタツを見に行きました。
背中の模様がチャーミングです。
2018年9月17日八幡野1ハナタツ
ナマコにガッチリと張り付いている、ナマコマルガザミ
ナマコは痛くないのかな?
2018年9月17日八幡野2ナマコマルガザミ
いつも、アジ根の岩の亀裂にいる、フトスジイレズミハゼ
写真のちょうど中心の丸い穴の奥で、逆さになって張り付いています。
2018年9月17日八幡野3フトスジイレズミハゼ
最後は、小さめサイズのイソギンチャクエビygを撮影。
2018年9月17日八幡野4イソギンチャクエビyg
とにかく、14時前には八幡野を出ないといけません。
すぐに、2本目のスタートです。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR