03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

2016年大瀬崎4/30-1- 

ちょうど1ヶ月ぶりに、西伊豆の大瀬崎へ潜りに行ってきました。
1本目は外海の、門下へ。
まずは、ハナタツの様子をチェック。
周囲の環境に合わせたのか、黄色かった体色が少し濃くなり
オレンジ色に変わっています。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(オレンジ)
赤い個体も変わらず、元気でした。
カメラを嫌がって、背中を向けてしまうところも、一緒。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(赤)
確認を終え、場所を移動。
ムチカラマツをよく見てみると、ビシャモンエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎ビシャモンエビ
砂地を移動中の、ミアミラウミウシ
本当に、目立つ体色です。
2016年4月30日大瀬崎ミアミラウミウシ
オウギウミヒドラのてっぺんにいるのは、真っ白いガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
Oつがいの目前をスーッと泳いでいく、マトウダイ
2016年4月30日大瀬崎マトウダイ
遠くには、イヤゴハタも見えます。
2016年4月30日大瀬崎イヤゴハタ
ふてぶてしい、オニカサゴ
これだけ寄っても、微動だにしません。
2016年4月30日大瀬崎オニカサゴ
どっちが前だか全然わからない、ドトラケモサ
ウミウシの仲間です。
ブツブツなのが本体で、その両サイドにある白いものは、卵塊。
2016年4月30日大瀬崎ドトラケモサ&卵
2本目も、門下で潜ります。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  ハナタツ  ビシャモンエビ  ミアミラウミウシ  ガーベラミノウミウシ  マトウダイ  イヤゴハタ  オニカサゴ  ドトラケモサ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

雲見9/21-2- 

それでは、雲見1本目のダイビングに向かいましょう。
小牛裏→ブイへと移動するルートです。
エントリーし、まずは、ハナタツを見に行きました。
撮りづらい場所にいるうえ、カメラにすぐ背を向ける、恥ずかしがり屋。
そのため写真は、すべて後姿に。
9月21日雲見ハナタツ1
ハナタツのすぐそばにいたのは、オオモンカエルアンコウ
こちらも、近づくのが非常に難しい場所にいました。
9月21日雲見オオモンカエルアンコウ1
グビジンイソギンチャクの中に「うさぴょん」こと、コペポーダがいました。
イソギンチャクの中央やや左にいる、小さな白い物体がそれです。
わかりますか?
9月21日雲見グビジンイソギンチャクとコペポーダ
沖側に目を向けると、ネンブツダイの幼魚が群れを作り
光を受けて、キラキラしていました。
9月21日雲見ネンブツダイ(幼魚)の群れ
雲見名物、コブダイのシンペイ。
ダイバーを見ると、寄ってきます。
9月21日雲見コブダイ
抱卵中の、アカホシカクレエビ
ちゃんと、卵が分かるように撮らないと、ダメですね。
9月21日雲見アカホシカクレエビ
この時期、雲見を熱くさせていた、ミアミラウミウシウミウシカクレエビのコンビ。
「見つけたー!」と、思ったのですが、ウミウシ単体。
ウミウシカクレエビが、いない・・・
9月21日雲見ミアミラウミウシ
あたりをキョロキョロすると、もう一個体、ミアミラウミウシがいます。
そちらには・・・良かった、ウミウシカクレエビが、ちゃんと乗っかっていました。
まるで、触角を握って、ミアミラウミウシを操縦しているようです。
9月21日雲見ミアミラウミウシ&ウミウシカクレエビ
急斜面にいた、イロカエルアンコウ
9月21日雲見イロカエルアンコウ
こちらも、雲見でよく見かける、ジュズエダカリナを背負った、カイカムリ
9月21日雲見カイカムリ
Oつまがカイカムリを撮っている間、O夫はガラスハゼを撮影。
9月21日雲見ガラスハゼ
1本目のダイビングは、ハナタツオオモンカエルアンコウアカホシカクレエビ
失敗作ばかりだったので、2本目も同じルートで、撮り直しです。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ハナタツ  オオモンカエルアンコウ  ネンブツダイ  コブダイ  アカホシカクレエビ  ミアミラウミウシ  ウミウシカクレエビ  イロカエルアンコウ  カイカムリ  ガラスハゼ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4