FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

伊豆海洋公園8/16-3- 

たっぷり休憩を取った後は、Fさんリクエストの魚を見にくため
左の岩礁の、ちょっと深場へ。
そこには、お目当ての「アカイサキの子供」が、ちゃんといました。
8月16日IOPアカイサキ
ダイビングを始めた頃は「アカイサキなんて、見られないだろうなぁ」
などと思っていましたが、長く潜っていると、こんな魚も見られちゃうんですね~。
O夫は、すでに7月の大瀬崎で出会いましたが、Oつまは初見。
良かったよかった。

浅場へ移動中に、キビレカワハギがいました。
本当は、ゆっくり撮りたい被写体ですが、アカイサキで時間を使ってしまったため
移動しながら、1枚だけ証拠写真を。
8月16日IOPキビレカワハギ
浅場まで戻ってくると、ムツの子供がのんびり群れていました。
8月16日IOPムツ
浅場では、まさにシーズンど真ん中、クロホシイシモチ
産卵シーンを狙います。
まずは、今にも産みそうなカップル探し。
このカップルに、狙いを定めました。
8月16日IOPクロホシイシモチ1
産卵が近づいてくると、オスが何度も口を大きく開けて、卵を受け取る準備を始めます。
8月16日IOPクロホシイシモチ2
さあ、いよいよ産卵の時が近づいてきました。
メスのお腹からは、すでに少し卵が出てきています。
オスは卵を受け取る為、メスの下へ移動。
8月16日IOPクロホシイシモチ3
あっ、産卵しました!
オスが、口で卵を受け取っています。
が、肝心の瞬間がピンボケ・・・
でも、デジイチの人でも失敗するくらい、一瞬なので
コンデジのOつがいは、頑張った方かと(言い訳)
8月16日IOPクロホシイシモチ4
しっかり卵を受け取ったオスは、これから口内保育に入ります。
最初の敵は、いま卵を産んだばかりの、メス。
オスの口の中の卵を食べようと、執拗に攻撃してきます。
自然は、厳しいですね。
8月16日IOPクロホシイシモチ5
2本目のダイビングも、無事終了。
アカイサキはうれしかったですが、クロホシイシモチの産卵シーンが
ピンボケだったのは、悔しい~!
スポンサーサイト



テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: アカイサキ  キビレカワハギ  ムツ  クロホシイシモチ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

伊豆海洋公園11/30-3- 

さて、2本目もシロオビハナダイの婚姻色を狙い、本丸へ突入。
が、肝心のシロオビハナダイがいません・・・
ここまで来てハズレは辛いですが、気を取り直して
ナガハナダイを、撮影。
11月30日2本目ナガハナダイ
そろそろタイムアップという時に、1本目とは違う場所で
シロオビハナダイを発見。
11月30日2本目シロオビハナダイ1
1本目とは違う個体のようです。婚姻色も出ていません。
おまけに発見が遅れたため、撮影時間も残されておらず・・・
11月30日2本目シロオビハナダイ2
深場での撮影は、時間との闘い。
分かっているのに失敗してしまい、敗北感満載で浅場に戻り
キンギョハナダイの群れを、ボ~っと眺めます。
11月30日2本目キンギョハナダイの群れ
失意のOつがいを慰めてくれたのは、ヒメスズメダイ
巣穴から出たり入ったりしながら、Oつがいの前を
チョロチョロとしている姿が、たまらなくキュート!
11月30日ヒメスズメダイ
ヒメスズメダイのすぐそばにいたのが、このソラスズメダイ
何とか2ショットを撮りたかったのですが、どうも縄張りがあるらしく
お互いのテリトリーには、入ってきてくれません。
11月30日ソラスズメダイ
ヒメスズメダイと、ソラスズメダイに癒してもらい
少し元気になったところで、お仕置きタイム消化のため
オクリダシに向かって、移動再開。
途中のイソギンチャク畑には、たくさんのミツボシクロスズメダイの幼魚がいました。
11月30日ミツボシクロスズメダイ
1本目に通った、ネンブツダイの群れの前にさしかかると
ムツの若魚が、隊列を組んで通過していきました。
奥には相変わらず、ネンブツダイが群れています。
11月30日ムツの群れ
オクリダシに到着したところで、ミノカサゴの幼魚を発見。
お隣の富戸ではよく見かけるのに、伊豆海洋公園では、あまり
ミノカサゴを見かけません。
ましてや幼魚となると、ここで見たのは初めてかな?
11月30日ミノカサゴの幼魚
1本目では見るだけで撮れなかった、サザナミヤッコの幼魚。
11月30日サザナミヤッコ(幼魚)
こちらも1本目に撮影を諦めた、カンムリベラの幼魚。
11月30日カンムリベラの幼魚
どこからかOつまが見つけてきた、カサゴの幼魚の亡骸。
本当に、たった今、お亡くなりになったようで
まだ、体が綺麗なままです。
11月30日亡骸
ここで、珍しい魚を発見。
エゾイソアイナメの幼魚です。
11月30日エゾイソアイナメの幼魚1
ふだんは岩陰に隠れている魚なので、光を嫌って、逃げ回ります。
11月30日エゾイソアイナメの幼魚2
エゾイソアイナメには気の毒でしたが、おかげで、お仕置きタイムも
あっという間に終了しました(笑)

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ナガハナダイ  シロオビハナダイ  キンギョハナダイ  ヒメスズメダイ  ソラスズメダイ  ムツ  ミノカサゴ  サザナミヤッコ  カンムリベラ  エゾイソアイナメ 

[edit]