fc2ブログ

タグ:「ヨスジフエダイ」

2019年富戸12/29-2-

2020.02.26(Wed) | EDIT

いよいよ2019年、最後のダイビング。
ポイントは2本目もヨコバマですが、今回はテトラポット方面へ。

波任せにエントリー。気づいたら、メジナの中に紛れ込んでしまいました。
2019年12月29日1富戸・メジナの群れ1
そのまま水深を下げ、メジナの群れを抜けます。
2019年12月29日2富戸・メジナの群れ2
砂地には、お正月に訪れるダイバー用に、門松と茅の輪が準備されていました。
2019年12月29日3富戸・茅の輪くぐり1
少し早いですが、縁起を担いで、茅の輪くぐり。
2019年12月29日4富戸・茅の輪くぐり2
さあ、フィッシュウォッチングを始めましょう。
まずは、黒いイロカエルアンコウ
2019年12月29日5富戸・イロカエルアンコウ
マツカサウオの幼魚。
写真中央の、小さな黄色い魚です。
2019年12月29日6富戸・マツカサウオ(幼魚)
こちらは、ハナミノカサゴの幼魚。
2019年12月29日7富戸・ハナミノカサゴ(幼魚)
タカべの群れが現れました。
2019年12月29日8富戸・タカべの群れ
タカべの群れを狙って、ワカシも登場し
2019年12月29日9富戸・ワカシ
タカべの群れに、突っ込んでいきます。
2019年12月29日10富戸・ワカシVSタカべ
テトラポットに到着。
季節来遊魚のヨスジフエダイが、小さな群れを作っていました。
2019年12月29日11富戸・ヨスジフエダイの群れ
クロホシイシモチの群れの中には、こちらも季節来遊魚である
クマザサハナムロの幼魚(青い筋のある魚)が混じっています。
2019年12月29日12富戸・クロホシイシモチ&クマザサハナムロ
同様に、マアジ幼魚の群れの中には、ウメイロモドキ(青と黄色の魚)が。
2019年12月29日13富戸・マアジ・ウメイロモドキ
ひっそりと現れた、アカカマス。
2019年12月29日14富戸・アカカマス
1本目とは別個体の、ニシキフウライウオ
2019年12月29日15富戸・ニシキフウライウオ
中央に見えている小さい魚は、クリーナーとして有名な、ホンソメワケベラ。
よほど名手なのか、タカべヨスジフエダイが、順番待ちをしています。
2019年12月29日16富戸・タカべ・ヨスジフエダイ・ホンソメワケベラ
そろそろ、エキジット口へ移動しましょう。
元気な、ミツボシクロスズメダイ幼魚。
2019年12月29日17富戸・ミツボシクロスズメダイ
目の前をすーっと横切っていく、アオヤガラ。
2019年12月29日18富戸・アオヤガラ
サンゴイソギンチャクの中に潜む、カザリイソギンチャクエビ。
2019年12月29日19富戸・カザリイソギンチャクエビ
たいそう立派に育った、イロカエルアンコウ
ここまで大きくなってしまうと、もはや可愛いとは言えませんね。
2019年12月29日20富戸・イロカエルアンコウ
エキジット寸前の浅場にいたのは、ヒメフエダイの幼魚。
2019年12月29日21富戸・ヒメフエダイ(幼魚)
あぁ、楽しかった〜。
これにて、2019年のダイビング終了。
スポンサーサイト



2016年奄美大島11/3-3-

2017.08.31(Thu) | EDIT

2本目のダイビングが終わり、船上で昼食。
朝コンビニで「島外の人が食べたら当たるよ」と言われた、おにぎりです。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄1弁当
結果は・・・セーフ(笑)

無事を確認しての3本目は、奄美大島のダイビングポイントの中でも
かなり有名な「嘉鉄」へ。
エントリーすると、真っ白な砂地が広がり、アオウミガメが呑気に食事中。
よほどお腹が空いていたのか、ダイバーを恐れていないのか
かなり近づいても、ひたすらモグモグ、海藻を食べ続けていました。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄2アオウミガメ
さて、ここ嘉鉄に潜ったのには、訳があります。
Oつがいのリクエストしていた魚が、住んでいるのです。
シケオくんによると、もう繁殖シーズンが終わっているので
砂の中で寝ているはずと、目を凝らして探してくれました。
指示棒の先の、砂の中にいるのがわかりますか?
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄3アマミホシゾラフグ
これが、その魚。
2012年に発見された、アマミホシゾラフグです。
ニュースにもなったので、ご存知の方もいるのではないでしょうか。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄4アマミホシゾラフグ
ここ嘉鉄の砂地に、謎の幾何学模様が存在することは、以前から知られていたのですが
その理由は、わかっていませんでした。
それを不思議に思った、水中写真家の大方洋二さんが、長年にわたり潜った末
ついに、このアマミホシゾラフグの産卵床であることを、発見したのです。
シーズンは春先から夏だそうで、今回は残念ながら、Oつがいは見られませんでした。
次回は是非、産卵床を作っている現場を、見てみたいです。
ちなみに大方洋二さん、最初はこのフグに「ヨウジ(洋二)フグ」と
名付けたかったのですが、地元のガイドさんから反対され、ボツになったそうです(笑)

念願のアマミホシゾラフグに出会えて、満足したOつがいですが
シケオくんは、もっと嘉鉄を楽しんでもらいたいと、移動。
途中、のんびり泳いでいる、ホシテンスに出会いました。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄5ホシテンス
遠くに、ツカエイを発見。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄6ツカエイ
透明度が良いので、近寄ろうとした途端に、逃げられました。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄7ツカエイ
砂地から、岩礁帯にやってきました。
ここでは、ふてぶてしい、オニダルマオコゼに遭遇。
背鰭に毒があるので、誤って触ったら大変です。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄8オニダルマオコゼ
そして、シケオくんが見せたかったのはこれ、コブシメ
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄9コブシメ
Oつがいの接近に興奮しているのか、目の前でどんどん色が変わります。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄10コブシメ
気がつくとOつがいの周りは、コブシメだらけ。
久しぶりに、コブシメと戯れることができて、幸せでした〜。

続いて、伊豆にはいない、カクレクマノミ
よく、映画「ファインディングニモ」に出てくるクマノミと、間違われます。
映画に出てくるのは、クラウンアネモネフィッシュです。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄11カクレクマノミ
南国らしい、ヨスジフエダイの群れ。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄13ヨスジフエダイ
ホンソメワケベラにクリーニングされ、気持ち良さそうな、クロハタ。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄12クロハタ&ホンソメワケベラ
ダイバーにはあまり人気のない、アカヒメジですが
群れると、見ごたえがあります。
やっぱり群れは、いいですね〜。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄14アカヒメジ
さすが有名ポイント、嘉鉄。
面白かったです。

2015年大瀬崎11/22-3-

2016.10.13(Thu) | EDIT

3本目はTKポイント。
体験ダイビングで、よく使われることから、名付けられたそうです。

それでは早速、海の中へ。
まずは、チョウチョウウオを発見。
2015年11月22日大瀬崎20
淡いブルーのイバラカンザシが、とても綺麗だったので、思わず撮ってしまいました。
2015年11月22日大瀬崎21
のんびり泳いでいるのは、トゲチョウチョウウオの幼魚。
成魚は、もっと暖かい南の海で、ペアで泳ぐ姿がよく見られます。
2015年11月22日大瀬崎22
伊豆では珍しい、ヨスジフエダイがいました。
こちらも南の海では、集団を作って優雅に泳ぐ、人気の魚。
2015年11月22日大瀬崎23
アケボノチョウチョウウオの幼魚。
幼魚の多いポイントですね。
体験ダイビングに使われるだけあって、小さな魚にも優しい海況なのでしょうか。
2015年11月22日大瀬崎24
こちらは、フウライチョウチョウウオの幼魚。
2015年11月22日大瀬崎25
中層を、クロユリハゼが泳いでいます。
こちらが近寄っていくと、同じ距離だけスーッと泳いでしまうので
全然近づけません。
2015年11月22日大瀬崎26
ずっと、かわいい魚ばかり見てきましたが、最後はど〜んと
大きなヒラメ
2015年11月22日大瀬崎27
体験ダイビング用だけにしておくのは、もったいないくらいのポイントでした。

PALAU7/17-6-

2016.01.26(Tue) | EDIT

本日3本目のポイントは、ニュードロップオフ。
エントリーすると、ドロップオフ沿いには、カスミチョウチョウウオの群れ。
懐かしい光景です。
2015年7月17日パラオニュードロップオフカスミチョウチョウウオの群れ
ギンガメアジの群れが、底から湧き上ってきました。
2015年7月17日パラオニュードロップオフカスミチョウチョウウオの群れ、ギンガメアジの群れ
棚の手前では、ハナゴイが小さな群れを作っています。
2015年7月17日パラオニュードロップオフハナゴイの群れ
中層を悠々と泳いでいるのは、オニカマス
2015年7月17日パラオニュードロップオフオニカマス
しばらく根待ちをしていると、オオメカマスの群れが現れました。
2015年7月17日パラオニュードロップオフオオメカマスの群れ
ドロップオフ沿いをチョロチョロしていた、アオマスク
久しぶりに見ました。
2015年7月17日パラオニュードロップオフアオマスク
ドロップオフを離れ、棚の上を移動。
かわいいハナビラクマノミを見つけました。
2匹でしきりに、Oつがいの様子を窺っています。
2015年7月17日パラオニュードロップオフハナビラクマノミ
ヨスジフエダイの群れを発見。
よく見ると、あくびをしているのが1匹います。
2015年7月17日パラオニュードロップオフヨスジフエダイの群れ1
そのまま群れを眺めていると、Oつがいの目の前を通過し
2015年7月17日パラオニュードロップオフヨスジフエダイの群れ2
泳ぎ去っていきました。
2015年7月17日パラオニュードロップオフヨスジフエダイの群れ3
ヨスジフエダイが去った後に残っていたのは、ハタタテハゼの幼魚の群れ。
2015年7月17日パラオニュードロップオフハタタテハゼの群れ
安全停止中、ツムブリの群れがどこからともなく現れ
しばらく、Oつがいの周りをグルグル泳いでいました。
2015年7月17日パラオニュードロップオフツムブリの群れ
ジャーマンチャネル→ブルーコーナー→ニュードロップオフと
王道コースで、初日のダイビング終了。

SAIPAN1/10-2-

2013.03.25(Mon) | EDIT

いよいよ、サイパン最後のダイビングとなりました。
ポイントは「パイプ」。
かつての名所、イーグルレイシティで、マダラトビエイが見られなくなり
現在、サイパンマダラトビエイポイントといったら、アイスクリームか
ここパイプの、2ヶ所。
すでにアイスクリームでは外しているので、これが、最後のチャンスです。

エントリーし、まずはハダカハオコゼの根を、目指します。
途中、ポイント名の由来になっているパイプが、海底に落ちています。
パイプ
ハダカハオコゼの根に、到着。
すぐに見つかりましたが、パイプと根の間の、とんでもなく撮りづらい場所にいます。
せまい隙間に、カメラを突っ込んで撮影。
ハダカハオコゼ1
もう1ヶ所、わずかな場所を見つけて、斜め前から。
ハダカハオコゼ2
撮影には邪魔なパイプも、魚はちゃんと利用しています。
これから産卵なのか、パイプに体を擦りつけ、ゴミを取っている、ミツボシクロスズメダイ。
ミツボシクロスズメダイ
色鮮やかなコガネヤッコと、地味~なフタスジリュウキュウスズメダイの、2ショット。
コガネヤッコ&フタスジリュウキュウスズメダイ
メガネゴンベが、そこら中にいることに、やっと慣れてきました(笑)
メガネゴンベ
中層では、チョウハンのペアが、仲よく泳いでいます。
パンダ顔で、Oつまの密かなお気に入り。
チョウハン
強気なメガネゴンベに比べて、ベニゴンベは、本当に撮りづらい。
ベニゴンベ
この根で、のんびり遊びすぎました。
そろそろ、マダラトビエイの集まる根に、移動しましょう。
根を移動
根に近づいてみると・・・
いました!
10枚くらい集まっているのが、見えます。
マダラトビエイの群れ
他にダイバーの姿もなく、MIYUKIちゃんと3人で、マダラトビエイの群れを
心行くまで堪能しました。
マダラトビエイの群れ2
ご機嫌が良かったのか、しばらく、Oつがいに勇姿を見せてくれていましたが
やがて、どこかへ去っていきました。
去っていきました
このまま根で遊ぶことにして、ヨスジフエダイの群れを撮っていると
ヨスジフエダイ
再び、マダラトビエイが、やってきました。
戻ってきました
Oつがいに興味を持ったらしく、接近してきます。
マダラトビエイ1
さらに近寄ってきて、手を伸ばせば、触れられるくらいのところで
悠々とホバーリング。
マダラトビエイ2
かなり長いこと、Oつがいの真上でのんびりした後、去っていきます。
マダラトビエイ3
ずいぶん、長居をしてしましました。
エキジット時間が、近づいています。
ボートへ移動
ボートが視界に入り、安全停止に入った時
またもやマダラトビエイが、単身でやってきました。
マダラトビエイ4
そして、今回のサイパンでの、ラストダイブを惜しむかのように
Oつがいの周りを、ぐるりと1周してくれました。
マダラトビエイ5
マダラトビエイに見送られ、サイパンでの記念ダイビング終了。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR