fc2ブログ

タグ:「メイタガレイ」

2017年赤沢2/26-2-

2018.01.03(Wed) | EDIT

赤沢2本目。
相変わらずガイドさんは、もう一人のお客さんにつきっきり。
今回はビーチで、エキジット時間を気にしなくていいので
セルフダイビングのつもりで、エントリー。

ねちねちと、生物探しをしながら進むと、イシヨウジを発見。
2017年2月26日赤沢1イシヨウジ
じっと獲物を待つ、大きなオニカサゴもいました。
2017年2月26日赤沢2オニカサゴ
いろいろなサイズのヤドカリが、一ヶ所に集まっています。
時々見かける光景ですが、何だろう?お見合いかな?
2017年2月26日赤沢3ヤドカリ
綺麗な、スイートジェリーミドリガイ
2017年2月26日赤沢4スイートジェリーミドリガイ
伊豆ウミウシ基本4種のうちの1種、シロウミウシ
2017年2月26日赤沢5シロウミウシ
砂利の上にポツンと落ちていた、ミツイラメリウミウシ
2017年2月26日赤沢6ミツイラメリウミウシ
ロープに付いた海藻を咥えようと、一生懸命のアミメハギ
夜は流されないように、こんなスタイルで眠ります。
2017年2月26日赤沢7アミメハギ
立派なサイズの、メイタガレイ
2017年2月26日赤沢8メイタガレイ
こうして、赤沢1ボート1ビーチ終了。
初めてのガイドさんで、相性がイマイチだと、どうしてもこうなっちゃいますね〜。
スポンサーサイト



2016年大瀬崎3/27-1-

2017.02.27(Mon) | EDIT

朝食の前に、早朝ダイビングへ出発。
昨夜、ナイトダイビングで潜ったばかりの湾内ですが
朝の海は、また格別。
どんな生物と出会えるのか、楽しみです。

まずは浅場のクサフグ
2016年3月27日大瀬崎クサフグ
少し沖には、ネンブツダイが群れています。
2016年3月27日大瀬崎ネンブツダイ
海藻の中を覗いてみると、ミツイラメリウミウシがいました。
白飛びしてしまいましたが、体色は綺麗な黄色です。
2016年3月27日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
砂地を移動中の、スイートジェリーミドリガイ
2016年3月27日大瀬崎スイートジェリーミドリガイ
マトウダイが、こちらをチラ見しながら、泳いでいきます。
早朝でダイバーも少なく、魚ものんびりモードのよう。
2016年3月27日大瀬崎マトウダイ
お食事中の、ツノザヤウミウシ
2016年3月27日大瀬崎ツノザヤウミウシ
昨夜も見た、ヒメイカ
海藻にくっついて、休憩中でしたが
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ1
Oつがいに見つかってしまい、逃亡開始。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ2
それを追跡する、Oつがい。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ3
あまり追いかけ回しても、かわいそうなので
小さくて逃げない、ツユダマガイをじっくり撮影していたのですが
2016年3月27日大瀬崎ツユダマガイ
近くで同じように休んでいた、別個体のヒメイカも、見つけてしまいました。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ4
やはり即座に、身を反らせて、厳戒体勢。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ5
こちらは、メイタガレイの幼魚。
真っ白で、貝殻のかけらにそっくり。見事な擬態です。
2016年3月27日大瀬崎メイタガレイの幼魚
ニホンアワサンゴをバックに撮れると人気の、ビシャモンエビ
早朝なので、順番待ちなしで撮れました。
2016年3月27日大瀬崎ビシャモンエビ
この日は、表層にクラゲがいっぱい。
2016年3月27日大瀬崎ツノクラゲ&カブトクラゲ
ツノクラゲ。
透明な被写体を、コンデジで撮るのは難しい〜。
2016年3月27日大瀬崎ツノクラゲ
1時間を超える潜水時間。さすがにお腹が空きました。
ダイビングショップに戻って、朝食です。

2016年大瀬崎3/26-1-

2017.02.13(Mon) | EDIT

熊本から帰ってきた翌週、西伊豆の大瀬崎へダイビングに行ってきました。
1本目は、湾内へ。
まずは、砂地エリアをじっくり探索します。

最初に見つけたのは、メガネウオ
英名を、stargazerと言います。
上をぼんやり眺めている、こんな姿から名付けられたそう。
2016日3月26日大瀬崎1メガネウオ
こちらはマゴチ
全長が1m近くになる大型種で、迫力がありますが
ダイバーが近づくと、ピューっと逃げてしまう
サイズの割には、神経質な魚です。
2016日3月26日大瀬崎2マゴチ
地味なエソの仲間は、ダイバーの間でもあまり人気がないのですが
Oつまは割と好きで、よく写真を撮っています。
これは、ヒトスジエソの幼魚と思われる個体。
いつかダイビング界に、エソブームが来たら(多分来ないけど)
Oつまは、アマチュアエソウォッチャーの、第一人者になれるかも?!
2016日3月26日大瀬崎3ヒトスジエソyg
伊豆大島のダイビングポイント「秋の浜」が名前の由来の
アキノハマカクレエビ
人気の被写体で、水中で順番待ちをして、撮影してきました。
2016日3月26日大瀬崎4アキノハマカクレエビ
伊豆ではかなり珍しい、ヒレナガカサゴの幼魚。
人差し指の先ぐらいの大きさです。
2016日3月26日大瀬崎5ヒレナガカサゴyg
この時点ではまだ、誰にも気づかれていないようで、貸切で撮り放題。
ジャンプした瞬間を、パチリ。
2016日3月26日大瀬崎6ヒレナガカサゴyg
立派なサイズのメイタガレイがいました。
2016日3月26日大瀬崎7メイタガレイ
胸ビレが綺麗な、トゲカナガシラ
泳いでいるときにしか、この胸ビレは見られません。
2016日3月26日大瀬崎8トゲカナガシラ
ウミウシの中では、かなり大型種の、マンリョウウミウシ
2016日3月26日大瀬崎9マンリョウウミウシ
穴の奥の奥にいた、クリアクリーナーシュリンプ
ウニの手前にいる、透明なエビです。見えるかな?
2016日3月26日大瀬崎10クリアクリーナーシュリンプ
砂の上を移動中の、2匹のヒメクロモウミウシ
2016日3月26日大瀬崎11クロモウミウシ
砂地エリアから、浅場のゴロタエリアに戻ってくると
怖い顔をしたオニオコゼが、睨みを利かせていました。
2016日3月26日大瀬崎12オニオコゼ
この浅場を回遊している、メアジの群れ。
2016日3月26日大瀬崎13マアジ
同じくこの辺りを根城に漂っている、メバルの集団。
大瀬崎湾内の名物風景です。
2016日3月26日大瀬崎14メバル
1本目終了。
2本目は外海へ向かいます。

大瀬崎12/30-4-

2015.06.19(Fri) | EDIT

夕食後は、ナイトダイビングです。
エントリーし、ウロウロ被写体探しをしていると、フウセンウミウシを発見。

が、O夫のストロボが光らない。
水中でいろいろ試してみた結果、カメラ本体の不調のようです。
仕方がないので、ストロボ使用は諦め、ターゲットライトで撮影することに。
一方Oつまは、ターゲットライトが不調。
光が、ゆらゆら明滅してしまいます。

お互い撮影機材にトラブルをかかえながら、何とか撮った
こちらが、フウセンウミウシ
12月30日大瀬崎フウセンウミウシ
砂地に降りたところで、メイタガレイに出会いました。
12月30日大瀬崎メイタガレイ
砂地に張られたロープの上では、コミドリリュウグウウミウシが遠征中。
12月30日大瀬崎コミドリリュウグウウミウシ
砂の窪みの中に潜む、タツノイトコ
上目づかいに、こちらを窺っています。
12月30日大瀬崎タツノイトコ
猛毒のカザリイソギンチャク
触手に触れないよう、気をつけて撮影。
まるでギリシャ神話に出てくる、メデューサのように見えます。
12月30日大瀬崎カザリイソギンチャク
まだ名前の付いていない、大瀬崎ではメジャーなウミウシ。
一部ダイバーの間では、コクテンツノザヤウミウシ(仮称)と呼ばれているそうです。
12月30日大瀬崎コクテンツノザヤウミウシ(仮称)
浅場へ移動中に、エダウミウシを見つけました。
光るウミウシなのですが、Oつがいは発光しているところを、まだ見たことがありません。
12月30日大瀬崎エダウミウシ
浅場で見つけた、ツノガニの仲間。
色んなものをくっけていて、もはや原型は全くわからず。
12月30日大瀬崎ツノガニの仲間
綺麗な、ミヤコウミウシもいました。
12月30日大瀬崎ミヤコウミウシ
ペアで就寝中の、キタマクラ。
しかし、写真右上から、音もなく近づいてくる危機・・・
12月30日大瀬崎キタマクラ1
カサゴの襲撃です。
1匹は、素早く逃走。もう1匹の運命やいかに?
12月30日大瀬崎キタマクラ2
食事に夢中の、ホシアカリミノウミウシ
12月30日大瀬崎ホシアカリミノウミウシ
楽しいナイトダイビングでしたが、カメラとライトの不調は痛かったです。

大瀬崎3/2ナイトダイビングOつま編-1-

2013.05.12(Sun) | EDIT

泊まりがけで、西伊豆大瀬崎へ、ダイビングに行ってきました。
到着してすぐ、ナイトダイビングに突入。
これが面白くて面白くて、撮った写真も、かなりの枚数になったので
この1本については、数回に分けて、更新していきたいと思います。
まずは、Oつま・魚編です。

海草の陰に身を隠し眠る、クロサギ
昼間とは、色が違います。
クロサギ(ナイトバージョン)
ピョコピョコ動いて可愛い、メイタガレイの幼魚。
手前に見える貝殻の欠片に、そっくりですね。
メイタガレイ(幼魚)
メイチダイの幼魚。
こちらも、体色が、ナイトバージョンです。
メイチダイyg
Oつまのナイトダイビング魚編は、写真ちょっと少な目。
なぜなら甲殻類やウミウシに、どっぷり刺さってしまったからです。
次回は、O夫・魚編の予定です。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR