fc2ブログ

タグ:「ヤシャハゼ」

2017年富戸8/11-2-

2018.04.09(Mon) | EDIT

2本目もヨコバマ右側へ。
相変わらず、イワシの群れを
2017年8月11日富戸1イワシの群れ
カンパチの若魚軍団が襲撃中。
2017年8月11日富戸2カンパチ軍団
さて、マクロモードに気持ちを切り替え、目線を下げると
アカイソハゼと目が合いました。
普通種ながら、特に恋の季節には、体色が一段と美しくなります。
2017年8月11日富戸3アカイソハゼ
睨み合う、ビシャモンエビガラスハゼ
この後、何か起こるのか期待して見ていましたが
どちらも相手に興味がないようで、平和そのものでした。
2017年8月11日富戸4ビシャモンエビVSガラスハゼ
伊豆では珍しい、ヤシャハゼ
南方種のヤシャハゼが伊豆に現れれば、普通なら行列ができるのですが
大概のダイバー達は、一通り見終わっていたのか、ガラガラ。
2017年8月11日富戸5ヤシャハゼ1
これ幸いと粘ります。
同居相手は、コトブキテッポウエビでした。
2017年8月11日富戸6ヤシャハゼ2
左側の壁に産みつけられた卵を守る、クマノミ
ハッチアウトの瞬間を見たいなぁ。
2017年8月11日富戸7クマノミと卵
ガレ場をちょこちょこと移動していた、ミヤケテグリの幼魚。
ネズッポの仲間うちでも、ピカイチの可愛らしさです。
2017年8月11日富戸8ミヤケテグリの幼魚
これにて、富戸2ダイブ終了。
スポンサーサイト



2016年奄美大島11/5-3-

2017.10.07(Sat) | EDIT

ついに、奄美大島での最後のダイビングとなりました。
ポイントは地形が楽しめる、実久チャネル
水面下に広がるサンゴが、きれいに見えています。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル1
エントリーし、水路を目指して移動していると
アジアコショウダイが泳いで行きました。
人間でいうと、高校生くらいかな?
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル2アジアコショウダイ
思えば奄美大島には、本当にヤシャハゼやネジリンボウが多かった。
結局、最後までアウェーのまま、うまく撮れませんでしたが・・・
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル3ヤシャハゼ
水路に入りました。
海面から光が差し込み、とても綺麗です。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル4
水路の壁には、ゴシキエビが住んでいます。
夜になれば、ガシガシと外に出てくるのでしょう。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル5ゴシキエビ
紫の体色が美しく、つい撮ってしまいう、クレナイニセスズメ
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル6クレナイニセスズメ
水路をどんどん進み、突き当りはガレ場になっていました。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル7
そのまま深度を上げ、水路の上に出ると、ダイバーのエアーが上がってきています。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル8
ここからは、水路の上でフィッシュウォッチング。
Oつまの好きな、カガミチョウチョウウオがいました。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル9カガミチョウチョウウオ
ボートの上から見えていたサンゴを、水中で見るとこんな感じ。
みんな元気に成長しています。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル10
ペアでのんびり泳いでいた、テングカワハギ
久しぶりに見たなぁ。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル11テングカワハギ
あまりにも無防備に、目の前までフラフラ泳いできた、ハリセンボン
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル12ハリセンボン
名残惜しいですが、エキジットの時間です。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル13
初めて潜った奄美大島、どこも本当に良い海でした。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR