fc2ブログ

タグ:「メジナ」

2020年初島2月9日-2-

2020.07.12(Sun) | EDIT

初島での、2本目のダイビング。
もう一度イルカを狙うか、別のポイントで潜るか、決めなければなりません。
ガイドさんによると、午前中はよくダイバーと遊んでくれるが
午後は疲れてしまうのか、昼寝をしに出かけて姿を現さなかったり
現れても、あまり遊んでくれないことが多いそう。
その情報を踏まえ、イルカは諦めて、フタツネで潜ることにしました。

イルカが現れる前は、初島のメインポイントだった、フタツネ。
いつも、エントリー口で群れを作っているメジナです。
8年前と、全く変わらない光景でした。
2020年2月9日1メジナの群れ
ネンブツダイ(幼魚)の群れを抜け、砂地へ下ります。
2020年2月9日2ネンブツダイ(幼魚)の群れ
岩の上の海藻には、サガミリュウグウウミウシの幼体がいました。
2020年2月9日3サガミリュウグウウミウシの幼体
神経質で、すぐ砂に潜ってしまう、テンス
しかしこれだけ大きくなると、度胸がすわるのか、全く逃げません。
おかげで、撮り放題でした。
2020年2月9日4テンス
岩の上で見栄をきる、黒いイロカエルアンコウ
2020年2月9日5イロカエルアンコウ(黒)
ダイバーの間では、パンダボヤと呼ばれている、ホヤの仲間。
正式名称は、コバルトツツボヤというらしい。
2020年2月9日6パンダボヤ
イルカフィーバーがなければ、間違いなく初島の主役になっていたはずの
クマドリカエルアンコウ。いわゆる「白クマ」です。
2020年2月9日7クマドリカエルアンコウ
岩の上でじっとしている、フサカサゴの子供。
2020年2月9日8フサカサゴ
白い、イロカエルアンコウ
先ほどの黒い個体よりも、撮りづらい場所にいましたが
こうしてみると、カイメンにそっくりです。
2020年2月9日9イロカエルアンコウ(白)
浅場での激しいうねりの中、何かを訴えているコケギンポ
2020年2月9日10コケギンポ
こちらは同じコケギンポでも、周囲の環境に合わせて
赤みが強い個体。
2020年2月9日11コケギンポ
2本目のダイビング終了。
ガラガラのフタツネを、久しぶりに堪能しました。
午後にイルカを狙った人たちに話を聞くと、やはりちょこっと姿を見せただけで
その後は、どこかに行ってしまったそうです。
スポンサーサイト



2019年富戸12/29-1-

2020.02.20(Thu) | EDIT

2019年最後のダイビングは、東伊豆の富戸へ。
ポイントは、ヨコバマです。
エントリーすると頭上には、たくさんのメジナの群れが。
2019年12月29日1富戸・メジナの群れ
まずは、オレンジ色のイロカエルアンコウのおちびさん。
恥ずかしがり屋で、後ろを向いてしまっていました。
2019年12月29日2富戸・イロカエルアンコウ
イロカエルアンコウのそばの、サンゴイソギンチャクの中には
大きなアカホシカクレエビがいました。
2019年12月29日3富戸・アカホシカクレエビ
Oつまが「目の前を何かが動いていたから、とりあえず撮ってみた」
あとから確認すると、なんと極小のヒメイカ(推定2−3ミリ)。
こんなに小さい、しかも移動している個体をよく撮れたなぁ。
2019年12月29日4富戸・ヒメイカ
だいぶ沖側まで移動した場所に、ニシキフウライウオのペアがいました。
2019年12月29日5富戸・ニシキフウライウオのペア
ニシキフウライウオのそばの岩穴には、フリソデエビのペアがいます。
ただ、あまりにも奥過ぎて、これが精一杯。
2019年12月29日6富戸・フリソデエビのペア
帰りがけに見つけた、イガグリウミウシ
2019年12月29日7富戸・イガグリウミウシ
普通種ですが美しい、レンテンヤッコ
このあと隠れてしまって、この1枚しか撮れず。
2019年12月29日8富戸・レンテンヤッコ
最後に、黄色いカエルアンコウ。
最初の個体に比べると、サービス精神があり
撮りやすい場所で、ポーズまで取ってくれています。
2019年12月29日9富戸・イロカエルアンコウ
2本目は、いよいよ2019年最後のダイビングです。

初島12/16-3-

2013.01.27(Sun) | EDIT

ダイビングの後は、お楽しみの昼食です。
初島のメインストリートは、食堂街になっています。
食堂街
いつもは、ダイビングセンターから一番近い、食堂に行くのですが
この日は団体さんが食事中で、満席だったため、逆に
一番遠い食堂へ、行くことになりました。
途中には、お土産屋があります。
ひもの屋
このお土産屋では、イサキ、カサゴ、メジナなど
他では見かけることの少ない、珍しいひものを扱っています。
この日のO夫は、イサキモードだったのですが、運悪く欠品中。
残念です。
イサキは欠品中
食堂に、到着。
山本さんへ
時間も遅いので、空いていました。
店内
この日お勧めの「メジナイカの漬け丼」を、注文。
もちろんOつがいは、御飯大盛り。
メジナは癖があると言われますが、新鮮なものであれば
プリプリの歯ごたえと、あっさりした脂の旨みが、絶妙です。
メジナとイカの漬け丼
おいしい食事を終えたら、イルドバカンス号に乗船し
熱海港に、到着。
熱海港
昔に比べると、たいぶ寂しくはなりましたが
こちらが有名な、熱海10万ドルの夜景です。
熱海の夜景
初島は、海の豊かさ、美味しい食事にくわえて
首都圏から近いという、好立地。
また、潜りに来ます。

鴨川・勝浦ツーリング-8-

2012.12.01(Sat) | EDIT

さあ、海中展望塔へ向かいましょう。
ここが、入口。
海中展望塔入り口
しばらく、海沿いの道を歩きます。
海沿いの道
次に、小さなトンネルをくぐります。
トンネル入り口
トンネルを抜けると、イシダイハコフグが、お出迎え。
イシダイとハコフグ
その向こうに、船のドックのような施設がありました。
よく見ると「勝浦ダイビングリゾート」と、書いてあります。
以前から、勝浦は潜れるらしいと、聞いてはいましたが
どこが窓口になっているのか、長年謎でした。
今度、潜りに来てみます。
勝浦ダイビングリゾート
勝浦ダイビングリゾートを、右手に見ながら
長い橋を、海に向かって歩きます。
長い橋
橋の上から見ると、岩に所々、不自然にくりぬかれたような
穴があります。
目的があってのことでしょうが、何だろう?
くり抜かれたような、穴
やっと、海中展望塔が見えてきました。
海中展望塔
海中に向かうので、当然ながら、らせん階段を下っていきます。
灯台に登る時とは、逆ですね。
らせん階段
ここが、最深部。
沖合60m。深さは満潮時で、-8mだそう。
最深部
窓から海中を覗いてみると、カジメ林が見えました。
ダイバーとしては、カジメについている、生物を見たいところですが…
カジメ林
別の窓の外からは、ハタンポの小さな群れを見ることができました。
小さい子供たちが、大喜びしています。
未来のダイバー候補生ですね(笑)
ハタンポ
さらに、別の窓に移動すると、メジナの群れがいました。
どうやら窓のそばに、エサが用意されているようです。
メジナ
楽しみにしていた、勝浦海中展望塔でしたが
やっぱりダイバーは、自分で潜って魚を見た方がいいという
あたりまえの結論に至りました(笑)

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR