fc2ブログ

タグ:「ベニシボリ」

2023年富戸1/22-1-

2023.09.12(Tue) | EDIT

東伊豆の富戸で、2023年最初のダイビングをしてきました。
1本目は、ヨコバマで潜ります。
エントリーすると、当時大発生していた、ユウレイクラゲが漂っていました。
見ている分には綺麗ですが、触手に毒があるので、なるべく近づかないように気をつけます。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ1ユウレイクラゲ
今シーズン「初」ベニシボリ
小さな目がキュートです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ2ベニシボリ
マツカサウオも、幼魚のうちはとても可愛い。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ3マツカサウオ
年越しをした、イバラタツ
ここがお気に入りのようで、去年から同じ場所にいます。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ4イバラタツ
ハクセンアカホシカクレエビ
ぴょんぴょん跳ねた挙句、勢い余ってイソギンチャクから飛び出してしまっています。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ5ハクセンアカホシカクレエビ
同じイソギンチャクの反対側には、ウミエラカニダマシがいました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ6ウミエラカニダマシ
ダイバーが近づいても、微動だにしない、オニカサゴ
2023年1月22日富戸・ヨコバマ7オニカサゴ
小さな、ルージュミノウミウシ
小さすぎて、普通コンデジでは撮らないサイズです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ8ルージュミノウミウシ
普通種ですが、この綺麗な体色が好きで、つい撮ってしまう、シマウミスズメ。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ9シマウミスズメ
ヨコバマのイソコンペイトウガニは、巨大です。
何年生きているんだろう?
2023年1月22日富戸・ヨコバマ10イソコンペイトウガニ
昔は、伊豆基本4種と言われるくらい普通にいた、アオウミウシですが
最近、めっきり見かけることが少なくなりました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ11アオウミウシ
エキジット間際にいたユウレイクラゲには、捕食されたハナビラウオの姿が、透けて見えました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ12ハナビラウオ
1本目は、これで終了。
2本目は何が見られるでしょうか?
スポンサーサイト



2021年富戸4/18-2-

2021.09.18(Sat) | EDIT

2本目も、ヨコバマで潜ります。
エントリーすると、目の前にはキビナゴの群れ。
流星のように煌めきながら、猛スピードで泳いでいきます。
2021年4月18日1キビナゴの群れ
せっかくなので、今季初のサギフエを、もう一度見に行きました。
まだ他のダイバーに情報が伝わっておらず、貸切です。
2021年4月18日2サギフエ
水中に落ちている古タイヤには、ボウシュウボラの卵が産み付けられていました。
2021年4月18日3ボウシュウボラの卵
砂地には、ヒフキヨウジの成魚や
2021年4月18日4ヒフキヨウジ(成魚)
若い個体が、あちこちにいます。
2021年4月18日5ヒフキヨウジ(若魚)
交接中の、ミズタマウミウシの仲間。
左の個体は向こうを、右はこちらを向いています。
2021年4月18日6交接中のミズタマウミウシの仲間
まだ若い、オニダルマオコゼ
猛毒の持ち主ではありますが、クリクリの目と丸い体が可愛い。
2021年4月18日7オニダルマオコゼ
岩に沿って泳ぐため、いつも上からの写真になってしまう、キリンミノ
でも、美しいヒレはよく見えますね。
2021年4月18日8キリンミノ
用心深い、シラコダイの若魚。
いつでも海藻の裏側に逃げられるように、構えています。
2021年4月18日9シラコダイ
クリーニングされて気持ち良さそうな、イラ
背中のあたりを、ホンソメワケベラにつつかれています。
2021年4月18日10クリーニング中のイラ
イタチウオとアカハタは、岩の亀裂を仲良く棲み分け中。
2021年4月18日11イタチウオ&アカハタ
ベニシボリも、今季初かもしれません。
優雅な姿に似合わず、結構な速さで動きます。
2021年4月18日12ベニシボリ
砂地に這いつくばっていたら、突然目の前に、ボラの群れが現れました。
普通種のボラですが、大群で行進する様子は、なかなかの迫力。
ダイバーは、バラクーダに引っ掛けて、ボラクーダと呼んでいます。
2021年4月18日13ボラクーダ
2個体目の、ベニシボリ
右に転がっている、白い螺旋状のものは、卵塊です。
ガイドさんによると、ベニシボリを見つけるコツは
まず、この卵塊を見つけることだそう。
2021年4月18日14ベニシボリ
4月のダイビングは、これにて終了。
次は、5月に潜ります。

伊豆海洋公園1/5-2-

2014.04.21(Mon) | EDIT

2本目のダイビングは、久しぶりに1番へ。
1番の先端に行くと、早速シャッターチャンス。
タテジマキンチャクダイの幼魚とタキゲンロクダイの幼魚が、2ショットで泳いでいます。
しかしカメラを構えた途端、2匹はあっという間に、別々の方向へ。
仕方がないので、1人1種を担当することにしました。
o妻が担当したのは、タテジマキンチャクダイの幼魚。
1月5日IOPタテジマキンチャクダイ(幼魚)
そしてo夫が担当したのは、ピューッと逃げる、タキゲンロクダイの幼魚。
1月5日IOPタキゲンロクダイ1
最終的に、タキゲンロクダイの幼魚が逃げ込んだのは、ワタトリカイメンの中。
ここに逃げ込んだら、o夫がいる間は、出てきてくれない・・・
1月5日IOPタキゲンロクダイ2
タキゲンロクダイを諦め、近くにいた、ナガサキスズメダイに狙いを変更。
1月5日IOPナガサキスズメダイ
少し場所を移動したところに、オグロベラがいました。
綺麗な魚なのでキッチリ撮りたいのですが、本当にベラは難しい~。
1月5日IOPオグロベラ
1番の先端は、幼魚天国。
キンチャクダイの幼魚もいました。
1月5日IOPキンチャクダイ(幼魚)
さらに、黒パンツこと、キツネベラの幼魚も発見。
1月5日IOPキツネベラ(幼魚)
根の上に上がったところで、いい場所にいる、オキゴンベの幼魚を見つけました。
1月5日IOPオキゴンベ
砂溜まりにいた、マルソデカラッパ
久しぶりに見ました。
まるで「うぷぷ」と笑っているように見えます。
1月5日IOPマルソデカラッパ1
撮り放題なので、後姿も押さえておきました。
1月5日IOPマルソデカラッパ2
ずいぶん長い間、観察され続けている、ゴールデンヒラメ
正月早々、縁起がよさそう。
1月5日IOPゴールデンヒラメ
浅場には、イロカエルアンコウがいました。
海洋公園的には「ベタ凪」ですが、海洋公園以外のポイントなら
「ウネリあり」の海況なので、撮影には腕力がいります(笑)
1月5日IOPイロカエルアンコウ
2本目も、ベニシボリで時間調整。
1月5日IOPベニシボリ2本目
最後は、海藻の森に身を隠す、ムカデミノウミウシ。
1月5日IOPムカデミノウミウシ
久しぶりに1番で潜りましたが、幼魚がいっぱいで、楽しいですね。

伊豆海洋公園1/5-1-

2014.04.13(Sun) | EDIT

東伊豆、川奈でのダイビングの翌日は、伊豆海洋公園で潜りました。
狙いは、ずばり「THEアゴアマダイ」。
という訳で、いつものように、IOPの左側。
長~~い水面移動をした後、レッドカーペットと呼ばれているエリアへ。

THEアゴアマダイはすぐに見つかり、取りあえず遠くから1度シャッターを・・・
引っ込まれました(泣)
残ったのは、証拠写真としても微妙な写真が、1枚のみ。
しかも、白いお腹をこちらに向けていて、綺麗な体色の背側は見えません。
1月5日証拠写真
もう一度出てきてくれるのを、待ちたいところですが
いかんせん、粘れない深度なので、次の生物に狙いを変えます。

こちらも、すぐに見つかりました。
イズハナダイ属の1種で、和名はまだありません。
体の真ん中あたりに、赤い斑紋があるため、ダイバーからは「ヒノマル」と呼ばれています。
1月5日IOPヒノマル
しかし、この日のOつがいは、何をやってもダメダメ。
ヒノマルにもすぐに逃げられ、あっという間に深場タイム終了。
少し、深度を上げたところにいた、シロボシスズメダイ(幼魚)の
証拠写真を撮るので精いっぱい。
1月5日IOPシロボシスズメダイ
失意のまま、最初のお仕置きタイム。
海の中から湧きあがってくるような、キンギョハナダイの群れが
Oつがいを、慰めてくれます。
1月5日IOPキンギョハナダイの群れ
定位置にいた、ヒメスズメダイ
深場のあと、この子と遊ぶのがお約束になってきました。
1月5日IOPヒメスズメダイ
オクリダシに戻ってきたところで、お仕置きタイム本番。
ネチネチ生物を探していると、コウワンテグリの幼魚を、見つけました。
1月5日IOPコウワンテグリ
いつもの岩の亀裂の前に鎮座していた、ムラソイ
1月5日IOPムラソイ
ムラソイに、ちょっと場所を譲ってもらい、亀裂を探索。
ソラスズメダイと、サラサエビがいます。
1月5日IOPソラスズメダイ&サラサエビ
さらに亀裂探索を続けると、サザナミヤッコ(幼魚)とノコギリヨウジを見つけました。
当たり前ですが、2匹とも自由に泳ぎ回り、なかなか綺麗に並んでくれないし
2匹同時にピントを合わせるのは、難しい~。
1月5日IOPサザナミヤッコ&ノコギリヨウジ
すっかり、お仕置きタイムの定番となっている、ベニシボリ
優雅な佇まいに似合わず、動きは意外と素早く、シャッタースピードや絞りをいじっていると
あっという間に、遠くへいかれてしまいます。
1月5日IOPベニシボリ1
深場は惨敗でしたが、やっぱり潜れるだけで楽しいですね。
2本目は、久しぶりに、右側を潜ってみます。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR