fc2ブログ

タグ:「伊豆海洋公園」

2021年八幡野9/26-1-

2022.06.10(Fri) | EDIT

3日前に潜った伊豆海洋公園のお隣、八幡野で潜ってきました。
1本目は「あじ根」方面へ。
エントリーする前にガイドさんから
アカカマスの群れの中に、バラクーダがいたというお客さん情報があったんです。
探してみてもらえませんか?」と、頼まれたので
まずは、アカカマスの群れをじっくり見てみます。
2021年9月26日1八幡野・アカカマスの群れ
何度も探しましたが、結局バラクーダの姿は確認できず、移動。
穴から顔を出している、ちょっと体色の薄い、ニセクロスジギンポを発見。
可愛い顔をしていますが、ホンソメワケベラのふりをして魚に近づき
その体表をむしって食べる、ちょっと悪い子です。
2021年9月26日2八幡野・ニセクロスジギンポ
砂溜まりでは、綺麗な体色のスジベラと、それに寄り添うように泳ぐカミナリベラ
さらにその周りで遊ぶ、ブダイの幼魚がいます。
2021年9月26日八幡野3スジベラ・カミナリベラ・ブダイの幼魚
ガイドさんがお客さんに何か教えているので、覗いてみると
フィコカリスシムランスでした。
中央の丸い、ゴミみたいなヤツです(笑)
2021年9月26日八幡野4フィコカリスシムランス
アライソコケギンポ
よく見ると、目がこちらを向いています。
愛嬌のある表情に、おしゃれな皮弁。そして意外と強気な性格。
ダイバーにとっては普遍のアイドルです。
2021年9月26日八幡野5アライソコケギンポ
美しい胸鰭の裏側を見せてほしいのですが、Oつがいのお願いを無視して
堂々と動かない、サツマカサゴ
2021年9月26日八幡野6サツマカサゴ
結局遊びすぎて、あじ根まで行けず、手前で引き返して1本目のダイビング終了。
スポンサーサイト



2018年八幡野9/17-2-

2018.12.30(Sun) | EDIT

八幡野のお祭りにぶつかってしまったOつがい、なんとしても14時までに
現地を出発しなければなりません。
大急ぎで、2本目のダイビングをスタート。

まずは割と仲の良い、アカホシカクレエビのペア。
2018年9月17日八幡野1アカホシカクレエビ
真っ赤なイソバナには、透明なイソバナエビがついていました。
2匹います。わかりますか?
2018年9月17日八幡野2イソバナエビ
伊豆海洋公園でも会いました、黒パンツことキツネベラyg。
2018年9月17日八幡野3キツネベラyg
頭上には、ネンブツダイの幼魚が群れています。
2018年9月17日八幡野4ネンブツダイygの群れ
オトヒメベラのメスがいたので、少し後をつけてみると
2018年9月17日八幡野5オトヒメベラ(雌)
やる気満々の、オスが現れました。
この体色、たまりません。
2018年9月17日八幡野6オトヒメベラ(雄)
海藻をめくると、この時期のアイドル、スナビクニンが登場。
2018年9月17日八幡野7スナビクニン
こうして、2本目のダイビング終了。
八幡野に缶詰という事態は、何とか免れました〜。

それでは皆さま、よいお年を。

2018年伊豆海洋公園9/9-2-

2018.12.10(Mon) | EDIT

伊豆海洋公園合宿も、これが最後のダイビング
最後は、1番周辺を潜ります。

まずは、フタホシキツネベラ(♂)。
「撮って撮って」と言わんばかりに、ダイバーの目の前をウロウロ。
2018年9月9日伊豆海洋公園1フタホシキツネベラ(♂)
暗いところが好きな、ナミマツカサ
この住処も、小さいながら岩穴の奥です。
2018年9月9日伊豆海洋公園2ナミマツカサ
またまた登場、キツネベラyg(黒ぱんつ)。
写真の、ほぼ中央にいます。
2018年9月9日伊豆海洋公園3キツネベラ3
ベンケイハゼyg.
写真中央の岩の裂け目に、逆さまについています。
2018年9月9日伊豆海洋公園4ベンケイハゼyg
yg第3弾、ケサガケベラyg。
小さいのばっかりで、すみません。
写真中央の、黒地に黄色い斑紋です。
2018年9月9日伊豆海洋公園5ケサガケベラyg
ソラスズメダイの群れの中を抜けて、移動。
魚に囲まれるのは、ダイバーの特権ですね。
2018年9月9日伊豆海洋公園6ソラスズメダイの群れ
先ほどのケサガケベラygよりもっと小さい、スミツキベラyg。
写真中央、黒地に白い斑紋です。
2018年9月9日伊豆海洋公園7スミツキベラyg
ygは、あまりにもわかりづらいので、ベンケイハゼ成魚。
これなら見えますか?
2018年9月9日伊豆海洋公園8ベンケイハゼ
最後も小さな小さな、トカラベラyg。
写真中央、白と黒の不規則なストライプ柄です。
2018年9月9日伊豆海洋公園9トカラベラyg
季節柄、幼魚中心のダイビングとなりました。
どれも一応、ピントは合っているのです。
コンデジ+老眼には、それだけで精一杯(笑)

2018年伊豆海洋公園9/8-3-

2018.12.04(Tue) | EDIT

伊豆海洋公園合宿初日のダイビングを終え、ダイビングショップのスタッフさん、
Fさんと共に、夕食へ。
会場は今年も、伊豆高原駅に隣接する「やまもプラザ」の中にある、紅龍さんです。
2018年9月8日紅龍1
まずは1日の疲れを癒す、生ビールで乾杯!
2018年9月8日紅龍2ビール
昨年はお店自慢の、濃厚煮干しらーめんをいただきましたが
今年のチョイスは、生シイタケとバラ肉のあんかけラーメン
2018年9月8日紅龍3生シイタケとバラ肉のあんかけラーメン
シイタケが豊かに香る、醤油ベースのスープに
2018年9月8日紅龍4生シイタケとバラ肉のあんかけラーメン
あんがよく絡む、太縮れ麺。
2018年9月8日紅龍5生シイタケとバラ肉のあんかけラーメン
ごちそうさま〜と、席を立ちかけたところで
「店長からのサービスです」と、杏仁豆腐が運ばれてきました。
2018年9月8日紅龍6杏仁豆腐
もう一度あらためて、ごちそうさまでした〜。
来年の伊豆合宿の夕食も、紅龍さんかな(笑)?

2017年八幡野8/27-1-

2018.05.07(Mon) | EDIT

伊豆海洋公園での夏合宿の1週間後、同じ東伊豆の、八幡野にやってきました。
1本目は、アジ根へ。
まずは、いつもいるコクテンベンケイハゼをチェック。
ん?なんだか小さい・・・
代替わりしたみたいです。
それでも、いつ覗いても会えるところを見ると、彼らにとって
ここは居心地がいいんでしょうね。
2017年8月27日八幡野コクテンベンケイハゼ1
こちらは普通種のイチモンジハゼですが、つい撮ってしまいます。
シュッとした感じが、かっこいいんです。
2017年8月27日 八幡野イチモンジハゼ2
こちらもお約束、「コクテン」のつかないベンケイハゼ
2017年8月27日 八幡野ベンケイハゼ3
伊豆では珍しい、アカメハゼ
合計3個体いたのですが、それぞれ離れたところに止まっていて
きちんと撮れたのは、2個体のセットでした。
2017年8月27日 八幡野アカメハゼ4
シコクスズメダイの幼魚もいました。
大人になると体色は真っ黒になり、表情もいかつくなります。
2017年8月27日 八幡野シコクスズメダイ5
浅場に戻ってくると、アミメハギ(幼魚)が小さな群れを作っていました。
2017年8月27日 八幡野アミメハギ(幼魚)6
1本目終了。
2本目は、砂地を回ってみます。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR