fc2ブログ

タグ:「マメダコ」

2016年大瀬崎3/26-5-

2017.02.23(Thu) | EDIT

それでは、ナイトダイビングスタート。
まずはいつものように、浅場をじっくり散策します。
最初に見つけたのは、カメノコフシエラガイ
2016日3月26日大瀬崎1ナイトカメノコフシエラガイ
暗闇の中から、水中ライトの光の前に突然現れたのは
昇天したミズウオ
2016日3月26日大瀬崎2ナイトミズウオ
ボウズコウイカが、Oつまを威嚇しているぞ・・・
2016日3月26日大瀬崎3ナイトボウズコウイカ1
ん?口の中に何か入ってる。
サラサエビのようです。食事中だったんですね。
2016日3月26日大瀬崎4ナイトボウズコウイカ2
そして、器用にサラサエビのヒゲをつかんだと思ったら
「ペッ」と、頭だけを吐き出しました。
美味しいところだけを食べて、あとは捨ててしまうとは
お主、なかなかのグルメだな。
2016日3月26日大瀬崎5ナイトボウズコウイカ3
さらに浅場探索を続けると、セトミノウミウシ登場。
ナイトバージョンのカラーリングなのか、ちょっとメタリックに見えます。
2016日3月26日大瀬崎6ナイトセトミノウミウシ
真っ白な、ウラシマガイ。
綺麗ですね。
2016日3月26日大瀬崎8ナイトウラシマガイ
それでは、砂地へ移動しましょう。
小さな小さな、ヤドカリを見つけました。
疎い分野なうえに、このサイズなので、同定は難しいのですが
多分、ウチウラエビスヤドカリだと思います。
2016日3月26日大瀬崎7ナイトウチウラエビスヤドカリ
得意技の「死んだふり」を実行中の、コノハガニ
2016日3月26日大瀬崎9ナイトコノハガニ
大きな、マンリョウウミウシもいました。
2016日3月26日大瀬崎10ナイトマンリョウウミウシ
スナイソギンチャクの根元にたたずむのは、マルガザミ
2016日3月26日大瀬崎11ナイトマルガザミ
移動中の、マメダコを発見。
2016日3月26日大瀬崎12ナイトマメダコ1
水中ライトの光が嫌なようで、砂の中へ潜り始めました。
2016日3月26日大瀬崎13ナイトマメダコ2
あっという間に、頭だけに。
2016日3月26日大瀬崎14ナイトマメダコ3
ウミウシを食べるウミウシ、アカボシウミウシ。
捕食シーンを期待したのですが、残念。
餌になる、他のウミウシが近くにいませんでした。
2016日3月26日大瀬崎15ナイトアカボシウミウシ
ライトの光に浮かび上がる、ヒメイカ
世界最小のイカとして有名です。
2016日3月26日大瀬崎16ナイトヒメイカ
あまり好きではないのですが、つい撮ってしまう、コツブムシの仲間。
2016日3月26日大瀬崎17ナイトコツブムシの仲間
カイガラカツギの仲間がいました。
小さな、白い貝殻をかぶっています。カワイイ〜。
2016日3月26日大瀬崎18ナイトカイガラカツギ属の一種
大瀬崎ではあまり見ない、エゾイソアイナメ
今夜は、ラッキーです。
2016日3月26日大瀬崎19ナイトエゾイソアイナメ
一方こちらは、大瀬崎ナイトの定番、ナミマツカサ。
2016日3月26日大瀬崎20ナイトナミマツカサ
最後に浅場へ戻ってくると、ヒメセミエビが歩いていました。
2016日3月26日大瀬崎21ナイトヒメセミエビ
充実のナイトダイビング、これにて終了。
翌日は、早朝ダイビングです。
スポンサーサイト



八幡野11/16-ナイトダイビング-

2014.01.20(Mon) | EDIT

10/13日に、西伊豆の獅子浜で、無事ダイビングに復帰したOつまですが
10/20、千葉の波左間の予定が、台風26号で中止。
10/27、南伊豆の神子元が、台風27号により断念・・・
そして、ひと月以上たった11/16に、やっと東伊豆の八幡野で
復帰第二弾の、ダイビングとなりました。

この日は紅葉渋滞にはまり、ナイトダイビングがスタートする、17時を
ちょっと過ぎてしまいました。
急いで支度をととのえ、海を見ると、かなりのうねり。
浅場は厳しそうなので、6月にOつまが、カエルアンコウのホワイティを
見つけたあたりへ、行ってみることにしました。

エントリーしてみると、深度を下げても、かなり揺れています。
結局、うねりが弱まったのは、20mを越えた、砂地のあたり。
「さて、砂地の生物探し・・・」と思ったら、すぐにカスザメを発見。
11月16日カスザメ1
口で、ハナヤギを咥えながら眠る、ヨソギ
強いうねりで、右に左に振られていますが、ハナヤギを口から離しません。
こんな状態で、眠れているんでしょうか?
寝ているヨソギ
再び、砂地エリアに戻ると、巨大なヒラメがいました。
IOPのガイドさんによると、大きなヒラメは、回転ずしが仕入れていき
小さなヒラメは、料亭が仕入れていくそうです。
このヒラメは、もちろん、回転ずし行きのサイズ。
11月16日ヒラメ
巨大ヒラメのそばには、2個体目の、カスザメがいました。
11月16日カスザメ2
さらにそのそばには、3個体目のカスザメ
何だか、カスザメ祭りの予感(笑)
11月16日カスザメ3
「カスザメは、もういいかなぁ」などと、贅沢な事を考えていると
珍しい、マルコブカラッパを発見。
「あっ、見つかっちゃった」って感じが、たまらなくキュートです。
11月16日マルコブカラッパ
そろそろ、浅場へ移動します。
激しいうねりの中、水中ライトの光の中を横切ったのは
こちらも珍しい、マメダコ
Oつがいに見つかり焦っているのでしょう、体には蛍光緑の斑紋が出ています。
11月16日マメダコ1
しばらく追尾すると、観念したかピタッと止まり、体を大きく見せ
精一杯の威嚇ポーズ。
体の斑紋は、蛍光緑から、白へと変化。
11月16日マメダコ2
だいぶ水深を上げてきて、さらにうねりが強くなってきました。
ヤギについていたツノガニを、執念で撮影するも、体を固定できず
ピンボケを量産。
11月16日ツノガニ1
必死にツノガニを撮っている、すぐ下では
セミエビが「何やってんだか」って感じで、Oつがいを見ています。
11月16日セミエビ
もう1個体、ツノガニがいました。
11月16日ツノガニ2
砂地を徘徊中の、ノコギリガニのオス。
Oつがいが近づくと、両ハサミを「ウォ~」と振りかざして、威嚇してきます。
11月16日ノコギリガニ(♂)
狭い岩の隙間に、体を押し込み眠る、ブダイ
いびきが聞こえてきそうです。
11月16日ブダイの寝姿
昼間は暗がりにいるイセエビが、夜は堂々と、表に出てきています。
11月16日イセエビ
そろそろエキジットという時、ふとOつまが自分の手を見ると
スナダコがくっついているのに、気づきました。
掌のスナダコ
このまま海から上がる訳にはいかないので、離れてもらおうとするものの
よほどこの場所が気に入ったのか、更に指の間にもぐりこみ、断固拒否のかまえ。
指の間のスナダコ
散々苦労しましたが、何とか本来の場所へ、戻ってもらいました。
自然に帰るスナダコ
海況は、あまりよくありませんでしたが、やっぱりナイトダイビングは面白い!

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR