fc2ブログ

タグ:「ミツイラメリウミウシ」

2023年八幡野4/15-1-

2024.01.10(Wed) | EDIT

さあ、八幡野でのダイビングです。
1本目は、八幡野ビーチのイソギンチャクの根を中心に潜ります。
最初に見つけたのは、黒いイロカエルアンコウ
周囲の色と明らかに違うので、目立ちます。
2023年4月15日八幡野ビーチ1黒いイロカエルアンコウ
ゴージャスな胸鰭の、ハナミノカサゴ
2023年4月15日八幡野ビーチ2ハナミノカサゴ
岩の亀裂には、ノコギリヨウジがペアでいました。
2023年4月15日八幡野ビーチ3ノコギリヨウジのペア
ちぎれた海藻に見えますが、アケウスの幼体です。
ちゃんと生きています。
ご丁寧に長い藻まで貼り付けて、右に向かって歩いています。
2023年4月15日八幡野ビーチ4アケウスの幼体
極小のミツイラメリウミウシ
小さくても、この色なら見失いません。
2023年4月15日八幡野ビーチ5ミツイラメリウミウシ
今回、八幡野に潜りに来たのは、これが見たかったから。
これまで、ジャパニーズ・ピグミーシーホース
(ダイバーは略して、ジャパピグ)と呼ばれていた魚で
2018年に和名がついた、ハチジョウタツ
学名はHippocampus japapiguなので、ジャパピグでも間違いではないようです。
ずっと会いたかった魚ですが、実際に出会ってみると、想像以上に小さい。
さらに、大変よく動く。
写真は、残念な出来となりました。
2023年4月15日八幡野ビーチ6ハチジョウタツ
気を取り直して、アオウミウシの幼体。
昔は、伊豆基本4種と呼ばれ、どこででも見ることが出来たのですが
ここ数年、ほとんど目にしていません。
2023年4月15日八幡野ビーチ7アオウミウシ
伊豆ではちょっと珍しい、マダラフサカサゴ
2023年4月15日八幡野ビーチ8マダラフサカサゴ
一方、すっかり伊豆で普通種になってしまった、アカシマシラヒゲエビ
2023年4月15日八幡野ビーチ9アカシマシラヒゲエビ
最後に、綺麗な黒いヒラムシ。
おそらく、クロニセツノヒラムシの仲間だと思うのですが・・・
2023年4月15日八幡野ビーチ10ヒラムシ
2本目も、伊豆では珍しい魚を見に行きます。
スポンサーサイト



2017年赤沢2/26-2-

2018.01.03(Wed) | EDIT

赤沢2本目。
相変わらずガイドさんは、もう一人のお客さんにつきっきり。
今回はビーチで、エキジット時間を気にしなくていいので
セルフダイビングのつもりで、エントリー。

ねちねちと、生物探しをしながら進むと、イシヨウジを発見。
2017年2月26日赤沢1イシヨウジ
じっと獲物を待つ、大きなオニカサゴもいました。
2017年2月26日赤沢2オニカサゴ
いろいろなサイズのヤドカリが、一ヶ所に集まっています。
時々見かける光景ですが、何だろう?お見合いかな?
2017年2月26日赤沢3ヤドカリ
綺麗な、スイートジェリーミドリガイ
2017年2月26日赤沢4スイートジェリーミドリガイ
伊豆ウミウシ基本4種のうちの1種、シロウミウシ
2017年2月26日赤沢5シロウミウシ
砂利の上にポツンと落ちていた、ミツイラメリウミウシ
2017年2月26日赤沢6ミツイラメリウミウシ
ロープに付いた海藻を咥えようと、一生懸命のアミメハギ
夜は流されないように、こんなスタイルで眠ります。
2017年2月26日赤沢7アミメハギ
立派なサイズの、メイタガレイ
2017年2月26日赤沢8メイタガレイ
こうして、赤沢1ボート1ビーチ終了。
初めてのガイドさんで、相性がイマイチだと、どうしてもこうなっちゃいますね〜。

2016年大瀬崎4/30-2-

2017.03.16(Thu) | EDIT

2本目も、1本目と同じ、外海の門下へ。
まずは、まだ低い水温に寒そうな様子の、クマノミ
2016年4月30日大瀬崎クマノミ
綺麗なトラフケボリダカラガイ
外套膜が、ちょっと開いてしまっています。
2016年4月30日大瀬崎トラフケボリダカラガイ
ニシキウミウシの幼体(上)と、シロウミウシ(下)。
同じお年頃のようですが、何を話しているのかな?
2016年4月30日大瀬崎ニシキウミウシ(幼体)&シロウミウシ
ミツイラメリウミウシ
極小な上に黄色と、うまく撮れない条件が揃っています。
2016年4月30日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
長い間この場所に陣取っている、オオモンカエルアンコウ
2016年4月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎ハクセンアカホシカクレエビ
アカホシカクレエビは、クマノミの幼魚と、共同生活中です。
2016年4月30日大瀬崎アカホシカクレエビ&クマノミ
1本目とは別個体の、ガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
3本目は、湾内でのんびり潜ります。

2016年大瀬崎3/27-1-

2017.02.27(Mon) | EDIT

朝食の前に、早朝ダイビングへ出発。
昨夜、ナイトダイビングで潜ったばかりの湾内ですが
朝の海は、また格別。
どんな生物と出会えるのか、楽しみです。

まずは浅場のクサフグ
2016年3月27日大瀬崎クサフグ
少し沖には、ネンブツダイが群れています。
2016年3月27日大瀬崎ネンブツダイ
海藻の中を覗いてみると、ミツイラメリウミウシがいました。
白飛びしてしまいましたが、体色は綺麗な黄色です。
2016年3月27日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
砂地を移動中の、スイートジェリーミドリガイ
2016年3月27日大瀬崎スイートジェリーミドリガイ
マトウダイが、こちらをチラ見しながら、泳いでいきます。
早朝でダイバーも少なく、魚ものんびりモードのよう。
2016年3月27日大瀬崎マトウダイ
お食事中の、ツノザヤウミウシ
2016年3月27日大瀬崎ツノザヤウミウシ
昨夜も見た、ヒメイカ
海藻にくっついて、休憩中でしたが
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ1
Oつがいに見つかってしまい、逃亡開始。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ2
それを追跡する、Oつがい。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ3
あまり追いかけ回しても、かわいそうなので
小さくて逃げない、ツユダマガイをじっくり撮影していたのですが
2016年3月27日大瀬崎ツユダマガイ
近くで同じように休んでいた、別個体のヒメイカも、見つけてしまいました。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ4
やはり即座に、身を反らせて、厳戒体勢。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ5
こちらは、メイタガレイの幼魚。
真っ白で、貝殻のかけらにそっくり。見事な擬態です。
2016年3月27日大瀬崎メイタガレイの幼魚
ニホンアワサンゴをバックに撮れると人気の、ビシャモンエビ
早朝なので、順番待ちなしで撮れました。
2016年3月27日大瀬崎ビシャモンエビ
この日は、表層にクラゲがいっぱい。
2016年3月27日大瀬崎ツノクラゲ&カブトクラゲ
ツノクラゲ。
透明な被写体を、コンデジで撮るのは難しい〜。
2016年3月27日大瀬崎ツノクラゲ
1時間を超える潜水時間。さすがにお腹が空きました。
ダイビングショップに戻って、朝食です。

大瀬崎5/20-2-

2012.08.27(Mon) | EDIT

こどもの日は、とうに過ぎていますが
まだ、鯉のぼりがたなびいていたので
水面休息中に、見に行きました。
これだけの数だと、さすがに、そこそこ迫力があります。
大瀬の鯉のぼり

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR