07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

2016年モナリザン10/12 

先日、巨峰を送ってくれたJUNちゃんと、川崎で1番古いイタリア料理店の
モナリザン」へ、行ってきました。
2016年10月12日モナリザン1
本日は、エビスで乾杯。
2016年10月12日モナリザン1エビス生
アミューズからして、白身魚とミニトマトの粒マスタード和えと
気が利いています。
2016年10月12日モナリザン2アミューズ
まずは、香草が効いた定番、ガーリックトーストスティック(2本)。
4本入りのグランデもあります。
2016年10月12日モナリザン3ガーリックトーストスティック
小ヤリイカのセモリナ粉揚げ。軽い食感で、お酒も進みます。
2016年10月12日モナリザン4小ヤリイカのセモリナ粉揚げ
秋のおすすめメニューより、柿とカブのサラダ。
2016年10月12日モナリザン5柿とカブのサラダ
本日の1品料理より、自家製 田舎風パテ。
マリネした豚肉や鶏レバーなどで作られた、本格派です。
2016年10月12日モナリザン6自家製 田舎風パテ
もう1皿、本日の1品料理より
ヒラメのカルパッチョ・イチジクとイタリア産魚醤のソースで。
2016年10月12日モナリザン7ヒラメのカルパッチョ
ワインも、秋のおすすめメニュー。
イタリア・シチリア州の赤ワイン。ネーロ・ダーヴォラをセレクト。
2016年10月12日モナリザン8ネーロ・ダーヴォラ
モナリザンオリジナル、グラタン風スパゲティ、キャセロール・スパゲティ
こういう料理もあるところが、気取りがなくて、いいんです。
2016年10月12日モナリザン9キャセロール・スパゲティ
3皿目の、本日の1品料理、栗のニョッキ。
北イタリア産の栗の粉や、マロンペーストなどを使った自家製のニョッキを
バターとセージで香り良く仕上げ、フランス産の栗のリキュールを隠し味に使った
こだわりの逸品だそうで、これが絶品。
2016年10月12日モナリザン10栗のニョッキ
ネーロ・ダーヴォラがなくなったので、ハウスワインの白を追加。
2016年10月12日モナリザン11ハウスワイン(白)
本日の1品料理は、さすがにどれも美味しく、止まらなくなりました(笑)
もう1皿、アマトリチャーナ
地震で大きな被害を受けた、ローマ郊外アマトリーチェの郷土料理で
豚ほほ肉の塩漬け、トマトソース、羊乳チーズのパスタです。
この料理を注文すると、お客から100円、お店から100円の募金がされ
たまった募金を、イタリア赤十字に送金することになっているそうです。
2016年10月12日モナリザン12アマトリチャーナ
最後に、秋のおすすめメニューから、5種類のキノコのリゾットをチョイス。
モリーユ茸と、じっくり煮出した鶏の出汁で炊き上げたリゾットに
それぞれ、味と食感の違うキノコが添えられています。
2016年10月12日モナリザン135種類のキノコのリゾット
モナリザン、いつ行っても常に新しいメニューがあって
しかも、どれも美味しい。
おすすめのお店です。
スポンサーサイト

テーマ: 外食グルメ

ジャンル: グルメ

タグ: モナリザン  エビス  イタリアン  シチリア  赤ワイン  キャセロール・スパゲティ  白ワイン  アマトリチャーナ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

海外のお土産。 

今回は、お土産シリーズです。
まずは、イタリア料理店「モナリザン」で、一緒に食事をした
ダイビング仲間のFさんから。
実はFさん、お正月休暇を利用して、バリへ潜りに行っており
お土産に、バリコーヒーを持ってきてくれました。
2月5日お土産1
もう一品は、Oつまの幼馴染のダイビング仲間、○しさんがくれた
ラッフルズホテルは微熱山丘(Sunny Hills)の、パイナップルケーキ
親友とベトナム・シンガポールに出かけていた、○しさん。
新鮮なうちにと、わざわざ郵送してくれました。
2月5日お土産2
Fさん、○しさん、ありがとうございました。

テーマ: 写真日記

ジャンル: 日記

タグ: イタリア料理  モナリザン  バリ  コーヒー  ダイビング  パイナップルケーキ  シンガポール  ラッフルズホテル   

[edit]

trackback: -- | comment: 2

モナリザン 

ダイビング仲間のFさんと、新年会を兼ねて、食事をしました。
開催場所は、川崎で一番古いイタリア料理店と言われる「モナリザン
2月1日モナリザン
禁煙席を予約したところ、通されたのは2階のテーブル席。
2月1日モナリザン店内
まずは、ビール
この日は、ヱビスを頼みました。
2月1日エビス(中)
気の利いたアミューズも、運ばれてきました。
2月1日アミューズ
食いしん坊の集いなので、料理はいつも通り、アラカルトで頼みます。
まずは冬ならではの、ツブ貝のカルパッチョ
ツブ貝にバジルドレッシングをかけ、シャキシャキしたレタスと
コリコリしたツブ貝の食感が、楽しめます。
2月1日ツブ貝のカルパッチョ
サロマ湖産、一年物牡蠣オーブン焼き。
サロマ湖で、牡蠣が採れるんですね。
2月1日牡蠣のオーブン焼き1
ぷりっとした、肉厚な牡蠣です。
2月1日牡蠣のオーブン焼き2
牛肉のタリアータ
シンプルながら、バルサミコソースが効いて美味。
2月1日牛肉のタリアータ
ここで、お店お勧めの赤ワインを注文。
Luma Nerod’Avola(ルーマ ネーロ ダーヴォラ)
イタリア シチリア州(I.G.Tシチリア)
品種:ネーロダーヴォラ100%
2月1日Luma Nerod’Avola
モナリザン名物、ガーリックトーストスティック。
2月1日ガーリックトースト・スティック
冬のパスタ、猪のラグーココア風味のパッパルデッレ。
ココアを練り込んだ、幅広い自家製平打ち生パスタ
旬の猪肉を赤ワインで長時間煮込んだ、ソースをからめていただきます。
2月1日猪のラグーココア風味のパッパルデッレ
Luma Nerod’Avolaは、あっという間に空になったので
ハウスワインを、いただきました。
2月1日ハウスワイン(赤)
食いしん坊の本能のおもむくまま、好きなメニューを選んでいきます。
アンティパスト ミスト5(冷製おつまみの5種盛り)
2月1日アンティパスト ミスト5
料理に合わせて、白ワインを注文。
コロンビア・クレスト・ソービニヨンブラン(ワシントン)
すっきりとした、やや甘口。
2月1日コロンビア・クレスト・ソービニヨンブラン
冬のサラダ、温製サラダパルメザン風。
冬野菜を蒸して、パルメザンチーズを振り、軽く焼き上げられています。
2月1日温製サラダ パルメザン風味
最後は、アサリのワイン蒸し。
気がつけば、貝類づくしの宴でした。
2月1日アサリのワイン蒸し
Fさんとの楽しい時間は、あっという間。
さあ、次は何を食べに行きましょうか?

テーマ: 食べ歩き!

ジャンル: グルメ

タグ: イタリア料理  モナリザン  ヱビス  ビール  カルパッチョ  牡蠣  タリアータ  赤ワイン  白ワイン  パスタ 

[edit]

trackback: -- | comment: 8